賃貸不動産経営管理士の活用法

賃貸不動産経営管理士の活用法は、特定の業種や立場の方に限定されず、さまざまな使い道がある点でもメリットがあります。不動産業者をはじめ、宅建士や不動産を持つ投資家、不動産業界への就職・転職を考える学生および社会人にとって大きな武器となる資格です。今回は、賃貸不動産経営管理士の資格取得後に想定される活用シーンをご紹介します。

スキルアップや事業拡大に活用する

不動産管理会社で働くビジネスパーソン、あるいは不動産管理業を営む事業者がスキルアップや事業拡大を目的に、賃貸不動産経営管理士資格を取得するケースが見られます。賃貸不動産経営管理士がカバーできる業務範囲は、入居者集めのためのマーケティング調査から、賃貸契約業務、入居後の相談対応、設備の点検・メンテナンス、退去後の空室対策まで、幅広いのが特徴です。資格取得によって知識がより深まり、実務スキルも向上すれば、顧客増や業績の拡大につながり、自社の経営も安定化しやすくなるでしょう。また、当資格は高い倫理観を専門家に身に付けさせることも目的としているため、顧客や住人からの信頼度アップも期待できてます。

宅建士の業務拡大に活用する

宅建士は、家や土地の取引およびその仲介を生業としています。宅建業メインの活動から、不動産管理など業務範囲を広げようと思えば、業務に対応する資格があるに越したことはありません。そのうち賃貸住宅の管理・経営に力を発揮するのが、賃貸不動産経営管理士の資格です。

賃貸住宅の割合は住宅市場全体の4割を占めるメジャー・マーケットで、管理業務だけでも大きな潜在ニーズがあることが予想されます。国土交通省告示の「賃貸住宅管理業者登録制度」改正にともない、賃貸不動産経営管理士が取り扱える業務が増えた点も見逃せません。ビジネスの拡大を狙う宅建業の方にとって、賃貸不動産経営管理士の資格はステップアップのための有力ツールと言えるでしょう。

不動産投資に活用する

家賃収入で資産形成を図る不動産投資も、収益の仕組みや不動産の管理方法、空室を生まないための対策を心得なければ、大きく損をすることにもなってしまいます。不動産投資で着実に収益を生み出すためにも、賃貸不動産経営管理士などの資格を取って一通りの専門知識とスキルを身に付けることが大切です。

物件の規模や立地条件によっては、不動産投資によって大きなターンが見込めます。しかし、どんな物件でもある程度のリスクを考慮しなければなりません。そのリスクを可能な限り低減してくれるのが、賃貸不動産経営管理士の取得と言う、「自分への投資」なのです。

就職・転職活動に活用する

不動産業界への就職・転身を考えるなら、賃貸不動産経営管理士の資格が大きなアピール材料になります。当資格は学歴・経験関係なく誰でも受験可能なため、学生や一般の社会人にも有効活用されています。資格の取得によって、経験不足な部分をカバーすることが可能です。

資格試験へのチャレンジを通して、実務知識の取得だけでなく、賃貸住宅の管理・経営に携わるにあたっての心構えなども身に付きます。これらの点を学ぶだけでも大きな財産となり、採用となれば現場で大いに生きてくるでしょう。業界に入る前に、不動産管理業者として守るべきことを心得ておくことで、1日も早く業務になれることはもちろん、顧客やオーナーからの信頼も厚くなるのです。

登録制度を活用する

国土交通省告示の「賃貸住宅管理業者登録制度」では、登録業者に対し、賃貸不動産経営管理士など物件管理の事務経験者の設置を義務付けています。同制度に登録する管理業者は増えているため、賃貸不動産経営管理士に対するニーズも高くなっています。

同制度に登録された情報は、世間一般に広く公表されるため、管理業者の事業内容はもちろん、賃貸不動産経営管理士としての業務活動も借主・オーナーへの周知につながるでしょう。借主・オーナーは登録業者の情報を把握できるため、よりよい物件の選択に生かすことができます。借主・オーナーとのパイプ役となってくれる同制度がもたらすメリットは賃貸不動産経営管理士にとって小さくないため、多くの管理業者や有資格者に活用されています。

合格できる人とできない人の違いとは?

今なら「短期合格のコツ」がわかるセミナーを無料公開中!

スタディングは、
いますぐ無料でお試しできます。

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 無料動画セミナー
短期合格セミナー

「失敗しない賃貸不動産経営管理士 合格法5つのルール」

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 初回版
無料動画講座

基本講座初回版「賃貸借契約1」
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる