弁理士
資格と取得のメリットについて

弁理士とは?

企業や個人が新しい発明をしたり、新しいアイディアを思いついたり、ロゴやマーク、デザインを作成するとそれらは知的財産と呼ばれます。発明者や企業は知的財産が他者に模倣されないように特許出願をする必要があります。弁理士は専門的な知識を要求される特許出願を出願者の代理で行い、出願者を特許取得まで導きます。実際に特許取得まで動くだけではなく、知的財産権の取得についての相談をはじめ、自社製品を模倣されたときの対策、他社の権利を侵害していないか等の相談まで、知的財産に関わる悩みを解決することも弁理士の仕事です。


弁理士の魅力!

業界、業種問わず、様々な方が弁理士にチャレンジされていますが、資格取得にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

知的財産権に関わる知識全般が得られる!

弁理士になるには知的財産権を正しく理解し、特許法に基づいて特許申請を行わなければなりません。知的財産権の創造に関する特許権、音楽や絵画などの著作者に与えられる著作権、さらに商品の独占的な使用権を与えらえる商標権、創作的な物のデザインや形状、模様などの権利である意匠権など、特許出願をする上でなくてはならない基礎的な知識を身に着けることが必須となります。これは独立をするにも企業の知的財産部で活躍するにも必ず役に立つ知識となります。

独立開業に有利!

弁理士を目指す皆様の中には、独立・開業したいと憧れを抱いている人も多いと思います。もちろん、弁理士の資格という武器があれば、独立開業することも夢ではありません。独立するためには幅広い人脈が必要であり、また事務所の経営の知識が必要になりますが、事業面で成功することができれば、さらに弁理士を雇い、事業を拡大することもできます。

知的財産に関わるあらゆる業務で活躍できる

弁理士は特許事務所に数年勤めた後に独立するという形が一般的でした。今でもその傾向は変わりませんが、近年では仕事の安定を求めて企業の知的財産部で働く企業弁理士、特許事務所に雇用される弁理士など、必ずしも独立する事だけが弁理士の在り方ではありません。弁理士の資格があれば知的財産のエキスパートとして扱われますので、企業の就職でも有利に働きます。


いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「頻出15パターンで学ぶ!弁理士 論文合格法」配信中!


無料セミナー
短期合格セミナ-
「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法5つのルール」
「頻出15パターンで学ぶ!弁理士 論文合格法」

無料動画講座
初回講座
「知的財産4 実用新案制度の概要」「特許法2 特許取得手続の流れ」
「実用新案法1 特許法との違い」「意匠法3 意匠とは」
論文対策講座「特許法・実用新案法1 趣旨」

ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集、
パターン別練習問題付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる