刑訴法-公判前整理手続
予備試験平成26年 第23問

司法試験ピックアップ過去問解説

問題

公判前整理手続について刑事訴訟法が定める次のアからオまでの各手続を,その進行の順序に従って並べた場合,正しいものは,後記1から5までのうちどれか。


ア.検察官による証明予定事実記載書面の提出及び送付並びに同書面記載の事実を証明するために用いる証拠の取調べ請求

イ.弁護人による類型証拠の開示請求

ウ.事件の争点及び証拠の整理の結果の確認

エ.弁護人による主張関連証拠の開示請求

オ.弁護人による証明予定事実その他の公判期日においてすることを予定している事実上及び法律上の主張の明示


1.アイウエオ  2.アイオエウ  3.アオウイエ

4.イアエオウ  5.イエアオウ



解答・解説

解答:2

公判前整理手続の進行の順序は、概ね以下のとおりです。

※同じ数字の手続は先後関係が厳密に定まっているわけではありません。


(1)公判前整理手続に付する決定(316条の2)

(2)検察官による証明予定事実記載書面の提出及び送付(316条の13第1項)、証拠取調べ請求(同2項)・・・手続ア

(3)検察官請求証拠の開示(316条の14)

(4)類型証拠開示(316条の15)・・・手続イ

(5)検察官請求証拠に対する被告人・弁護人の意見表明(316条の16)

(5)被告人・弁護人による主張の明示(316条の17第1項)、証拠取調べ請求(同2項)・・・手続オ

(5より後、8より前)主張関連証拠の開示(316条の20)・・・手続エ

(6)被告人・弁護人請求証拠の開示(316条の18)

(7)被告人・弁護人請求証拠に対する検察官の意見表明(316条の19)

(8)検察官による証明予定事実の追加変更(316条の21第1項)、証拠取調べ請求(同2項)

(9)被告人・弁護人による主張の追加・変更(316条の22第1項)、証拠取調べ請求(同2項)

(10)公判前整理手続の終了、事件の争点及び証拠の整理の結果の確認(316条の24)・・・手続ウ

したがって、手続を進行の順序に従って並べた場合、 アイオエウ となります。

合否を分けるのは、
勉強の「量」ではなく
「やり方
」の差

司法試験合格
5つのルール
を無料公開!

無料セミナーと冊子の無料ダウンロード
会員登録(無料)特典

・短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」配信中!

・ダウンロード冊子「学習スタートガイドー試験攻略ポイントと短期合格者の勝ちパターン」プレゼント中!




無料基本講座
無料動画講座

・基本講座体験版「憲法9 人権各論(1) 」、「合格特別講義1-学習方法について(1)」 ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き

・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き!

スタディングを無料で試してみる