FP試験 合格メソッド

FP試験短期合格のための
効率的勉強法

FP試験 合格メソッド 7つの原則

ここでは、スタディング FP講座による「FP試験 合格メソッド」の7つの原則の概要をご紹介するとともに、この合格メソッドがどのようにスタディングのコンテンツや学習システムに組み込まれているのかをご紹介します。

  1. 短期間で集中的に繰り返す
  2. 画期的な暗記法で効率よく覚える
  3. 試験本番から逆算して勉強する
  4. スキマ時間を活用して勉強する
  5. 過去問は重要な教材として解き方を覚える
  6. 試験本番を想定した練習をする
  7. 最後まで完走する


FP試験の特徴と7つの原則

試験制度

試験制度

FP試験は、大きく6つの科目で構成されています。試験問題では、広い学習範囲の中から、経済・お金に関する各種の制度やしくみについて正確な理解ができているかが問われます。また、学科試験と実技試験に分かれているという特徴もあります。学科試験は択一形式ですが、実技試験は資料の読み取りや計算問題への対応が必要となります。そのため、用語や制度の内容を効率的に覚え、実技試験に対応できるようにすることが試験合格のための重要なポイントとなります。そこで、スタディング FP講座では、短期間で集中的に繰り返すことや、画期的な暗記法で効率よく覚えることを重視しています。

受験者層

主な受験者層

FP試験の主な受験者層は、会社員・自営業者などの社会人です。皆さん忙しい方が多く、長時間勉強できる余裕はありません。実際に、試験合格のための課題は「勉強時間の確保」という声をよくお聞きします。
そこで、スタディング FP講座では、受験者の皆さんが無駄な学習をしなくて済むように、試験本番から逆算して勉強することや、日々のちょっとしたスキマ時間を活用して勉強することが大切だと考えます。また、試験を受けられず脱落してしまうことがないように、最後まで完走する仕組みもご用意しております。

出題傾向

出題傾向

FP試験では、過去問の類題が出ることがよくあります。言い回しが多少変更される場合もありますが、同様の問題が繰り返し出ることもあるのです。そのため、FP試験は、過去問を活用すれば効率的に合格できる試験といえます。過去問は重要な教材として解き方を覚えるという考え方が必要です。
そこで、スタディング FP講座では、過去問分析を徹底的に行い、よく出る過去問を厳選した「セレクト過去問題集」という教材をご用意しています。また、特に実技試験では時間が足りなかったという声もよく聞かれます。そのため、FP試験のための事前準備として、試験本番を想定して問題演習を行うことが大切です。


スタディングメソッドとは

スタディングでは、長年にわたり、短期合格者がどのように学習しているかの研究を行ってきました。さらに、心理学、脳科学など、人間の能力向上に関する知見を組み合わせることで、だれでも短期合格者と同じように効率的に実力を高めるための独自の勉強法「スタディングメソッド」を磨き上げてきました。

「スタディングメソッド」には7つの原則があります。税理士講座を含む、すべてのスタディングの講座・コンテンツはこの「スタディングメソッド」に沿って自社で開発されており、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるようになっています。

また、受講者が学習するためのシステム(学習システム)もスタディングメソッドを実現するために自社で開発され、日々、機能拡張や改良を重ねています。

さらに、受講者がスタディングで学ぶことで、学習データが蓄積されます。その学習データから、上達が早い人の学習方法や行動履歴を分析し、それをスタディングメソッドの改良やコンテンツ開発や学習システムの開発に生かしているのです。
スタディングが目指しているのは、人間の能力を最大限に引き出し、最短時間で習得できるコンテンツ、学習システムを提供することです。



第1のメソッド

1.短期間で集中的に繰り返す


過去問分析と試験対策が無料でご覧いただけます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座
無料動画講座

【基本講座無料お試し】
動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】動画解説

無料特典冊子・問題
無料特典冊子・問題

【FP試験過去問分析‐詳細版(2級/3級)】
【実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)】
【よく出る一問一答集60 FP2級・3級】

無料講座と無料セミナーを試してみる