コンサルタントとは?どんな仕事をするの?詳しい仕事内容と働き方

コンサルタントの仕事内容

コンサルタントの仕事内容は、企業・団体などの依頼に応じてさまざまな問題を調査・分析し、有効なアイデアを提案するとともに解決のためのロードマップを提示することです。組織が抱える問題は、企業によって異なります。成長を実現するための斬新なアイデアを求める企業もあれば、雇用環境の改善を通して経営の健全化を図りたい団体もあるでしょう。専門家には、問題の原因に応じた適切な診断・アドバイスが求められるのです。

コンサルタントに任される仕事として、次のようなものがあります。

  • 現状調査と分析
  • 事業戦略の立案・作成
  • 状況改善のための直接指導や情報の提供
  • タスク管理およびプロジェクト進行具合のチェック
  • 計画実行のためのアドバイス

細かいサービス内容や進め方に関しては、コンサルティングファームやコンサルタント事務所によって異なりますが、一般的には上記のサービスを通してクライアントが抱える問題の解決をサポートします。


コンサルタントの種類によって、仕事内容も変わる

コンサルティング対象となる分野はさまざまです。「総合コンサルタント」というふうに、すべての分野を取り扱うコンサルティングファームもあれば、ひとつの分野に特化した独立系事務所もあります。

世間的によく知られているのが、「経営コンサルタント」です。経営コンサルタントはさらに、「医療コンサルタント」「農業コンサルタント」というふうに、業態名に準じた呼び方がされる場合もあります。安定経営を阻む問題点を探り当て、原因に応じた適切なソリューションを提案するのが彼らの仕事。事業計画の策定からマーケティング分析、コストシミュレーションまで幅広く担当します。

また、システムやネットワークなどIT分野における問題解決と提案力にすぐれるのが、「ITコンサルタント」です。今の時代、IT技術の利活用は大・中小問わず、多くの企業に課せられた課題です。業績拡大をにらんだ戦略的なアドバイスに加え、リスク管理やセキュリティ対策についても、示唆に富んだ提言が求められます。

そのほかにも、さまざまな分野で活躍するコンサルタントがいます。

・人事コンサルタント

人事や労務に関する問題処理に長けたエキスパートで、体制の刷新や雇用環境の改善をサポートします。

・財務コンサルタント

財務状況を詳細に分析し、資金力と事業計画に見合ったアドバイスを提言する専門家です。

・営業コンサルタント

営業活動の効率化やチーム体制の改善を通して、売上アップや業績拡大につなげます。


コンサルタントとしての働き方

経営上の課題を解決するには大きな労力がともなうのはいうまでもありません。ひとつの問題を診断するにしても、担当者とのミーティングや個別ヒアリング、資料作成など仕事の内容は細かく分かれ、雑務も発生します。多くのコンサルティングファームでは、ひとつ一つの仕事の精度とスピードを上げるべく、複数のスタッフによるチーム対応でプロジェクトの完遂を目指します。

そのため、チーム内コミュニケーションや意見調整なども欠かせません。それぞれの業務を請け負うスタッフと密に連絡を取りながら、現場業務の確認やクライアント対応を行うことになります。

またコンサルタントにとって、「現場に足を運ぶ」ことはとても重要です。アドバイスをしただけで後は高みの見物、ではなく、定期的に案件の進捗状況を確認し、コミュニケーションを取りながら共同でプロジェクトを進めていく姿勢が必要不可欠。クライアントと高度なアライアンスを築くことで、豊かなベネフィットの獲得につながるのです。


コンサルタントとして独立を目指したい方必見!

「コンサルタント独立に向けたステップアップのポイント」
無料公開中

コンサルタント養成講座は、いますぐ無料で、初回版ビデオ講座とレジュメがお試しできます。
また、独立開業のポイントも無料で配信中!

ぜひ、一度、「コンサルタント養成講座」をお試しください!

無料初回講座

コンサルタント養成講座の初回版

ビデオ/音声レジュメ

コンサルタントとして独立を目指す方や士業としてより付加価値のあるサービスを提供して売上を増やしたい方に最適!

無料セミナー

「コンサルタントの魅力独立開業に向けたステップアップのポイント!」

オリエンテーションではコンサルタントの魅力やコンサルタントになるためにはどうしたらいいのか分かり易く伝授する動画セミナーです。
これから勉強を始める方は必見!

無料講座と無料セミナーを試してみる