6. スキマ時間を生かして勉強する

受験生の課題は勉強時間の確保

基本情報技術者試験の受験生の方にアンケートを取ると、困っていることとして「勉強時間の確保」という問題が挙がります。
社会人の方や学生の方が基本情報技術者資格を取得するには「スキマ時間」の活用が欠かせません。
ただ、日々忙しくまとまった学習時間は取れなくても、通勤・通学の電車の中や、休み時間、移動中の時間、待ち合わせの時間、食後の時間、寝る前などちょっとした空き時間は意外と見つかるはずです。基本情報技術者試験は広い範囲における知識の習得が必要となりますが、 スキマ時間で基礎学習を行ったうえで、机に向かって行う学習を進めれば、社会人や学生など忙しい方でも効率的に学習を進めることができます。


勉強場所の固定観念を変える

「勉強は机に向かって行うもの」という意識はありませんか?学生時代の名残から、勉強は、机にテキストや問題集、ノートなどを広げて行うもの、という思い込みがあるのかもしれません。

勉強は、学生時代の影響で、テキスト・ノートを広げて「机に向かって行うもの」という意識はありませんか?この思い込みが中々勉強を継続できない大きな理由となります

また、「物理的に勉強しにくい」という理由も大きな原因となります。例えば、通勤電車で勉強を行いたい場合は、座席に座れなければ、テキストを広げることもできません。特に、基本情報技術者試験は試験範囲が広く、過去問題の数も膨大なので、参考書や問題集が分厚くなりがちです。
そんな持ち歩くのも大変な教材では、勉強すること自体一苦労です。

もう1つ、「どうやって勉強したらよいか分からない」という理由もあります。細切れの時間に、どのような教材で、どうやって勉強すればよいか分からないので、スキマ時間があっても勉強できないのです。5分間の空き時間があったとしても、その時に教材を携帯していないと勉強できません。

スキマ時間で勉強するには、スキマ時間で勉強できる教材を準備しておく事が重要です。



スタディング 基本情報技術者講座では

スキマ時間を生かして勉強できるように講座やシステムが作られています。
スマートフォンやタブレット、携帯音楽プレーヤーなどでいつでも学べることにより、少しでもスキマ時間ができた時にすぐに勉強することができます。
ビデオ講座は、1講座30分~60分程度で、講座内は5分~10分程度の動画クリップで構成されているため、細切れの時間でも受講しやすくなっています。
問題練習も、数分あれば手元のスマートフォン等で1問解くことができます。
これを積み重ねることが、基本情報技術者試験の合格につながるのです。

本メソッドを実現するスタディング 基本情報技術者講座の特長・機能

  1. スキマ時間でいつでも
    スマートフォンやタブレット、携帯音楽プレーヤーいつでも学べることにより、少しでもスキマ時間ができた時にすぐに勉強できます。
    スキマ時間でいつでも
  2. 細切れ時間を使いやすい講座構成
    ビデオ講座は、1講座30分~60分程度で、講座内は5分~10分程度の動画クリップで構成されているため、細切れの時間でも受講しやすくなっています。
    細切れ時間を使いやすい講座構成
  3. 一問一答を繰り返す
    スマート問題集は、数分あれば手元のスマートフォン等でサクサク解くことができます。これを積み重ねることで合格のための実力が身につきます。
    一問一答を繰り返す

次のメソッド

7.最後まで完走する

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!

無料セミナー・無料講座を試す

無料セミナー
「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」配信中!




無料セミナー・無料講座を試す

無料動画講座
初回講座 :
「経営組織論」「開発プロセス・手法」「離散数学1」
「午後試験解説講座:情報セキュリティ」

【講座内容】
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、
セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる