賃貸不動産経営管理士の試験制度

まずは試験制度を知ろう。

賃貸不動産経営管理士試験の概要

賃貸不動産経営管理士試験の実施は、年に1回、例年11月中旬~下旬に行われます

試験に合格し、一定の要件を満たすことで、賃貸不動産経営管理士として登録することができます。


試験スケジュール


8月中旬ごろ
受験案内・申込書資料請求期間

8月中旬ごろ
受験申込書受付期間

例年11月中旬の日曜日  
試験日

例年 翌年の1月中旬 
合格発表

★令和2年度(2020年度) 賃貸不動産経営管理士試験の日程


受験要件

どなたでも受験できます。


試験会場

北海道、岩手、宮城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、長野、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、島根、岡山、広島、香川、愛媛、福岡、熊本、沖縄 (全国24地域)


受験料

受験料:13,200円[税込]


出題形式

4肢択一、全50問

※賃貸不動産経営管理士講習を修了している方は出題450問のうち、5問が免除されます。


試験時間

13:00~15:00(120分)


本試験出題範囲

賃貸管理に関する実用的な知識を有するかどうか等を判定することに基準を置くものとし、試験すべき事項はおおむね次のとおりとする。

  1. 賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項
  2. 賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項
  3. 賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項
  4. 管理業務の受託に関する事項
  5. 借主の募集に関する事項
  6. 賃貸借契約に関する事項
  7. 管理実務に関する事項
  8. 建物・設備の知識に関する事項
  9. 賃貸業への支援業務に関する事項(企画提案、不動産証券化、税金、保険等)
  • 問題中法令に関する部分は、令和2年4月1日現在施行されている規定に基づいて出題する。ただし、同日以降に施行される法令に関する問題を、その旨を明示したうえ出題する場合もある。


合格率

【令和元年度】
合格率36.5%
管理士講習 修了者38.4%
(受験者数23,605名/合格者数8,698名)

賃貸不動産経営管理士の登録条件

試験合格後、資格登録を行うには以下の登録要件が必要です。

宅地建物取引士(*1)、又は協議会が認める賃貸不動産関連業務(*2)に2年以上従事している又は従事していた者

  • *1 登録手続き時において、有効な宅地建物取引士証の交付を受けている方。
  • *2 協議会が認める賃貸不動産関連業務の従事者とは、宅地建物取引業、不動産管理業、不動産賃貸業(家主)及び協議会構成団体(*3)の会員とその従事者のほか、協議会が認める者。
  • *3 (公財)日本賃貸住宅管理協会、(公社)全国宅地建物取引業協会連合会、(公社)全日本不動産協会の3団体
登録料

6,600円[税込]


(一社)賃貸不動産経営管理士協議会 HP より引用

合格できる人とできない人の違いとは?

今なら「短期合格のコツ」がわかるセミナーを無料公開中!

スタディングは、
いますぐ無料でお試しできます。

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 無料動画セミナー
短期合格セミナー

「忙しくても失敗しない!賃貸不動産経営管理士 合格法5つのルール」

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 初回版
無料動画講座

基本講座初回版「賃貸借契約1」
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる