7. 最後まで完走する

合格者のピラミッド

基本情報技術者試験に合格できない最大の要因は何でしょうか?
それは、途中で基本情報技術者試験の勉強をやめてしまうことです。 これを図にしたのが「合格者のピラミッド」です。

合格者のピラミッド 合格者 最後まで勉強して不合格 最後まで勉強せず不合格 申し込んだが受験しなかった 勉強を途中でやめてしまった人 最後まで勉強した人と途中でやめてしまった人に別れる

試験で公表されているデータは、申込者数、受験者数、合格者数の数字です。
しかし、実際には、受験する前に「勉強を途中でやめてしまった人」がたくさんいます。

次に、「申込みはしたものの受験しなかった人」がいます。
さらに、受験した人の中でも「最後まで勉強が終わっていなかった」ため不合格になっている人が多いのです。
これらの人はすべて「最後まで完走しなかったため、不合格になった人」です。

勉強を途中でやめてしまう原因

勉強を途中でやめてしまう大きな原因として、「試験自体のハードルが高い」ことが挙げられます。

基本情報技術者試験の午後試験は、午前試験と比較して難解な問題が多くなっています。
ITの基礎知識だけではなく、問題を正しく読み解く「国語力」、「読解力」が求められます。

そのため、何も対策を立てないまま、学習を始めてしまうと、
あまりのハードルの高さに、勉強をあきらめてしまう方が多くいることが挙げられます。

また、「勉強法や計画に無理がある」が多いです。例えば、「毎日、仕事から帰ってから3時間勉強する」というのは大変です。
しかし、スタディングでは、スキマ時間で効率よく勉強できるため、忙しくても無理なく続けることができます。

「モチベーションが続かない」という問題も多くの人が抱えています。
これに対する解決法は色々あります。
1つは「小さい成功体験を積み重ねる」という方法が有効です。
「合格」という目標は遠いので、日々そこに近づいている実感は湧きにくいものです。
しかし、日々、講座を完了し、問題が解けるようになれば、やる気は継続しやすくなります。


途中でやめなければ、合格する可能性が高くなる

もちろん、最後までしっかり勉強をしても、残念ながら不合格になってしまう人もいます(試験は運という要素もあります)。
しかし、「途中でやめてしまう人」に比べると、圧倒的に人数は少ないです。
最後まで勉強すれば、それだけで合格の確率がかなり高くなります
そのため、「合格者のピラミッド」の図の中で、「最後まで勉強した人」の枠に入ることが重要です。
これは当然のように思うかもしれませんが、現実には、図の「途中でやめてしまった人」の枠に入ってしまう人の方が多いのです。

途中でやめなければ、合格する可能性がかなり高くなる」ということを覚えておきましょう。

スタディング 基本情報技術者講座では

講座の単位が比較的短い時間で設定されているため、日々クリアしていくことができます。
スマート問題集では、終わるたびにスコアが表示され、前回からどれぐらい伸びたのかも一目で分かります。
また、学習レポート機能では、毎日の学習時間や講座の完了数などが自動的に記録され、分かりやすいグラフで見ることができます。これを見ることで、学習の積み重ねを実感できるため、学習を続けようというやる気をキープすることができます。
さらに、スタディングには、勉強仲間機能という登録者専用のSNSがあります。資格勉強では、「勉強の習慣化」が合格に大きく影響するため、勉強仲間がいる人の方が合格しやすいという特徴があります。この機能を利用することで、基本情報技術者試験合格を目指す仲間を作り、勉強継続のモチベーションを保つことができます。

勉強仲間機能

本メソッドを実現するスタディング 基本情報技術者講座の特長・機能

  1. 小さい成功体験
    スタディング 基本情報技術者講座では、講座が短い単位に設定されているため、日々講座をクリアするという「小さい成功体験」を得ることで、学習を継続しやすくなります。
    学習フロー
  2. スコア表示でモチベーションアップ
    スマート問題集では、終わるたびにスコアが表示され、前回からの伸びも一目で分かります。また、全受講者の平均と比較されるため、問題を繰り返し解き、得点を高めるモチベーションにつながります。
    スマート問題集終了画面
  3. 学習レポート
    学習レポート機能では、毎日の学習時間や講座の完了数などが表示されるため、自分が学習を積み重ねてきたことが実感でき、さらに学習のやる気が出てきます。
    すべての講座種別の講座終了数のグラフ
  4. 勉強仲間機能
    スタディングには、勉強仲間機能という登録者専用のSNSがあります。資格勉強では、「勉強の習慣化」が合格に大きく影響するため、勉強仲間がいる人の方が合格しやすいという特徴があります。この機能を利用することで、基本情報技術者資格を目指す仲間を作り、勉強継続のモチベーションを保つことができます。
    勉強仲間機能

基本情報技術者試験合格メソッド一覧へ戻る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!

無料セミナー
「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」配信中!




無料動画講座
初回講座 :
「経営組織論」「開発プロセス・手法」「離散数学1」
「午後試験解説講座:情報セキュリティ」

【講座内容】
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、
セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる