基本情報技術者 合格メソッド

基本情報技術者試験短期合格のための
効率的勉強法

基本情報技術者試験の特徴

試験制度

試験制度

基本情報技術者試験は、午前試験と午後試験に分かれて受験します。試験時間は150分と同じ時間ですが、それぞれ出題形式・問題数・解答数が異なります。

(午前試験)
四肢択一マークシート方式でマネジメント分野(50問)、ストラテジ分野(20問)、マネジメント分野(10問)の計80問出題されます。主に用語の意味や計算問題など、基礎知識の有無について問われます。

(午後試験)
多肢択一マークシート形式ではありますが、長文形式(一問に複数の設問)での出題となります。全13問出題され、そのうち7問(必須3問・選択4問)を解答します。午前試験とは異なり、実践的な問題解決能力やプログラミング能力といった、具体的な事例問題となっています。

合格基準は、午前試験・午後試験ごとに、100点満点中60点以上の獲得となります。


受験者層

主な受験者層

基本情報技術者試験の主な受験者層は、IT業界に従事している方(特に入社1~2年目の新入社員)もしくは従事したいと考えている方、または情報処理系の大学・専門学校に通う学生などが中心となっています。仕事に学業にといずれも忙しい方が多く、試験対策のための勉強に集中することが難しいのが現状です。 受験者アンケートを取ると、試験合格のための課題となるのは「勉強時間の確保」が第1位となり、試験に挑戦しづらい大きな壁となっているようです
そこで、スタディング 基本情報技術者講座では、受験者の皆さんが無駄な学習をしなくて済むように、午前試験・午後試験ごとに、科目の優先順位をつけることや、日々のちょっとしたスキマ時間を生かして勉強することが大切だと考えます。また、忙しい受験者の方が、試験を受けられず脱落してしまうことがないように、最後まで完走する仕組みもご用意しております。

出題傾向

出題傾向と対策

基本情報技術者試験では、午前試験と午後試験で、出題傾向と対策が異なります。ただ、両試験ともに対策のカギとなるのは、ITの基礎知識です。
ゼロからの勉強となると、専門用語の多さに戸惑うかもしれませんが、根気よく丁寧に意味を調べ定着させることで、試験対策がスムーズになります。まずは、しっかりとした基礎知識の習得を図り、つづく、午前試験・午後試験の対策を行えるよう準備をすすめましょう。

(午前試験)
午前試験の基本的対策は、過去問題の反復が一番効果的です。午前試験は過去に出題された問題と同様の問題が多く出題されます。問題が同じなら当然解答も同じになります。そのため、なるべく多く過去問題演習をこなすことが、午前試験攻略のポイントです。

(午後試験)

午後試験対策にはIT知識だけではなく、問題を読み解くための「国語力」と「読解力」が重要です。「国語力」が十分ではない場合、問題文の条件を正確に読み取れません。問題文を誤解していると、当然ながら解答も見当違いなものになります。

また、実際の現場が想定している問題では、自分自身のこれまでの経験・常識を当てはめてしまう例もあります。自身の常識がIT業界すべての常識とは限りません。違う立場から読解することも、午後試験突破には必要です。


基本情報技術者 合格メソッド 7つの原則

ここでは、スタディング 基本情報技術者講座による「基本情報技術者試験 合格メソッド」の7つの原則の概要をご紹介するとともに、この合格メソッドがどのようにスタディングのコンテンツや学習システムに組み込まれているのかをご紹介します。

  1. 午前試験・午後試験ごとに、科目の優先順位をつける
  2. 暗記はキーワードを説明できるレベルに!
  3. 短期間で集中的に繰り返す
  4. 試験対策は過去問を上手に活用する
  5. 本番の試験を想定した練習をする
  6. スキマ時間を生かして勉強する
  7. 最後まで完走する

スタディングメソッドとは

スタディングでは、長年にわたり、短期合格者がどのように学習しているかの研究を行ってきました。さらに、心理学、脳科学など、人間の能力向上に関する知見を組み合わせることで、だれでも短期合格者と同じように効率的に実力を高めるための独自の勉強法「スタディングメソッド」を磨き上げてきました。

「スタディングメソッド」には7つの原則があります。基本情報技術者講座を含む、すべてのスタディングの講座・コンテンツはこの「スタディングメソッド」に沿って自社で開発されており、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるようになっています。

また、受講者が学習するためのシステム(学習システム)もスタディングメソッドを実現するために自社で開発され、日々、機能拡張や改良を重ねています。

さらに、受講者がスタディングで学ぶことで、学習データが蓄積されます。その学習データから、上達が早い人の学習方法や行動履歴を分析し、それをスタディングメソッドの改良やコンテンツ開発や学習システムの開発に生かしているのです。
スタディングが目指しているのは、人間の能力を最大限に引き出し、最短時間で習得できるコンテンツ、学習システムを提供することです。



第1のメソッド

1.午前試験・午後試験ごとに、科目の優先順位をつける

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!

無料セミナー
「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」配信中!




無料動画講座
初回講座 :
「経営組織論」「開発プロセス・手法」「離散数学1」
「午後試験解説講座:情報セキュリティ」

【講座内容】
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、
セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる