危険物取扱者乙4種の難易度と合格率

危険物取扱者のなかでももっとも人気の高いのが、乙4種です。
受験者数が多いということもあり、他の種類と比べて合格率は高くありません。
しかし、資格を取ればガソリンスタンドや石油会社などの現場で生かせるため、ぜひともチャレンジしたいところ。
今回は、危険物取扱者乙4種の難易度や合格率についてご説明します。

乙4種試験の概要

危険物取扱者乙種には1類~6類まであり、それぞれ取り扱える危険物の種類が異なります。乙4種試験に合格すると、ガソリンや重油、軽油、灯油などの引火性液体の取り扱いが認められます。

乙4種の試験日時は、主催サイドである「一般財団法人 消防試験研究センター」の支部によって異なります。試験方式は、五肢択一式のマークシート方式で、試験3科目の成績が、それぞれ60%以上正解しなければ合格となりません。

危険物取扱者のなかでも、乙種4種はとりわけ人気の高い資格です。対象となる危険物が石油関係であることから、ガソリンスタンドの従業員やタンクローリーの運転手、化学メーカーの製造者など、求職者受け入れの間口が広く、ニーズも高い資格だからです。

そのため、最初に選ぶ種類として、乙種4種を選択する受験者も少なくありません。

参考: 危険物取扱者 乙4が必要な職種は?


乙種4類の合格率は?

乙種4類試験の2017年4月~2018年2月までの合格率を見てみましょう。

試験時期

受験者数

合格者数

合格率

2017年4月

5,118名

2,165名

42.3%

2017年5月

6,726名

2,930名

43.6%

2017年6月

60,146名

20,184名

33.6%

2017年7月

19,229名

6,632名

34.5%

2017年8月

7,883名

2,849名

36.1%

2017年9月

6,805名

2,731名

40.1%

2017年10月

28,433名

10,072名

35.4%

2017年11月

46,997名

14,738名

31.4%

2017年12月

14,708名

5,189名

35.3%

2018年1月

14,370名 5,230名 36.4%

2018年2月

29,362名

9,568名

32.6%

2018年3月

16,810名

6,040名

35.9%

2018年4

5,898名

2,939名

49.8%

2018年5

6,617名

2,918名

44.1%

2018年6

58,647名

21,822名

37.2%

2018年7

14,378名

5,579名

38,8%

2018年8

6,084名

2,460名

40,4%

2018年9

7,090名

3,109名

43,9%

2018年10月

24,685名

9,692名

39,3%

2018年11月

42,361名

14,918名

35,2%

2018年12月

15,391名 6,330名 41,1%

2019年1

8,772名

3,629名

41,4%

2019年2

30,907名

12,172名

39.4%

2019年3

19,272名

8,099名

42,0%


乙4種の平均合格率は30%~40%程度。これは、甲種試験と同じくらいの合格率です。

甲種試験を受験するには、化学に関する専門高等教育を受けているなど、一定の条件が必要であり、乙・丙種のように誰にでも門戸が開かれている資格ではありません。8種のなかで唯一、全種類の危険物を取り扱える資格でもあり、ゆえに学習範囲も幅広いのが特徴です。

その甲種と同じくらいの合格率であることを考えると、「乙種4類試験は難しい」と思われるかもしれませんが、合格率が低いのは受験者数が多いことと関係があるのです。乙種4類でも3つの試験科目それぞれ60%以上を取れれば合格となります。また、合格者の定員などは設けられていないため、足切り点はありません。

受験者数が多ければ必然と個々の学習意欲や勉強量に差が出るため、不合格者も多数出ます。そのため、乙4種だけ特別に難しいということではないので、いたずらに合格率に惑わされないようにしましょう。

スタディング無料ガイダンス「短期合格必勝法」で危険物乙4試験についての更に詳しい特徴を解説しています。

メールアドレスの記入だけで視聴できますので、是非、ご覧ください。


他の乙種試験との違い

先述の通り、乙種4類だけが突出して受験者数が多く、その影響で合格率が低い傾向にあります。乙種4類以外の合格率は、平均60%程度で、比較的合格しやすいと言えますが、危険物のなかでもニーズの高い引火性液体は取り扱いの対象に含まれません。

乙種4類種以外の試験が合格しやすい理由として、免除科目があるかないかも大きいでしょう。乙種4類の資格を持てば、他の乙種試験では「法令」と「基礎的な物理化学」が免除となります。

免除科目があれば、各種類の「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」を勉強すればいいので、学習範囲も狭まり、よりポイントを絞った試験勉強が可能になります。そのため、合格のしやすさに違いが生まれるのです。

参考: 危険物取扱者「甲種・乙種・丙種」の違いについて

危険物取扱者試験はまとめて受験できる?

