第1章 短期間で合格するための秘訣とは Part.3

2次試験を意識した1次試験の勉強をする

中小企業診断士 短期間で合格するための秘訣とは



2次試験を意識した1次試験の勉強をする

2次試験に照準を合わせる

中小企業診断士試験は、ここ数年は1次、2次試験ともに2割程度の合格率で推移しています。

1次試験は、科目合格だけを狙って受験する人もいるため、見かけ上の合格率よりは合格しやすくなっています。逆に、2次試験は、1次をクリアした人だけが受験してくるため、1次よりも難しくなります。よって、学習の始めの段階から2次試験を意識した勉強をしておくことが重要です。1次試験は足切りで、2次試験が本番と思っておくと良いでしょう。


1次と2次の共通点から見た学習の優先順位

1次試験と2次試験の共通点を見ると、1次と2次を一緒に勉強する効率的な方法が分かります。まず、それぞれの科目の大まかな関係を表すと以下のようになります。


これを見ると、1次試験の科目でも2次試験と関連が強いものと、ほとんど関係が無いものがあるものが分かると思います。
2次試験から見たときに、特に重要な1次試験の科目は、「企業経営理論」、「運営管理」、「財務・会計」です。この3科目は、2次試験の内容に直接関連します。また、科目の中でも2次試験と関連が深い部分と、そうでない部分が存在します。

また、「経営情報システム」も2次試験に関係します。ただし、細かいITの知識はほとんど問われることは無く、経営から見たときにどのような情報やシステムが必要になるかという方向性を問われることがほとんどです。
「中小企業経営・中小企業政策」は、ほとんど直接は2次試験で出題されることはありませんが、中小企業白書で取り上げられているような昨今の中小企業の経営課題に関連したテーマで出題されることは考えられます。
逆に、ほとんど2次試験に関連しないのは、「経済学、経済政策」と「経営法務」です。この2科目はほぼ1次試験対策だけと考えてよいでしょう。


前へ 目次に戻る 次へ

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる15%クーポン付き