基本情報技術者試験取得のメリットとは

IT業界に興味が持ち、資格の取得を検討している方は多いかもしれません。基本情報技術者試験に合格するとどういったメリットがあるのでしょうか? こちらでは、基本情報技術者試験取得の代表的なメリットをご紹介します。

目次

  1. ITの基本知識が体系的に身に付く
  2. 自己のスキルレベル・知識レベルが確認できる
  3. IT関連の就職が有利になる
  4. 資格手当がもらえることも



ITの基本知識が体系的に身に付く

基本情報技術者試験は、あくまでIT関連の基礎的な内容を取り扱う試験です。試験対策の学習では知識を浅く広く、体系的に身につけることができます。身につけた知識は、どのIT業界で働くうえでもベースになるはずです。

また、プログラマーやシステムエンジニアなど実際にIT業界で活躍していても、実際に自分が担当している仕事の関連分野以外の知識は十分ではない傾向があります。そのまま、同じ仕事を続けていくうえでは問題ないかもしれませんが、さらなるキャリアアップの可能性が閉ざされてしまうかもしれません。そのため、初学者以外の方が知識を広げるためにも、基本情報技術者試験の受験はおすすめです。

基本情報技術者試験の内容が難しいと感じた初学者の方は、ITパスポートに挑戦してみましょう。反対に簡単だと感じた場合は、1ランク上の応用情報技術者試験を受験してください。



自己のスキルレベル・知識レベルが確認できる

自身のスキルレベルや知識レベルに自信があったとしても、それはあくまで主観的なものです。ITの分野は細分化されており、各分野で求められる知識は専門的ですが、反対にそれ以外の分野の知識が乏しくなってしまうことがあります。プロジェクトの仕事をチームで取り組む場合、他の方と仕事をするための共通言語として、専門的な知識だけではなく汎用的な知識が求められるかもしれません。

基本情報技術者試験では、自己のスキルレベルや知識レベルが資格というかたちで確認できます。すでにIT業界で活躍している方でも、基本情報技術者試験の合格に十分な知識が身に付いているとは限りません。専門的な仕事をしている方ほど、一度受験してみることをおすすめします。



IT関連の就職が有利になる

IT業界への就職では実務経験や成果物が重視されます。資格が就職で有利に働くかどうかは、さまざまな意見があるようです。基本情報技術者試験は、IT業界への就職で役立つのでしょうか?

結論から言えば、大きく有利にはならないものの、効力は十分にあると考えられています。少なくとも、情報処理に関心を寄せていることを示す証明にはなるでしょう。求人において資格取得者を優遇している企業は少なくありません。

特に、IT以外の業界からIT業界に転職する場合、基本情報技術者試験に合格しておくと好印象を与えます。また、実績や経験など条件が同じであれば、当然資格取得者のほうが優遇されるでしょう。一度合格すれば特に有効期限はないため、取得しておいて損はありません。



資格手当がもらえることも

企業によっては、基本情報技術者試験の合格者に対して資格手当を支給しているケースがあります。平均では5,000円の資格手当が支給されているようです。

資格手当は、勉強している方にとって大きなモチベーションとなるでしょう。さらに多くの資格手当を目指して、1ランク上の応用情報技術者試験に挑戦するのもおすすめです。

***

基本情報技術者試験に合格すると、ご紹介したようなメリットがあります。特にIT業界に進むことを検討している方にとっては、決して無駄にならない資格です。さらに上級の資格への足掛かりにもなるため、ITの知識があまりない方もぜひ挑戦してみてください。

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!

無料セミナー
「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」配信中!




無料動画講座
初回講座 :
「経営組織論」「開発プロセス・手法」「離散数学1」
「午後試験解説講座:情報セキュリティ」

【講座内容】
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、
セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる