コンサルタントの肩書きの作り方

コンサルタントとしてデビューするにあたり、肩書きをどのように名乗るかで迷っています。肩書きの作り方を教えていただけないでしょうか?
何をしてくれるコンサルタントなのかわかりやすいように、いくつかの切り口でキーワードを挙げてみましょう。


肩書きを名乗る目的

コンサルタントが肩書き(●●コンサルタント等)を名乗る目的は、見込み客に対して専門性をアピールするためですね。
ですので肩書き作りの大原則は、顧客にどのような印象を与えるかを考えた上で、何をしてくれるコンサルタントなのか、わかりやすいことです。

検索エンジンで確認

さらに注意点としては、他のコンサルタントが使っているかどうかも、検索エンジンでチェックしてみましょう。必ずしも、同じ肩書きを名乗れないというわけではありませんが、商標登録されていたりすると、使えません。また、もしコンサルタントを検索で探す見込み客がいるとすれば、どのようなキーワードが使われそうかということも、意識して肩書きに組み入れるとよいです。

キーワードをみつける切り口

今までたくさんのコンサルタントと出会ってきましたが、彼らが使用している肩書きを分類すると、下記のような切り口でキーワードを設定していますので、参考にしてください。

1.経営機能を示す
 「マーケティング」「事業開発」等々
2.顧客層を示す
 「飲食店専門」「食品メーカー専門」等々
3.提供価値を示す
 「売上増大」「コストダウン」等々
4.手法、ノウハウを示す
 「トヨタ式」「管理会計」等々
5.ツールを示す
 「ビジネスブログ」「Facebook」等々

さらなるバリエーション

上記の切り口でキーワードを出した上で、複数を組み合わせてもよいですね。たとえば「飲食店専門Facebookコンサルタント」といった感じです。

さらに、「●●のための▲▲▲▲コンサルタント」のように、短いキャッチフレーズを付加したり、あえてコンサルタントではなく「●●コーチ」「●●アドバイザー」「●●プランナー」といった肩書きもあり得ます。


コンサルタントとして独立を目指したい方必見!

「コンサルタント独立に向けたステップアップのポイント」
無料公開中

コンサルタント養成講座は、いますぐ無料で、初回版ビデオ講座とレジュメがお試しできます。
また、独立開業のポイントも無料で配信中!

ぜひ、一度、「コンサルタント養成講座」をお試しください!

無料初回講座

コンサルタント養成講座の初回版

ビデオ/音声レジュメ

コンサルタントとして独立を目指す方や士業としてより付加価値のあるサービスを提供して売上を増やしたい方に最適!

無料セミナー

「コンサルタントの魅力独立開業に向けたステップアップのポイント!」

オリエンテーションではコンサルタントの魅力やコンサルタントになるためにはどうしたらいいのか分かり易く伝授する動画セミナーです。
これから勉強を始める方は必見!

無料講座と無料セミナーを試してみる