4. 試験対策は過去問を上手に活用する

基本情報技術者試験における過去問の重要性

基本情報技術者試験において、最も多く受験者に活用されている受験対策は、基本情報技術者試験の過去問題です。情報処理の基礎知識がある受験者でも、通常は過去問題を反復して試験に臨みます。また、過去問題は基本情報技術者試験の傾向がつかめるだけではありません。

(午前試験)
午前試験に関しては、過去問題とまったく同じ問題が出題されることもあります。知っている問題があれば、試験が大幅に有利になるでしょう。

同じ問題は当然答えも同じです。過去問題で学習していれば、確実に得点を稼ぐことが可能です。すぐに答えがわかるため、実際の試験の時間配分にも余裕ができ、十分実力を発揮できる時間を確保できます。

(午後試験)
過去問題と同じ問題が多い午前試験に対し、午後試験では過去問題と同じ問題は出題されません。しかし、過去問で学習しておけば出題の傾向をつかむことは可能です。午前試験対策と同様に多くの問題に触れておくことは重要ですが、答えを丸暗記するのではなく、1問ごとになぜこのような解答になるのかといった、問題の理解を深めることを重視しましょう。

過去問は正解を見て解き方を覚えるもの

上記で述べている通り、基本情報技術者試験において過去問学習は欠かせません。
短期間で合格した人は、早い段階から「過去問」を活用しています。
ところが、なかなか合格できない人は、多くの場合「過去問」をあまり活用していません。

取り組んだとしてもせいぜい1回ぐらいしか解いていない人が多いのです。

実際のところ、「過去問を解くのに時間がかかってしまい、途中までしか終わらなかった。」という人や
「過去問を解いてみたが、難しすぎて途中であきらめてしまった。」という人も多いようです。

こういった人は、

▲過去問は解くものだ

と思って、一生懸命解こうとします。しかし、ほとんどの過去問は最初は歯が立ちません。それでもなんとか解こうとして、時間をかけて考えます。でも、一生懸命に考えた解答は、違っています。それで、テキストを振り返り、分からないことは調べて、やっと次に進みます。

この方法だと、とても時間がかかります。試験日までに過去問練習が終わらない可能性すらあります。

ところが、短期間で合格する人は、

●過去問は正解を見て解き方を覚えるものだ

と思っているため、分からないと判断した場合には、すぐに正解と解説を見ます。
過去問が解けるようになれば、高い確率で試験に合格します。

ということは、どんな問題が良く出題されるかを覚えて、その問題と解法を含めて覚えてしまえば良いわけです。

問題を読み、分からなかったらすぐ答えを見る。そして、解説を読んで、どんどん知識を追加していけば良いのです。


スタディング 基本情報技術者講座では

スタディング 基本情報技術者講座では、基本講座の後にスマート問題集を設けています。
スマート問題集では、「練習モード」「復習モード」「本番モード」という3つの方法で解くことができます。
「練習モード」では、問題に答えた直後に正解・解説が表示されます。分からない問題は、すぐに正解と解説を見て、解き方を覚えるのがおすすめです。解説はわかりやすく丁寧に記載されているため、これを読んで理解することが解答力アップにつながります。
「復習モード」では、一度「練習モード」で解いた後で、前回間違った問題や、「要復習」に印をつけた問題だけが出題されます。復習モードを繰り返すことで、間違った問題や理解不足の問題をつぶしていけます。
「本番モード」では、本番試験と同じように、全問を制限時間内に解く練習ができます。最後の段階での実力チェックや仕上げにお勧めです。

さらに、午後試験対策として、午後試験の過去問を専任講師が、わかりやすく解説した講座を用意しており、問題毎の傾向・理解を十分に深めることができます。

本メソッドを実現するスタディング 基本情報技術者講座の特長・機能

  1. 練習モード
    最初に問題練習・過去問練習をする際には、「練習モード」で解くことにより、問題に答えた直後に正解・解説が表示されるため、分からない問題に時間をかけずに、解き方を覚えることができます。また、問題の解説はわかりやすく記載されているため、これを読んで理解することが解答力アップにつながります。
    練習モード
  2. 分かりやすい解説
    問題の解説はわかりやすく丁寧に記載されており、これを読んで理解することが解答力アップにつながります。
    復習モード
  3. 復習モード
    一度問題を解いた後で、「復習モード」で解くと、前回間違った問題や、前回「要復習」に印をつけた問題だけが出題されるため、復習モードを繰り返す事で、間違った問題や理解不足の問題をつぶせます。
    復習モード
  4. 本番モード
    最後に「本番モード」で解くことで、本試験と同じように、全問を制限時間内に解く練習ができ、最終チェックや仕上げができます。
    本番モード

次のメソッド

5.本番の試験を想定した練習をする

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!

無料セミナー・無料講座を試す

無料セミナー
「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」配信中!




無料セミナー・無料講座を試す

無料動画講座
初回講座 :
「経営組織論」「開発プロセス・手法」「離散数学1」
「午後試験解説講座:情報セキュリティ」

【講座内容】
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、
セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる