賃貸不動産経営管理士とは?

賃貸不動産経営管理士とは?

賃貸不動産経営管理士とは、賃貸アパート・マンションなどの賃貸住宅を適切に管理するための知識とノウハウを持つ専門家を指します。賃貸住宅における住環境を維持・管理するには、建物のコンディションを正確に把握し、必要に応じて修繕などの処置を講じなければなりません。賃貸不動産経営管理士は、それらの専門知識を通して、賃貸住宅の快適性を守ります。

賃貸不動産経営管理士に必要とされるのは、不動産管理に関する知識だけではありません。職務をまっとうするにはひとり一人の管理士が高い倫理観を保持する必要があり、その精神をすべての賃貸不動産経営管理士に共有させるために「倫理憲章」が制定されています。憲章では、公共の不動産を取り扱うと言う使命の自覚や、法令順守の精神、信義誠実を守る姿勢、あるいは守秘義務の徹底などをうたい、高い倫理観と信頼性の高いサービス環境の基礎となっています。

賃貸不動産経営管理士の業務内容

賃貸不動産経営管理士の業務内容は、不動産賃貸の管理業務がメインと思われがちですが、入居者の募集や契約に関する業務などもその範囲に含まれます。住む人が見つからなければ、賃貸住宅の運営も難しくなってしまうため、入居者を集めるためのマーケティング調査なども彼ら専門家の重要な業務のひとつです。

基本的に、オーナー側と管理委託業務を契約するところから、賃貸不動産経営管理士の業務はスタートします。契約期間中は、法定点検や建物のクリーニング、維持管理のための修繕プランなども作成。それと同時に入居者のトラブル対応や各種相談など、住民サービスの提供も一任されています。

また、入居契約の終了となったら、退去の立ち会い、原状回復のための工事、敷金の精算なども責任を持って担当。空いた部屋は、次の入居者が快適に住めるように適性管理することも、賃貸不動産経営管理士の役割です。その他、節税や相続に関する相談対応など、不動産経営に関して幅広く専門的なアドバイスも求められます。

賃貸不動産経営管理士になるには?

賃貸不動産経営管理士になるには、毎年11月に実施される資格試験に合格し、登録手続きを経て、認定証の交付を受けなければなりません。

試験は全40問・四肢択一方式・試験時間90分で行われます。出題範囲は、管理業務や賃貸契約、建物。設備に関する基本知識など多岐にわたり、実務で欠かせない知識を問う内容となっています。

試験はどなたでも受検可能ですが、登録については要件があり、「宅地建物取引士である者」「協議会が認める賃貸不動産経営管理業務に2年以上従事している、または従事していた者」というふたつの要件を満たさなければ、登録・認定は受けられませんので注意してください。

なお、登録すれば専門家の証である登録証とステッカーが交付される他、有資格者専用ページにてさまざまなコンテンツのサービスが受けられるなどのメリットがあります。

制度改正により、今後ますます活躍が期待される

平成28年9月、国土交通省は告示「賃貸住宅管理業者登録制度」を一部改正し、賃貸不動産経営管理士における業務と役割の拡大を認めました。賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅の貸主・借主の利益保護を目的に、管理に関する重要事項の説明や契約書の署名捺印などの重要業務を任されるようになったのです。

賃貸住宅は住宅全体の4割を占めるだけに、空き家対策や住宅の供給過多などの課題解消が急務となっています。また、賃貸不動産管理に関する法規制が存在しないことから、敷金返還などのトラブルも絶ちません。これらの問題を解決するためには、不動産経営・管理に精通したプロフェッショナルの人材が不可欠であり、それゆえに役割が拡充された賃貸不動産経営管理士への期待は高いのです。

合格できる人とできない人の違いとは?

今なら「短期合格のコツ」がわかるセミナーを無料公開中!

スタディングは、
いますぐ無料でお試しできます。

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 無料動画セミナー
短期合格セミナー

「失敗しない賃貸不動産経営管理士 合格法5つのルール」

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 初回版
無料動画講座

基本講座初回版「賃貸借契約1」
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる