直近試験結果まとめ!応用情報技術者試験データ(合格率・講評)

目次



試験データ

過去の応用情報技術者試験の応募者数・受験者数・受験率・合格者数・合格率は以下の通りです。

開催 応募者数 受験者数 受験率 合格者数 合格率
平成27年春期 47,050 30,137 64.1% 5,728 19.0%
平成27年秋期 50,594 33,253 65.7% 7,791 23.4%
平成28年春期 44,102 28,229 64.0% 5,801 20.5%
平成28年秋期 52,845 35,064 66.4% 7,511 21.4%
平成29年春期 49,333 31,932 64.7% 6,443 20.2%
平成29年秋期 50,969 33,104 64.9% 7,216 21.8%
平成30年春期 49,223 30,435 61.8% 6,917 22.7%
平成30年秋期 52,219 33,932 65.0% 7,948 23.4%
平成31年春期 48,804 30,710 62.9% 6,605 21.5%
令和元年秋期 50,643 32,845 64.9% 7,555 23.0%
令和2年秋期 42,393 29,024 68.5% 6,807 23.5%
令和3年春期 41,415 26,185 63.2% 6,287 24.0%
平均 48,299
31,238
64.7%
6,884
22.0%


過去の応用情報技術者試験の受験者数・合格率

応用情報技術者試験の合格率は、例年20%前後です。情報処理技術者試験の中で、1つレベルが下の基本情報技術者試験は約25%の合格率ですから、あまり変わらないように思えます。しかし、応用情報技術者試験の特徴は、受験率が低いことにあります。受験を決意して申し込んでも、様々な理由で当日までに受験をあきらめるケースも少なくありません。応募者数を基準に考えた場合、合格率は下がり、およそ14~15%前後です。油断はしないようにしましょう。



最新の試験講評

応用情報技術者試験は、合格発表から一定の期間が経つと、試験主催団体から講評が発表されます。直近の試験講評の一部を見てみましょう。

令和元年度 秋期 応用情報技術者試験 採点講評

午後試験 問1

 問1では、標的型サイバー攻撃の事例を題材に具体的な対処方法や技術的対策などについて出題した。
 設問1(1)は、正答率が高かった。標的型サイバー攻撃によって被害を受けた際の初動対応として、被害の拡大防止が重要であることは、広く理解されているようである。
 設問2(1)は、正答率が低かった。標的型サイバー攻撃では、電子メールによる感染事例が依然として多いので、利用者に届く前に不審なメールを減らすことが重要である。不審なメールの削減策として、メールサーバにおける送信ドメイン認証は基本的な対策なので、覚えておいてほしい。
 設問2(3)~(5)は、正答率が高かった。水飲み場攻撃、マルウェアが備える機能や不審なメールを受信した際の対策に関する理解が高いことがうかがわれた。標的型サイバー攻撃は年々高度化しており、様々な攻撃手法が考案されている。対策も様々な観点で複合的に行う必要があることを、よく理解しておいてほしい。


引用:IPA(情報処理推進機構)

試験講評の役立て方

試験講評では、どんな問題が出題されたかの解説に加え、問題作成の意図も書かれています。また「○○についてよく理解しておいてほしい」「その特徴を覚えておいてほしい」など、試験対策の指標にできる記述が散見されます。

応用情報技術者試験合格を目指す方は、ぜひ全員必須解答の問1、選択を考えている4~6科目分の講評を少なくとも3年分は読みましょう。その中で知らない単語や知識があれば、自分の弱点ということですから、点数をあげるチャンスです。また、実際に過去問を解いた後にも講評を読むのがよいでしょう。問題作成者の意図がどのように問題文に表れているかわかれば、長文読解で注目すべきポイントやキーワードが見つけやすくなります。

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 応用情報技術者講座 無料動画セミナー

無料セミナー

「試験攻略法が効率的に身につく!短期合格セミナー

  • 応用情報技術者とは
  • 試験の特徴と対策
  • 短期合格のための4つのポイント
  • 忙しい人向けスタディング活用術
スタディング 応用情報技術者講座 無料動画講座

無料動画講座

初回講座
●基本講座/スマート問題集
「基礎理論6_人工知能」
「アルゴリズム1_基本的なデータ構造」
「コンピュータ構成要素4_データ転送とアクセス方式」

●【抜粋版】午前試験セレクト過去問集
基礎理論/アルゴリズム/コンピュータ構成要素

無料講座と無料セミナーを試してみる