「危険物取扱者」資格の履歴書への書き方



乙種4類の勉強方法は?

種4類の合格率が低いとは言え、試験内容自体は特別高度というわけではありません。危険物の性質や性状、特性、化学や物理の知識を繰り返し学習いていけば、3科目すべてで60%以上正答することはそれほど難しくありませんので、危険物取扱者資格に挑む際は、ぜひ乙種4類にチャレンジしてください。

効率的な試験対策を押さえることができれば、短期合格を目指すことは十分に可能です。

まず、有効な方法は、過去問を重点的に取り組むこと。危険物取扱者の試験では、パターン化された問題が出題されるケースが珍しくなく、ゆえに過去の問題を多く解くことが一番の実践練習となります。

過去の試験問題を繰り返し解くことで、短期合格にぐっと近づきます。

上記の他にも、短期合格を目指すための必勝法を、無料体験講座で配信している「危険物取扱者 短期合格必勝法」で配信しています。
メールアドレスを登録するだけで、無料体験できますので、是非、お試しください。

合格者の声

スタディング 危険物取扱者講座で合格された方の合格体験談です。

見事合格された皆様に、効率的な勉強法や合格のコツを伺いました。

MWさん 2018年合格

【通勤講座(現:スタディング)はいつでもどこでも勉強ができ、
圧倒的な価格の安さが魅力です】

勤務先が危険物の一般取扱所(自家発電機用の大型重油タンクあり)であったため、会社の命令により半分嫌々で乙4を受験しました。全くの初学者で危険物には縁もゆかりもありません。当初、市販のテキスト等を購入し独学することを考えましたが、私は意思が弱くモチベーションを維持する自信もなかったので、有名な通信教育を受講しようと思いましたが、お値段が非常に高いです。どこか安いところはないか?とネットで検索をし通勤講座を見つけました。お値段が圧倒的に安く、また、スマホでいつでもどこでも勉強ができることが決め手になり、通勤講座を受講しました。

受講して良かった点とは?

何と言っても、「さぁ、やるぞ!」と意気込んで机に向かわなくても勉強ができる点が良いです。一番勉強をしたのは往復の通勤電車の中と家でゴロゴロしている時です。これは、意思や誘惑に弱い私に取って大きな力になりました。

最初は、講義で何を言っているのかさっぱりわからなくて、各講義毎にある設問の回答率もひどい有様でしたが、何回か繰り返し聞いているうちに理解できるようになります。一日5分~10分の僅かな時間でもよいので勉強を継続するとよいと思います。また、最初に講義を一通り聞き流したので、勉強しなければならない範囲の全体を把握することができました。

勉強した期間は約1か月ですが、本試験では全問正答することができました。私は問題数をこなすために市販の過去問集を購入しましたが、結果論になりますが本講座だけで試験対応は充分だと思います。

独学であれば、かなり高い確率で挫折していました。本講座と匠習作講師には感謝しています。
ありがとうございました。

※通勤講座は現在、スタディングとなっております。



すべての合格者の声を見る

危険物取扱者の短期合格法を目指す方必見!危険物 短期合格の必勝法を無料公開中!

試験の概要や短期合格の秘訣をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    短期合格セミナー
    「危険物取扱者 短期合格必勝法」
  • 通勤講座の無料体験版
    危険物取扱者講座初回版
    ①化学4「化学の基本法則と反応式」
    ②物理1「物質の状態変化」
    ③性質2「1類2類3類の特徴」

    ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、
    法令暗記ツール[サンプル]、模擬試験[サンプル]付き!
今すぐ無料セミナーと無料講座を試す