1.午前試験・午後試験ごとに、科目の優先順位をつける

午前試験・午後試験ごとに、科目の優先順位をつける

優先順位をつけよう!

基本情報技術者試験に短期間で効率よく合格するには、「午前試験・午後試験ごとに、科目の優先順位をつけて勉強する」ことが重要です。

当たり前すぎるにように思われるかもしれませんが、実は、なかなか合格できない人は、試験に出ない所に時間をかけて、試験によく出るところに時間をかけていないケースが多いのです。

特に、基本情報技術者は、情報処理分野のみならず、経営・会計分野、マネジメント分野と試験範囲が幅広くなっているので、すべての範囲をまんべんなく学習しようとすれば、膨大な時間がかかってしまいます。

この原因の1つは、「テキストの先頭から順番に、丁寧に学習する」のが正しいという思い込みが強いことです。例えば、テキストの先頭の方の内容がほとんど試験に出題されていない場合は、この部分は軽く流して、後半の試験で良く出題される所をしっかり勉強した方が効率的です。

午後試験はあらかじめ解く問題を決めておく!

また、基本情報技術者試験の午後試験は、全部で13問出題され、そのうち7問を選択し解答する形式(必須問題3問、選択問題4問)となっています。午前試験と同様に出題される範囲を全てカバーするのは、かなりの時間と労力がかかりますが、あらかじめ、過去問等で、自身が解きやすい分野・問題を決めて置き、対策する範囲を絞っておけば、かける時間も労力もぐっと少なります。

本番試験の際にも、どの問題を選ぶか迷う必要がないので、試験時間に余裕ができ、解答に十分に時間をかけることができます。

スタディング 基本情報技術者講座では

スタディングでは、過去問を徹底的に分析し、出題される可能性が高い内容について、特に注力して学べるような教材づくりをしています。

また、試験でめったに出題されない、難しい論点については、優先度を下げています。こういったテーマに時間をかけるよりも、良く出題される論点の方を先に学習すべきだからです。

更に、ビデオでのインプット学習は早めに終了し、すぐに実践的な問題練習を通じて実力をアップする流れになっているため、従来のテキスト中心の学習者が陥りがちだった、「試験に関係ないテーマについて、無駄に時間をかけてしまう」事が避けられるようになっています。

合格カリキュラム



本メソッドを実現するスタディング 基本情報技術者講座の特長・機能

  1. 頻出テーマに注力
    スタディング 基本情報技術者講座では、過去問を徹底的に分析し、出題される可能性が高いテーマに注力して学べる教材づくりをしています。
    失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法
  2. インプットからアウトプットへ素早く移行
    ビデオでのインプット学習は早めに終了し、すぐにスマート問題集やセレクト過去問集などの問題演習を通じて実力をアップする流れになっており、インプット学習に時間をかけすぎないようになっています。
    学習フロー機能

次のメソッド

2.暗記はキーワードを説明できるように!

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!

無料セミナー
「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」配信中!




無料動画講座
初回講座 :
「経営組織論」「開発プロセス・手法」「離散数学1」
「午後試験解説講座:情報セキュリティ」

【講座内容】
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、
セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる