4. スキマ時間を活用して勉強する

受験生の課題は勉強時間の確保

FP試験の受験生の方にアンケートを取ると、困っていることとして「勉強時間の確保」という問題が挙がります。
社会人の方や学生の方がFP資格を取得するには「スキマ時間」の活用が欠かせません。
ただ、日々忙しくまとまった学習時間は取れなくても、通勤・通学の電車の中や、休み時間、移動中の時間、待ち合わせの時間、食後の時間、寝る前などちょっとした空き時間は意外と見つかるはずです。FP試験は6科目の広い範囲における学習が必要となりますが、 スキマ時間で基礎学習と問題演習を積み重ねていけば、社会人や学生など忙しい方でも効率的に学習を進めることができます。


勉強場所の固定観念を変える

「勉強は机に向かって行うもの」という意識はありませんか?学生時代の名残から、勉強は、机にテキストや問題集、ノートなどを広げて行うもの、という思い込みがあるのかもしれません。
たしかに、電車のつり革につかまりながら、電卓をたたいて計算問題を行うのは難しいかもしれません。
しかし、制度の理解や用語の暗記、ちょっとした計算の解答や解法の確認などであれば、机の前でなくてもスキマ時間に勉強することが可能です。


スタディング FP講座では

スキマ時間を生かして勉強できるように講座やシステムが作られています。
スマートフォンやタブレット、携帯音楽プレーヤーなどでいつでも学べることにより、少しでもスキマ時間ができた時にすぐに勉強することができます。
ビデオ講座は、1講座30分~40分程度で、講座内は5分~10分程度の動画クリップで構成されているため、細切れの時間でも受講しやすくなっています。
問題練習も、数分あれば手元のスマートフォン等で数問解くことができます。
これを積み重ねることが、FP試験の合格につながるのです。

本メソッドを実現するスタディング FP講座の特長・機能

  1. スキマ時間でいつでも
    スマートフォンやタブレット、携帯音楽プレーヤーでいつでも学べることにより、少しでもスキマ時間ができた時にすぐに勉強できます。
    スキマ時間でいつでも
  2. 細切れ時間を使いやすい講座構成
    ビデオ講座は、1講座30分~40分程度で、講座内は5分~10分程度の動画クリップで構成されているため、細切れの時間でも受講しやすくなっています。
    細切れ時間を使いやすい講座構成
  3. 一問一答を繰り返す
    スマート問題集は、数分あれば手元のスマートフォン等でサクサク解くことができます。これを積み重ねることで合格のための実力が身につきます。
    一問一答を繰り返す

次のメソッド

5.過去問は重要な教材と捉えて解き方を覚える


過去問分析と試験対策が無料でご覧いただけます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座
無料動画講座

【基本講座無料お試し】
動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】動画解説

無料特典冊子・問題
無料特典冊子・問題

【FP試験過去問分析‐詳細版(2級/3級)】
【実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)】
【よく出る一問一答集60 FP2級・3級】

無料講座と無料セミナーを試してみる