賃貸不動産経営管理士 資格について

賃貸不動産経営管理士は賃貸住宅についての知識を持つ不動産のエキスパートです。

賃貸不動産経営管理士とは?


賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家です。

賃貸住宅は、人々にとって重要な住居形態であり、その建物を適正に維持・管理することは人々の安心できる生活環境に直結します。
そのため、継続的かつ安定的で良質な管理サービスに対する社会的な期待や要望は多く、賃貸不動産の管理業務にかかわる幅広い知識を有する賃貸不動産経営管理士の活躍が期待されています。


また、令和3年4月21日に発表された国土交通省令で、賃貸不動産経営管理士は、「国家資格」となりました。

「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」で、一定の規模以上の賃貸住宅管理業者に管理事務所ごとへの1名以上の設置が義務付けられる、「業務管理者」の要件として、賃貸不動産経営管理士が認められたからです。

令和2年までの試験に合格し、登録を行った賃貸不動産経営管理士は、令和4年6月までに「業務管理者移行講習」を修了することで、現在取得している賃貸不動産経営管理士の資格が「国家資格」となります。

令和3年以降の試験を受ける方は、試験に合格し、登録を行えば「国家資格」としての賃貸不動産経営管理士資格を取得できるということになります。


賃貸不動産経営管理士の業務

「業務管理者」としての賃貸不動産経営管理士の役割は以下の管理及び監督を行うことです。

  • 賃貸住宅管理に関する重要事項説明及び書面の交付に関する事項
  • 管理受託契約書の交付に関する事項
  • 点検、清掃、必要な修繕等、賃貸住宅の維持保全の実施に関する事項
  • 賃貸住宅に係る家賃、敷金、共益費その他の金銭の管理に関する事項
  • 管理受託契約に係る記録・文書等の管理・保存等、帳簿の備付け等に関する事項
  • オーナーへの定期報告に関する事項
  • 個人情報の管理の方法等、秘密の保持に関する事項
  • 賃貸住宅の入居者からの苦情の処理に関する事項
  • 前各号に掲げるもののほか、賃貸住宅の入居者の居住の確保の安定及び賃貸住宅の賃貸に係る事業の円滑な実施を確保するため必要な事項として国土交通大臣が定める事項

どんな活躍シーンがあるの?

不動産会社への就職・転職


賃貸不動産経営管理士の資格を取得した者は、専門的な知識を学んだことの証明になり、賃貸住宅管理業務を行う事業所には設置が義務付けられる「業務管理者」となれるため、不動産業界へ就職・転職をしたい人にはとても有利といえます。

不動産事務所によっては資格手当が設けられていることもあるため、収入アップを期待することもできるといえるでしょう。

プロとしての信頼を構築できる


賃貸不動産経営管理士の資格を取得すると、賃貸不動産経営管理士証と
店頭ステッカーが交付されます。

これによって、賃貸住宅のプロとして家主や入居者に強い信頼感を与える事ができます。
また

賃貸住宅のプロフェッショナルとして入居者とやり取りをする


賃貸不動産経営管理士の資格を取得するには、賃貸住宅に関する幅広い専門知識が必要になります。

そういった知識は賃貸不動産管理事務所において必要とされる知識であり、その知識を利用して入居者に重要事項説明書の確認と捺印、説明義務があります。

管理組合員として理事会や総会に出席する場合でも、しっかりとした知識に基づいた根拠のある意見を述べられるようになると同時に、マンション管理会社との交渉もより進めやすくなるでしょう。


合格できる人とできない人の違いとは?

今なら「短期合格のコツ」がわかるセミナーを無料公開中!

スタディングは、
いますぐ無料でお試しできます。

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

「忙しくても失敗しない!賃貸不動産経営管理士 合格法5つのルール」

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 初回版

無料動画講座

基本講座初回版「賃貸借契約1」

動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる