データベーススペシャリスト試験合格でエンジニアの年収アップは狙えるのか?

データベースについての知識とスキルを認定するデータベーススペシャリスト試験は、IPA(情報処理推進機構)が実施する「情報処理技術者試験」でも特に難易度が高いとされる「高度試験」に位置する難関試験です。

この試験の関連分野を専門とするデータベースエンジニアの年収や、他分野エンジニアの年収アップにデータベーススペシャリスト試験が役立つかについて、この記事で解説していきます。

データベーススペシャリストのオンライン講座を、今すぐ無料体験できます!

  • 短期合格のためのコツを解説!無料セミナー
  • 難解な専門用語や関係性も「図解で伝わる」動画講義を体験!
  • フルカラーWEBテキスト付!
  • スマホで解ける問題集もお試しできる!
目次 Contents

データベーススペシャリスト試験合格でエンジニアの年収アップは狙えるのか?


最短効率カリキュラムで合格!

スマホでできる試験対策

【スタディング データベーススペシャリスト講座】


データベーススペシャリスト試験で問われる知識って?

データベーススペシャリスト試験は、「高度試験」に分類される国家試験です。

データベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す人に最適な試験といえます。

実力の証明や年収アップを目指すデータベースエンジニアにとって、ぜひとも合格しておきたい試験のひとつです。


試験で問われるのはデータベースに関する全般の知識や技能。

試験の出題範囲もテクノロジ系・マネジメント系・ストラテジ系など、全体計画からシステムの運用管理までが網羅されています。

そのため、データベーススペシャリスト試験に合格するには、高品質なデータベースを企画、要件定義、開発、運用、保守するための知識や実践能力が要求されます。


データベーススペシャリスト試験に合格できるレベルの知識を持った人材は、高度IT人材として確立した専門分野をもつとみなされます。

例えば、企業がもつビックデータの管理・保守や、データシステムの開発を担うエンジニアとして即戦力の活躍が期待されるのです。

試験の内容を網羅することで、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たせるようになります。


データベーススペシャリスト試験に合格したエンジニアが担う役割と価値

データベーススペシャリスト試験に合格したエンジニアは以下のような能力を持つと評価されます。

  • データ管理者として情報システム全体のデータ資源を管理すること
  • データベースシステムに対する要求を分析し、効率性・信頼性・安全性を考慮した企画・要件定義・開発・運用・保守を行うこと
  • 個別システム開発の企画・要件定義・開発・運用・保守において、データベース関連の技術支援を行うこと

そして、データ資源やデータベースの企画・要件定義・開発・運用・保守する業務をしつつ、下の者を指導する役割を担うことも求められるのです。

IT関連の業務を優秀な人に任せたいと考えている企業にとって、上記のスキルで即戦力となり、指導者候補となることが分かれば、ぜひとも手に入れたい人材として評価されるでしょう。

データベーススペシャリスト試験に合格したエンジニアは、これらの要素を網羅した専門性の高い人材として、企業からの高待遇が期待できます。


データベーススペシャリスト試験合格は年収アップにつながる?

多くの時間と労力を費やしてデータベーススペシャリスト試験に合格しても、仕事にプラスの影響がなければ意味がありません。

データスペシャリスト試験に合格することは、はたして年収アップにつながるのでしょうか。

実際のデータベースエンジニアの年収や傾向を解説しながら、データベースエンジニアへの転職で年収アップを狙えるケースについてご紹介します。

年収アップを目指しているエンジニアの人はぜひ参考にしてみてください。


データベースエンジニアの年収ってどのくらい?

データベースエンジニアの平均年収は約500〜600万円と言われています。

国税庁が発表している日本の平均年収は443万円なので、比較的高い傾向にあるといえるでしょう。

実際に企業が提示している具体的な年収を知りたい人は、求人サイトなどで検索して確認してみてください。

データベースエンジニアは、ITエンジニアのなかでも高度な専門スキルが必要とされる専門職です。

そのため一般的な職種よりは高い年収を期待できる可能性があります。


IT系企業の技術力を表す指標の一つが、国家試験の合格者数です。

資格取得などに理解のある職場やIT企業であれば、データベーススペシャリスト試験合格者に資格手当や一時的な報奨金が支給されるケースも。

難度の高いデータベーススペシャリスト試験は他の資格より報奨金が高い傾向にあり、企業によっては10万円以上がもらえる可能性もあります。

また、試験の合格が昇給の条件に指定されている企業もあるため、参考にしてみてください。


データベースエンジニアへの転職で年収アップを狙えるケースも

データベーススペシャリストを含むITエンジニアは、実績を重要視して報酬を決める傾向があります。

そのため、試験の合格者は年収アップ転職を狙うことが可能です。

職務経歴書に記載することで、スキルはもちろん、高難度の試験に合格するだけの学習能力でも十分なアピールができるでしょう。

データベースエンジニアを目指している方や、キャリアアップ、年収アップを目指し転職を考えている人にとっては、取得しておきたい資格といえます。

他分野のITエンジニアが試験に合格してデータベースエンジニアに転職する場合でも、年収アップが狙えます。

その場合、元々持っていたITスキルにプラスしてデータベーススペシャリスト試験で得た知識・スキルを活用するということが重要です。


未経験者でデータベーススペシャリスト試験合格は意味ないのか?

実績を重要視して報酬を決める傾向のあるITエンジニア業界は、高度IT人材として確立した専門分野をもった即戦力を求めています。

では、IT系での実務経験がない人にとって、データベーススペシャリスト試験の合格は就職・転職にどれだけ役立つのでしょうか。

また、未経験者がデータベースエンジニアを目指す場合に、気をつけるべきポイントもまとめます。


高度な専門性を求められる現場に、付け焼刃の知識では役に立たない

受験資格が定められていないデータベーススペシャリスト試験は、学生や実務未経験者など、誰でも受験することが可能です。

専門性の高い試験のため、未経験者にとって難易度は高いですが、合格できる可能性も十分にあります。

しかし、未経験者が仮に合格したとしても、就職先を探す際には注意が必要です。

なぜなら、データベース関連の専門性の高い業務は、試験に合格するだけでは実務に対応することが難しいからです。

即戦力として期待されながらも配属先での教育がなかったり、いきなり一人で実務に取り組んだりといった現場に当たった場合、試験合格の知識だけでは対応することが難しいでしょう。

試験で習得した知識が役に立つ場面もありますが、未経験者では実務に落とし込むまで時間がかかります。

実際の現場ですぐに役に立つためには、試験合格の知識だけでなく、やはり現場での実務経験が必要です。

実務経験を積みながら、試験で習得した知識をうまく活用することができるようになってようやく、試験は実際の仕事で役に立つといえます。


未経験者は教育制度のしっかりした求人をみつけよう

試験に合格しただけの未経験者がデータベースエンジニアへの就職を狙う場合、きちんとした研修・教育の体制があるところをみつけることが重要です。

未経験スタートであっても、データベーススペシャリスト試験に合格するだけの知識レベルを持っている人材は重宝されるはずです。実務経験を積んでいけば、現場で活躍できるようになるでしょう。

ただ、エンジニア未経験者が直接データベースエンジニアを目指すのは難しいため、段階を踏んで転職するのが良いでしょう。

データベーススペシャリスト試験に合格するだけの知識や学習能力があれば、プログラマーやシステムエンジニアに採用される可能性は十分にあります。

エンジニア未経験を積極的に採用・教育している企業を探し、実務経験を積みながらデータベースを扱う仕事があれば積極的に取り組むようにしましょう。


まとめ

データベーススペシャリストの年収やキャリアについて解説しました。

  • データベーススペシャリスト試験ではデータベースに関する全般の知識や技能が問われる。
  • データベーススペシャリスト試験合格者は高度IT人材として確立した専門分野をもっているとされ、高品質なデータベースの知識や実践能力が求められる。
  • IT資格の取得を昇給や昇進の条件としている場合もあるため直接的な年収アップを狙える可能性も十分にある。
  • データベース業務はデータベーススペシャリスト試験の知識を持っているだけでは、実務に対応することが難しい。
  • 未経験から直接データベースエンジニアを目指す場合は段階を踏んで転職するのがおすすめ。

実務経験者であれば、データベーススペシャリスト試験に合格することで資格手当や一時的な報奨金が支給される場合もあります。

企業によっては年収アップを狙うことは十分可能です。

未経験者の場合でも、資格は就職に優遇され、ステップアップにおいて有利にはたらく可能性は高いでしょう。

ぜひデータベーススペシャリスト試験の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

データベーススペシャリスト試験の学習にはスタディングがおすすめです。無料体験講座も開催しているので、ぜひご覧ください。

データベーススペシャリストのオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

データベーススペシャリスト講座
無料お試し

  • 短期合格のためのコツを解説!無料セミナー
  • 難解な専門用語や関係性も「図解で伝わる」動画講義を体験!
  • フルカラーWEBテキスト付!
  • スマホで解ける問題集もお試しできる!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き

シーン別!データベーススペシャリストあれこれ

データベーススペシャリスト試験の勉強法まとめ

初心者、経験者、文系…それぞれに合った勉強法についてご紹介します。

試験情報まとめ