有価証券の期末評価 - 中小企業診断士 財務会計 令和2年 第3問

ピックアップ過去問解説

問題

有価証券の期末評価に関する記述として、最も適切なものはどれか。なお、有価証券の時価は著しく下落していないものとする。

ア 子会社株式および関連会社株式は、取得原価をもって貸借対照表価額とする。

イ その他有価証券は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は当期の損益として処理する。

ウ 売買目的有価証券は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は貸借対照表の純資産の部に直接計上する。

エ 満期保有目的の債券を額面金額と異なる価額で取得した場合、取得価額と債券の額面金額との差額の性格が金利の調整と認められるときは、額面金額をもって貸借対照表価額とする。


解答・解説

解答:ア

本問では、有価証券の期末処理について問われています。有価証券に関する細かい知識を問われているためやや難しい問題です。

有価証券は、株式会社の株式や社債、国が発行する国債などの証券のことです。有価証券は、その保有目的により次のように、「売買目的有価証券」「満期保有目的の債券」「子会社株式および関連会社株式」「その他有価証券」に分類されます。

売買目的有価証券

時価の変動により利益を得ることを目的としているため、期末で時価評価し、評価差額は当期の損益として損益計算書に計上する。

満期保有目的の債券

満期まで保有することを目的としていると認められる社債その他の債券であるため、期末で時価評価しない。

子会社および関連会社株式

当該企業への影響力の行使を目的として保有する株式であり、時価の変動は投資の成果とはいえないため、期末で時価評価しない。

その他有価証券

長期的には売却が想定されるが、直ちに売却するとはいえないため、期末で時価評価するが、評価差額は損益とせず純資産に計上する。


選択肢アですが、「子会社株式および関連会社株式」は、当該企業への影響力の行使を目的として保有する株式のことです。時価の変動により利益を得ることを目的としていないため、「取得原価」で「貸借対照表」に表示します。よって、適切です。

選択肢イですが、「その他有価証券」は、長期的には売却が想定されるが、直ちに売却するとはいえないため、期末で時価評価するが、評価差額は損益とせず純資産に計上します。したがって、「時価をもって貸借対照表価額とし」いう記述は正しいですが、「評価差額は当期の損益として処理する」という記述は誤っています。よって、不適切です。

選択肢ウですが、「売買目的有価証券」は、時価の変動により利益を得ることを目的としているため、期末で時価評価し、評価差額は当期の損益として損益計算書に計上します。したがって、「時価をもって貸借対照表価額とし」いう記述は正しいですが、「評価差額は貸借対照表の純資産の部に直接計上する」という記述は誤っています。よって、不適切です。

選択肢エですが、「満期保有目的の債券」は、満期まで保有することを目的としていると認められる社債その他の債券であるため、期末で時価評価しません。ただし、「取得価額と債券金額との差額の性格が金利の調整と認められるときには償却原価法に基づいて算定された価額をもって貸借対照表価額とする。」とあります。したがって、「償却原価法」に基づいて算定された償却原価をもって貸借対照表価額とするため、「額面金額」という記述は誤っています。よって、不適切です。

よって、正解はアになります。


学習するには

財務会計
2-2 「簿記の基礎知識」◆決算手続

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き