【試験情報まとめ】知りたいことを集めて整理!

受験料や試験会場、申込手続き、当日の持ち物など、受験を決めた人も受験を迷っている人も知りたい情報をまとめています。

目次



試験時間・出題形式・出題数・解答数

区分 午前試験 午後試験
時間 9:30~12:00(150分) 13:00~15:30(150分)
出題形式 多肢選択式(四肢択一) 記述式
出題数 80問(全問解答) 11問中5問解答




採点方式・配点・合格基準

・採点方式…素点方式です。

・合格基準…午前・午後のそれぞれで基準点以上の場合に合格になります。どちらかでも基準点を下回った場合、合格とはなりません。

区分 午前試験 午後試験
合格基準点 100点満点中60点 100点満点中60点
出題数 80問 11問中5問解答
配点 各1.25点 各20点




試験の実施方法・実施時期

年2回実施されています。実施時期は例年春期(4月第3日曜日)と秋期(10月第3日曜日)です。

年間スケジュール

区分 春期試験 秋期試験
申込受付期間 1月中旬~2月上旬 7月中旬~8月上旬
試験日 4月第3日曜日 10月第3日曜日
合格発表 6月下旬 12月下旬


受験手数料

7,500円(税込)です。

※受験料が令和3年度秋期試験より改訂されています。詳細はIPA(情報処理推進機構)ホームページをご確認ください。

<情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の受験手数料の改定>
【改訂前】5,700 円 → 【改定後】7,500 円
※情報処理技術者試験は消費税込み。情報処理安全確保支援士試験は非課税。

試験地

札幌、帯広、旭川、函館、北見、青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山、水戸、つくば、宇都宮、前橋、新潟、長岡、埼玉、千葉、柏、東京、八王子、横浜、藤沢、厚木、長野、甲府、静岡、浜松、豊橋、名古屋、岐阜、四日市、富山、金沢、福井、滋賀、京都、大阪、奈良、神戸、姫路、和歌山、鳥取、松江、岡山、福山、広島、山口、徳島、高松、松山、高知、北九州、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇

※横浜試験地は、川崎市、相模原市を含みます。藤沢試験地は、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市を含みます。

申込の流れ

個人申込

案内書の確認 注意事項を必ず確認してください。
ホームページ上で受験申込 必要事項を入力します。
受験料の払い込み・決済 払込方法
・クレジットカード決済
・ペイジー(Pay-easy)による払込み
・コンビニ利用による払込み
※払込手数料(186 円)は払込人の負担です。
申込内容変更期間 申込後に申込内容を変更する際はホームページから申請します。
受験票の発送 例年それぞれ春期試験は4月初旬、秋期試験は10月初旬に発送されます。
受験票再発行受付期間 受験票が一定の期間になっても届かない場合は、申込時の試験地ごとの問い合わせ先に、電話で連絡をします。再発行には4日程度かかります。
試験日 受験票を必ず持参します。
合格発表 合格者の受験番号がホームページに掲載されます。試験結果の通知はありません。後日合格者の受験番号が官報に公示されます。
合格証書交付 発送時期は合格発表後、ホームページに掲載されます。また、合格証書は再発行できません。
成績照会 成績をホームページで照会できます。受験票の下部に記載された受験番号とパスワードが必要です。照会できる期間は限られており、例年発表から約3ヶ月間照会できます。パスワードがわからなくなった場合は、書類での調査依頼を頼めます。


団体申込について
・令和3年度(2021年度)の試験より、団体申込は廃止となりました。




試験当日の持ち物

試験時間中に机上に置ける持ち物(会場での貸出はありません)は以下です。

  • 受験票
  • 黒鉛筆及びシャープペンシル(B 又は HB)
  • 鉛筆削り
  • 消しゴム
  • 定規
  • 時計(時計型ウェアラブル端末は除く。アラームなど時計以外の機能は使用不可です)
  • ハンカチ
  • ポケットティッシュ
  • 目薬
  • マスク

※試験会場によって、上履き持参の場合があります。受験票に注意事項が記載されますので、必ず確認してください。

以下のものは、机上に置けません。カバンに収納し足元に置きます。
・電子機器(携帯電話(スマートフォンを含む)、ウェアラブル端末、パソコン、オーディオプレーヤ、ゲーム機、電子辞書、電卓)
・書籍(参考書、ノートなど)
・衣服等




試験当日のスケジュール

区分 午前試験 午後試験
集合時間 9:10 12:40
試験時間 9:30~12:00(150分) 13:00~15:30(150分)


・注意事項の説明が試験開始15分前からあるため、試験開始20分前には着席します。

・退室禁止時間は以下の通りです。
 午前試験:試験開始から 60 分間及び試験終了前 10 分間。
 午後試験:試験開始から 40 分間及び試験終了前 10 分間。

・試験時間中の飲食は禁止です。

・試験時間中の耳栓の使用は禁止です。

・試験時間中にトイレに行きたくなったり、気分が悪くなったときは手を挙げて監督員に知らせます。

・試験問題は、試験終了後持ち帰ることができます。

・ゴミは持ち帰ります。試験会場で捨てることはできません。


応用情報技術者試験の合格率を見る

こんな人におすすめ!応用情報技術者試験のメリット

応用情報技術者試験の勉強法まとめ

初心者、経験者、文系…それぞれに合った勉強法についてご紹介します。

試験情報まとめ

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 応用情報技術者講座 無料動画セミナー

無料セミナー

「試験攻略法が効率的に身につく!短期合格セミナー

  • 応用情報技術者とは
  • 試験の特徴と対策
  • 短期合格のための4つのポイント
  • 忙しい人向けスタディング活用術
スタディング 応用情報技術者講座 無料動画講座

無料動画講座

初回講座
●基本講座/スマート問題集
「基礎理論6_人工知能」
「アルゴリズム1_基本的なデータ構造」
「コンピュータ構成要素4_データ転送とアクセス方式」

●【抜粋版】午前試験セレクト過去問集
基礎理論/アルゴリズム/コンピュータ構成要素

無料講座と無料セミナーを試してみる