刑訴法-告訴
予備試験平成27年 第15問

司法試験ピックアップ過去問解説

問題

告訴に関する次のアからオまでの各記述のうち,誤っているものの組合せは,後記1から5までのうちどれか。ただし,判例がある場合には,それに照らして考えるものとする。


ア.Aが暴行を用いて性交された場合,Aの夫は,「犯罪により害を被った者」として告訴権を有する。

イ.被害者の法定代理人がした告訴を被害者本人が取り消すことはできない。

ウ.告訴は,適法に受理された後はこれを取り消すことができない。

エ.器物損壊罪の被害者が犯人をXと指定して告訴したが,捜査の結果,犯人はYであることが判明した場合,その告訴はYに対して有効である。

オ.一通の文書でA及びBの名誉が毀損された場合,Aがした告訴の効力は,Bに対する名誉毀損の事実には及ばない。


1.ア イ  2.ア ウ  3.イ エ  4.ウ オ  5.エ オ



解答・解説

解答:2

ア 誤り

※法改正に伴い、問題文を変更しています。

「犯罪により害を被った者」は当該犯罪の被害者をいい、強制性交等罪の被害者の夫はこれに含まれません(大判M44.6.8は妻に対する名誉棄損につき、その夫は被害者ではないとされています)。

したがって、記述アは誤っています。

イ 正しい

被害者の法定代理人は、独立して告訴をすることができます(231条1項)。「独立して」とは、本人の意思と無関係にという意味であるため、法定代理人のした告訴を本人が取り消すことはできないと解されます。

したがって、記述イは正しいといえます。

ウ 誤り

告訴は、公訴の提起があるまでこれを取り消すことができます(237条1項)。

したがって、記述ウは誤っています。

エ 正しい

告訴は、犯罪事実につき犯人の処罰を求める旨の意思表示であり、判例は、告訴には必ずしも犯人を特定する必要はなく、犯人を誤っていても有効であるとしています(大判S12.6.5)。

したがって、記述エは正しいといえます。

オ 正しい

238条は告訴不可分の原則を定めたものと解され、主観的不可分の原則が明示的に定められているのみですが、客観的不可分の原則も定めていると解されます。

客観的不可分の原則からは、一通の文書でA及びBの名誉棄損がされた記述オの場合、観念的競合により、一罪となります。そのため、Aがした告訴の効力が、Bに対する名誉棄損の事実にも及ぶとも思われます。

しかし、告訴は被害者自身が、犯人の処罰を求める意思表示をするものであることから、被害者が異なる場合には、客観的不可分の原則は、告訴をしなかった被害者に対する犯罪には適用されないと解されます。したがって、Aがした告訴の効力は、Bに対する名誉棄損の事実には及ばないこととなり、記述オは正しいといえます。

合否を分けるのは、
勉強の「量」ではなく
「やり方
」の差

司法試験合格
5つのルール
を無料公開!

無料セミナーと冊子の無料ダウンロード
会員登録(無料)特典

・短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」配信中!

・ダウンロード冊子「学習スタートガイドー試験攻略ポイントと短期合格者の勝ちパターン」プレゼント中!




無料基本講座
無料動画講座

・基本講座体験版「憲法9 人権各論(1) 」、「合格特別講義1-学習方法について(1)」 ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き

・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き!

スタディングを無料で試してみる