「通勤講座」は10周年で「STUDYing(スタディング)」に生まれ変わりました!

販売士1級・2級・3級それぞれの違いは?

リテールマーケティング(販売士)検定試験には、1級・2級・3級があり、問題数やレベル、試験時間、合格率で違いが見られます。とりわけ、1級と2級・3級では難易度の面で大きな差が認められるところに注目です。今回は、販売士1級・2級・3級の違いを説明するとともに、受験のポイントや試験対策も合わせてご紹介します。



級数別に見る販売士資格の違い

リテールマーケティング(販売士)検定試験の1級・2級・3級の主な違いを以下にまとめてみました。

1級

2級

3級

受験資格

なし

試験日

2

2月・7月

合格率

20%

50%~60%程度

合格基準

全科目の平均点が70点以上で、かつ50点未満の科目ないこと

試験時間

3時間20分

2時間30分

1時間40分

試験方法

それぞれの科目に「客観式選択問題」と
記述式問題」がある

マークシート方式による選択問題

受験料

7,710円

5,660円

4,120円

能力

店長・経営者レベル

店舗・売り場マネージメント

売り場の販売担当


1級・2級・3級ともに、出題科目は次の通りです。

1. 小売業の類型
2. マーチャンダイジング
3. ストアオペレーション
4. マーケティング
5. 販売・経営管理

すべての級で同じ科目が出題されますが、それぞれの時間配分や問題の量、レベルなどは異なります。試験時間の短い3級は、休憩時間を挟まず通しで実施されます。


3級を飛び越えて2級に挑戦するのはアリ?

販売士資格の取得を目指す受験者のうち、3級を飛び越えていきなり2級からチャレンジする方も少なくありません。なぜなら、2級と3級の試験内容は似ているものが多く、難易度にもそこまで大きな差がないからです。それならば、あえて3級を飛ばして2級から学習をスタートするほうが合理的と考えることもできます。

しかし、問題数や問題レベルでは両者に違いが見られるのも事実です。必要とされる勉強時間には個人差がありますが、「3級:約30時間」「2級:約60時間」と2倍の開きがあり、3級と同じ勉強量で合格できるレベルでないことが分かります。どれくらいの勉強時間が確保できるか考慮しつつ、受験する級数を判断することがベストです。

ちなみに、リテールマーケティング(販売士)検定試験は、どの級から受験しても問題はなく、2級・3級の併願受験も可能ですので、両方受験する選択肢も検討してみてください。


1級の勉強ポイント

2級・3級と比べて、圧倒的に難易度が高いのが1級です。合格率は高くても20%程度と、その難しさは国家資格レベルと考えてよいでしょう。1級受験者属性データを見ても、小売業や卸売業、メーカー出身者など業界経験者が多く、販売や流通に関する予備知識がなければ合格は難しい資格と言えます。

それでは、販売士1級に合格するために必要な勉強時間はどれくらいなのでしょうか。個人差があり明確な答えはありませんが、最低でも100時間は必要と言われています。そのため、きちんと学習スケジュールを立て、勉強時間を確保したうえで、計画的に学習していくスタイルが望まれます。

また、販売士1級試験では、2級・3級ではない記述式の問題も出題されます。この記述式対策では、公式テキストの活用がおすすめです。1級の試験問題は、日本商工会議所が取り扱う1級ハンドブックの中から70%が出題されます。そのため、傾向と対策も立てやすく、同じ問題を繰り返し解くことで理解度も進むでしょう。1級試験対策では公式テキストをメインに勉強計画を組み立てる方法をおすすめします。

また、1級ハンドブックとは別に、過去問題集も商工会議所で販売されていますので、過去問対策として有効活用するとよいでしょう。

合格できる人とできない人の違いは?販売士合格法 3つのルールを無料公開中!

試験の特徴や短期合格法をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    短期合格セミナー
    「失敗例から学ぶ販売士試験突破の3つのルール」
    無料特典
    「キーワード集」
  • 通勤講座の無料体験版
    通勤講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、試験対策講座付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す