「通勤講座」は10周年で「STUDYing(スタディング)」に生まれ変わりました!

知的財産管理技能検定®に短期間で合格するポイント

知的財産管理技能検定®は、法律系資格の中でも、難易度の易しい資格であるといわれています。

しかし、知的財産における様々な法律問題の知識が問われるため、ただやみくもに勉強すると時間を浪費してしまう恐れがあります。

そのため、短期間で合格を果たすためには、弁理士試験合格のための適切な学習方法で学んでいくことが大切なのです。


1.「100点満点」を目指さない

試験は、3級は学科・実技ともに全体の70%以上、2級は学科・実技ともに80%以上の正解で合格となります。

完璧を目指し、出題可能性の低い分野まで細かく学習しようとすると、膨大な時間が必要になり、効率的ではありません。
限られた時間で短期合格を果たすためには、試験によく出るポイントをじっくり勉強できるよう、重要度によってメリハリをつけ、効率的に学習していくことが大切です。


2.インプットとアウトプットを並行

どの試験でもいえることですが、ただインプットだけを行っても、合格は近づいてきません。問題を解く練習をしなければ、合格力を身につけていくことはできないのです。どのように出題されているかを知ることにより、その後の知識の吸収をアップしていくことができます。

また、すべてインプットで知識を身につけるのではなく、アウトプットをすることで解説などから知識を身につけられることも意識して学習していきましょう。問題を解くことにより、気がつくこともあります。アウトプットを重視し、どれだけ出題を意識して学習できるかが短期合格の鍵といえます。

インプット(ビデオ講座を視聴)→アウトプット(問題練習)→間違えたところをテキストで確認・知識の補充のパターンを繰り返して学習しましょう。


3.短時間でも毎日継続学習

最も重要なのは始めた勉強をやめないことです。無理な計画は長続きしません。

学習の間を開けてしまうと、すっかり忘れてしまいます。たとえ1日5分、問題1問でも継続していくことによって記憶はつながります。

そのためには、日々の生活の中に無理なく学習を組み込むことです。特に、通勤時間などの「スキマ時間」をうまく活用することがポイントです。



4.テキストは通読しない

問題の出題形式や、問われ方などを知らないまま、ただテキストを読んでも、なかなか知識を定着させることはできません。

そのため、インプット段階で、知識を完璧にしようとするのは、効率的ではありません。

効率的に学習を進めるためには、インプットを「ざっと1回」行い、あとは問題練習をしながら実力アップさせていきましょう。



5.著作権法と特許法を徹底的に覚えよう

3級、2級の検定では、知的財産に関する様々な分野から出題されます。なかでも、著作権法と特許法は出題が多く、それぞれの試験で50%以上のウエイトを占めます

各法律の全範囲から満遍なく出題されるというのも特徴なので、大きな得点源となるのと同時に、それらに対応するための対策も必要になります。

この2法を重点的に学習して、得意科目にすることが合格への近道となるのです。


いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナー「忙しくても、知財検定3級・2級に短期合格する勉強法」配信中!


無料セミナー

短期合格セミナー「忙しくても、知財検定3級・2級に短期合格する勉強法」

無料動画講座

基本講座 3級・2級 体験版
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集(学科・実技)付き

無料講座と無料セミナーを試してみる