貸金業務取扱主任者登録までの流れ

貸金業務取扱主任者試験に合格後、取扱主任者として働くために必要な手続きをまとめました
試験に合格した後、資格登録が必要と聞きました。具体的にはどのような手続きになりますか?費用についても知りたいです。
貸金業務取扱主任者として働く場合には、登録が必要です。
必要書類のほとんどは、合格通知に同封されているため、自分で取得する書類はそれほど多くありません。ただ、登録手数料の払い込みや、払込受付証明書なども必要なので、チェックシートにしたがって準備していきましょう。


資格登録とは?


貸金業者は、貸金業務取扱主任者を設置することを義務付けられていますが、
主任者になる人は、もちろん資格試験に合格したうえで、主任者登録を受けた者でなくてはなりません。

試験合格後、申請手続きを行うかは自由です。手続きを行わないことで、資格試験の合格が失効することはありません。

ただし、資格試験合格から10ヶ月を超えてから主任者登録申請を行う場合には、登録講習を受けなければなりません。
ですから、合格後、早いうちに主任者登録申請をしておくことをおすすめします。


試験合格~設置までの流れ

資格試験合格

(登録講習)
※資格試験合格から10ヶ月を超えてから、主任者登録申請を行う場合のみ

登録申請に必要な書類の準備

申請書類等

注意等

貸金業務取扱主任者登録申請書

合格通知に同封

履歴書

合格通知に同封

誓約書

合格通知に同封

身分証明書

交付手数料:200~500円ほど
申請日より3ヶ月以内に発行されたもの
本籍地の市区町村役場に申請

住民票の抄本(マイナンバーが記載されていないもの)

交付手数料:200~500円ほど
申請日より3ヶ月以内に発行されたもの
本籍地の市区町村役場に申請

払込受付証明書

登録手数料:3,150円(非課税)
銀行で手数料を払い込み、銀行の受付印が付された証明書をもらう

登録申請書類チェックシート

合格通知に同封

必要な書類を確認するためのシート

(登録講習の修了証明書の写し)

資格試験合格日が登録申請する日から10ヶ月以内であれば不要

※登録講習を受けた方で、修了証明書の氏名に変更がある場合は、戸籍抄本の添付も必要になります。
例外的な手続きについては、貸金業務取扱主任者専用サイトの手引きを確認しましょう。
参考:日本貸金業協会 貸金業務取扱主任者専用サイト 「主任者登録の手引き」と申請書式

郵送で申請

貸金業協会が申請受付

審査

登録

登録完了通知を郵送で受け取る

貸金業者が主任者設置・届け出



試験合格~設置までの流れは、このようになっています。
申請から登録完了までは約2ヶ月の期間が必要と言われているので、
合格から、貸金業者の中で貸金業務取扱主任者という立場になるまでには、3ヶ月以上かかるとみておくといいでしょう。

今すぐ無料でお試しできます

オンラインセミナーを無料でご視聴いただけます。また、有料コースの無料体験受講が可能です。

スタディング貸金業務取扱主任者講座 無料セミナー
無料特典

短期合格セミナー
「貸金業務取扱主任者 短期合格のコツ」
試験の特徴と対策、効率よく学ぶ方法などを解説します。

スタディング貸金業務取扱主任者講座 無料お試し
有料講座の無料お試し

合格コースの初回版
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集を無料で体験できます。

無料講座と無料セミナーを試してみる