試験実施日・試験会場

基本情報技術者試験は、年2回、上期・下期で実施されています。
今回は、基本情報技術者試験の受験に向けて、試験実施日と試験会場についてご紹介します。


基本情報技術者試験の試験日と会場について教えてください。

基本情報技術者試験は、年2回(上期・下期)に、全都道府県において1か所以上の試験会場で実施されます。

目次

  1. 試験実施日
  2. 試験会場

試験実施日・試験会場について


令和3年度下期試験実施期間

試験名 申込期間 試験実施期間
午前試験 2021年9月6日(月)10時~2021年11月17日(水)23時59分 2021年10月1日(金)~2021年11月22日(月)
午後試験 2021年9月6日(月)10時~2021年11月22日(月)23時59分 2021年10月1日(金)~2021年11月28日(日)
免除試験 2021年9月6日(月)10時~2021年11月17日(水)23時59分 2021年10月1日(金)~2021年11月22日(月)

※試験名の午前試験、午後試験、免除試験は試験名称であり、予約可能な時間帯を示すものではありません
 基本情報技術者試験(午前試験)を午後の時間帯、または基本情報技術者試験(午後試験)を午前の時間帯に予約することが可能です。
 また、午前試験、午後試験の順に受験する必要はなく、午後試験を先に受験することも可能です。
※免除試験とは基本情報技術者試験の一部(午前試験)を免除し、午後試験のみ受験する試験を指します
※申込可能な試験日は申込日を1日目として60日目の試験日までとなります。
 例:2021年9月6日(月)に申込を行う場合、2021年11月6日(土)までの申込が可能です。
※上記期間内での受験は、午前試験、午後試験、免除試験ともに1回までとなります。
 例:午前試験を1回受験し、不合格となった場合、期間内の再受験ができず、2022年上期での受験となります。
※試験期間中、午前試験、午後試験どちらかしか受験していない場合、その結果を次回以降に持ち越すことはできず、不合格となります。

申込方法は、個人申込み・インターネット経由での申込みのみです。

詳細な申込方法については下記のページをご覧ください。
基本情報技術者試験の受験申込について


基本情報技術者試験は年2回の受験チャンスがある!

基本情報技術者試験は、他の資格試験とは異なり、年1回試験ではなく、年に2回試験となります。そのため、受験のタイミングや学習スケジュールを、自身に都合に合わせて調整しやすいといったメリットがあります。

(以下は春期・秋期試験の場合のスケジュール感です。)

例えば、春期試験の直前である1月頃に「基本情報技術者試験に挑戦しよう」と考えた際に、必ず目前の5月試験に申し込む必要はありません。基本情報技術者試験に合格するために必要な勉強期間は一般的に3ヶ月~6ヶ月と言われています。1月から勉強を開始して、5月に受験することは可能ですが、特に社会人の方ですと、働きながら勉強に取り組みますので、かなりハードな対策が予想されます。ですが、秋期の10月試験を目標とした場合には、約9ヶ月の勉強期間があり、きちんとスケジュールを調整しながら、学習計画を立て、しっかりとした対策を立てることが可能です。

年に複数回の受験が可能な試験では、1回目の受験で不合格でも、次の受験までのスパンが短く、早めにチャンスがやってくるので、モチベーションも低下しずらいメリットがあります。ただし、次のチャンスが早めに来るからと言って、油断して試験に臨んでは、元も子もありません。やはり、最初の受験で合格というのが一番理想的です。1回目の受験で合格するという目標をしっかりと持ち、試験勉強に臨みましょう!



試験会場

基本情報技術者試験は全都道府県において1か所以上の試験会場で実施されます。

試験会場はこちらから確認できます。

試験会場(テストセンター)を調べる

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
体験版講座に加えて短期合格セミナー「失敗例から学ぶ」配信中!

スタディング 基本情報技術者講座 無料動画セミナー

無料セミナー

「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」

【ダウンロード冊子】
「学習スタートガイドー試験攻略ポイントと短期合格者の勉強法」
プレゼント中!

スタディング 基本情報技術者講座 無料動画講座

無料動画講座

【基本講座】
「経営組織論」「開発プロセス・手法」「離散数学1」「午後試験解説講座:情報セキュリティ」

【講座内容】
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる