3.短期間で集中的に繰り返すと記憶に定着する

基本情報技術者試験では、幅広い試験範囲から、膨大の量のキーワードを暗記しなければなりません。しかし、人間の脳は放っておくと知識を忘れてしまうものです。そこで、短期間で集中的に繰り返す学習により、記憶の定着率を高くします。

エビングハウスの忘却曲線

人間の脳は、一回記憶しただけではすぐに忘れてしまいます。エビングハウスの実験では、一度覚えた内容も1時間後には56%忘れ、1日後に74%忘れてしまった、という結果が出ています。これをエビングハウスの忘却曲線と呼びます。
記憶に定着させるには、完全に忘れる前に、復習をして思い出すことが必要です。これを何度か繰り返すと記憶は定着するのです。


忘却曲線。記憶は時間とともに減却し、1時間後に56%忘れ、1日後には74%忘れる繰り返し記憶することで忘却曲線は緩やかになり、記憶が固定化する

スタディング 基本情報技術者講座では

スタディング 基本情報技術者講座では、この忘却曲線理論を、基本情報技術者試験合格のために活用しています。
短期間で合格する人は、短時間で何度も繰り返し復習をしています。
1回あたりの勉強時間を短く、復習や問題練習の回数を多くしているのです。
そこで、基本情報技術者講座のカリキュラムでは、インプット学習の後で、復習や問題練習をすぐに始めるようにしています。復習と問題練習を繰り返しながら覚えていくことで、試験に合格する実力を早期に身につけられるようにしています。


スタディング 基本情報技術者講座の学習の流れ

まず、初回の学習をわかりやすいビデオ講座(または音声講座)で行います。

ビデオ講座・音声講座は1講座あたり30分~60分程度となっており、短時間で学習できる単位にまとめられています。
さらに、倍速再生機能があるため、短時間で繰り返し復習することが可能です。

ビデオ講座が終了した後は、すぐに問題練習が行えるようになっています。
問題練習は、基礎的な問題から、本試験レベルの問題まで段階的に用意されているため、順番に解くことで無理なく実力が身につきます。
問題練習の際には、「復習モード」機能により、短時間で苦手な箇所を克服し、得意分野に変えることができます。
また、講座や問題については、最適な順番で学べる「学習フロー機能」が搭載されているため、迷うことなく合格するための実力が身につきます。


本メソッドを実現するスタディング 基本情報技術者講座の特長・機能

  1. ビデオ・音声講座
    ビデオ講座・音声講座は1講座あたり30分から60分程度となっており、短時間で学習できます。
    初心者でも分かりやすいビデオ講座/音声講座により、知識をスムーズにインプットできます。
    さらに、倍速再生機能により、忙しい方でもより短時間で繰り返し復習できます。
    ビデオ・音声講座
  2. アウトプットまでの時間を短くする
    ビデオ講座受講後に、すぐに基礎的な「スマート問題集」などの問題練習に進むことにより、基礎知識が定着します。問題の内容は、本試験の過去問を分析し、本試験の問題を解く上で必須の知識について重点的に出題しています。また、問題を解いた後に、わかりやすい解説を読むことで効率よく試験に合格するための基礎知識を吸収できるように作られています。
    スマート問題集
  3. 学習フロー機能
    基本情報技術者試験に合格するためのコツは、「問題練習をしながら実力をつける」ことです。スタディング 基本情報技術者講座では、ビデオ/音声講座でインプットした後、最適な順番で学習できるように「学習フロー機能」を設けています。
    「スマート問題集」で学習内容を点検しつつ、問題を解く練習をします。さらに、試験問題と同じ形式の「実力テスト」によって、試験に合格するための実力が身につきます。
    学習フロー機能

次のメソッド

4.試験対策は過去問を上手に活用する

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!

無料セミナー
「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」配信中!




無料動画講座
初回講座 :
「経営組織論」「開発プロセス・手法」「離散数学1」
「午後試験解説講座:情報セキュリティ」

【講座内容】
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、
セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる