基本情報技術者試験の難易度は?

基本情報技術者試験は、情報処理技術者試験の中で基本編にあたりますが、難易度は低くはありません。今回は、基本情報技術者試験の難易度を解説していきます。


基本情報技術者試験の難易度ってどれぐらいなんですか?
基本情報技術者試験は情報処理技術者試験の中では、基礎的であるレベル2にあたりますが、難易度はやや高めです。


目次

  1. 合格者に求められる知識
  2. ITパスポートとの比較



基本情報技術者試験の難易度はやや高め⁉

合格者に求められる知識

 基本情報技術者試験は、国家試験である情報技術者試験の試験区分の中では、レベル2に位置付けられており、情報技術者試験の中では下から数えて2番目の難易度となっています。試験問題もレベル1であるITパスポートよりも、出題される問題の知識レベルが上がっています。例えば、機器類の問題の場合、ITパスポートでは機器類の特徴のみが問われたのに対し、基本情報技術者試験では、機器類の機能・性能・役割等が問われるなどより問われる内容が深くなっています。

※参考:情報処理推進機構https://ww.ipa.go.jp/



ITパスポートとの比較

基本情報技術者試験 ITパスポート試験
試験の実施方法 CBT(Computer Based Testing)方式 CBT(Computer Based Testing)方式
出題形式 科目A試験:多肢選択式 (四肢択一)
科目B試験:多肢選択式
多肢選択式 (四肢択一)
出題問題数 科目A試験:60問
科目B試験:20問
100問
試験時間 科目A試験:90分
科目B試験:100分
120分
合格基準 配点
科目A試験  1000点/600点(満点/基準点)
科目B試験  1000点/600点(満点/基準点)

※各試験区分(科目A・B)の得点がすべて基準点以上の場合に合格となります。
総合評価点
600点以上/1,000点(総合評価の満点)

分野別評価点
ストラテジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
テクノロジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)

※総合評価点が600点を超えていても、分野別評価点のいずれかが300点以下の場合は、不合格となります。
合格率 平均40%前後 平均50%前後

 
 基本情報技術者試験の大きな特徴しては、科目A試験と科目B試験と分かれている点です。出題形式もまた、科目A試験と科目B試験で異なります。試験時間も、科目A試験は90分、B試験は100分と異なっています。

なお、試験制度の変更内容については、下記の記事にまとめております。
受験予定の方は、是非ご確認ください。

基本情報技術者試験 変更内容について



●試験の実施方法

基本情報技術者試験は、令和2年度からペーパー方式(マークシート)からCBT方式へ変更となりました。


●出題形式、出題問題数

【科目A試験】

科目A試験は四肢択一制の多肢選択式での出題形式で、全60問での出題となります。試験の出題範囲はITパスポートと変わりません。テクノロジ系は多少知識が深くなりますが、ITパスポート合格レベルの知識があれば、対策はそれほど難しくはありません。

【科目B試験】

科目B試験では、科目A試験と同様に多肢選択式の出題形式となりますが、問題文が若干長くなります。また、「アルゴリズムとプログラミング」(疑似言語による出題)が8割(16問)、「情報セキュリティ」が2割(4問)の計20問の出題となります。令和4年下期までの試験とは異なり、プログラミングを避けて通ることが難しくなったため、プログラミングが苦手な方でも対策が必須となります。


●試験時間

基本情報技術者試験の試験時間は、科目A試験が90分、科目B試験が100分のの計190分(3時間弱)と、ITパスポート試験の120分と比較するとかなり長丁場の試験となります。試験対策の学習を進める際には、時間配分・問題を解くペースなども考慮して、進めていきましょう。


●合格基準

基本情報技術者試験の合格基準は、各試験区分ごとに、1000点満点中600点以上で合格となります。例えば、科目A試験は700点だったのに対し、科目B試験は550点だった場合は不合格となりますのでご注意ください。
また、採点方式はITパスポートと同様のIRT方式(Item Response Theory:項目応答理論)となります。
IRT方式とは、回答結果に基づいて配点を算出する仕組みとなっており、【1問何点】といった明確な採点基準はありません。
IRT方式を用いることで、異なるテスト間でスコアを比較することもでき、また、複数回の試験実施や、常時受験が可能となります。


●合格率

ITパスポート試験の合格率が、平均50%前後に対し、基本情報技術者試験の合格率は平均40%前後と若干低くなっています。これは、前述にもある通り、基本情報技術者試験から試験の難易度が上がっているため、ITパスポート試験よりも合格率が低くなっています。

詳細な基本情報技術者試験の合格率については、下記のページをご参照ください。
基本情報技術者試験の合格率は?

基本情報技術者のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

基本情報技術者講座 無料お試し

  • 試験攻略法が効率的に身につく!短期合格セミナー!
  • 動画講義、WEBテキストを体験できる
  • スマホでいつでもどこでも解ける問題集も!
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
さらに
B試験の特徴と対策を徹底解説!
無料で「B試験対策概観講座」が受講できる!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる15%クーポン付き