基本情報技術者試験の試験制度

まずは試験制度を知ろう!

基本情報技術者試験試験の概要

基本情報技術者試験はどのように行われるのか、基本情報技術者試験の概要について、本記事でご紹介します。

なお、2023年4月から行われる試験の制度変更について、試験運営団体のIPAより発表されています。
変更内容については本記事の他に、下記の記事でもまとめておりますので、受験を予定されている方は是非ご覧ください。


試験制度の変更について


受験申込

基本情報技術者試験での申込は、個人での申込のみになります(団体での申込は令和3年度より廃止となりました)。

個人での申し込み
インターネット申込


基本情報技術者試験の受験申込について


試験日程・試験会場

試験日程 令和4年(2022年)まで
基本情報技術者試験は毎年2回、上期・下期に実施されます。
※令和4年度:上期試験は4-5月、下期試験は10-11月に実施

令和5年(2023年)4月試験以降
通年で実施されます。
試験会場

CBT方式で、全都道府県1か所以上の試験会場を用意されています。

試験実施日・試験会場


受験資格

・受験資格は特段設けられていません。基本情報技術者試験は、学生・社会人、理系・文系を問わずすべての社会人を対象としています。


出題形式

令和4年(2022年)下期試験まで

午前試験 【四肢択一】全80問 150分
・テクノロジ系 50問
・マネジメント系 10問
・ストラテジ系 20問

午後試験 【多肢択一:長文読解】全11問中、5問を選択し解答 150分
・問1:情報セキュリティ(必須)

・問2~5:4問中2問選択
【ハードウェア・ソフトウェア、データベース、ネットワーク、ソフトウェア設計の4分野から、3問出題】、
【プロジェクトマネジメント/サービスマネジメント、システム戦略、経営戦略/企業と法務の4分野から、1問出題】

 問6:データ構造とアルゴリズム(必須)

 問7~11:5問中1問選択
【ソフトウェア開発(C/Python/Java/アセンブラ言語(CASLⅡ)/表計算ソフト)から各1問、計5問出題】

令和5年(2023年)4月試験から

科目A試験 【四肢択一】全60問 90分
・テクノロジ系
・マネジメント系
・ストラテジ系

科目B試験 【多肢択一】全20問 100分
アルゴリズムとプログラミング(疑似言語による出題)
・情報セキュリティ
アルゴリズムとプログラミング」が8割「情報セキュリティ」が2割での出題が想定

「アルゴリズムとプログラミング」の分野は下記のカテゴリで構成されることも発表されています。
①プログラムの基本要素
②データ構造及びアルゴリズム
③プログラミングの諸分野への適用

受験料

7,500円(税込)


合格基準・採点方式

令和4年(2022年)下期試験まで 午前試験・午後試験ともに100点満点中60点以上の得点
素点方式での採点

午前試験

配点:各1.25点

午後試験
問1  :配点 20点
問2~5:配点 各15点
問6  :配点 25点
問7~11:配点 25点
令和5年(2023年)4月試験から

科目A・科目B試験ともに1,000点満点中600点以上の得点
IRT方式(Item Response Theory:項目反応理論)

IRT方式とは?
IRT方式(Item Response Theory:項目飯能理論)とは、解答結果に基づいて配点を算出する方式のことです。
そのため、従来の試験のような、【1問何点】といった明確な採点基準は存在しません。

IRT方式を用いることで、異なるテスト間でスコアを比較することもでき、また、複数回実施・常時受験が可能となります。


出題範囲

【午前試験/科目A試験】

I.テクノロジ系
●基礎理論
離散数学・応用数学・情報に関する理論・通信に関する理論・計測・制御に関する理論

●アルゴリズムとプログラミング
データ構造・アルゴリズム・プログラミング・プログラム言語・その他の言語

●コンピュータ構成要素
プロセッサ・メモリ・バス・入出力デバイス・入出力装置

システム構成要素
システムの構成・システム評価指標

ソフトウェア
オペレーティングシステム・ミドルウェア・ファイルシステム・開発ツール・オープンソースソフトウェア

ハードウェア
ハードウェア

ヒューマンインターフェイス
ヒューマンインターフェイス技術・インターフェイス設計

マルチメディア
マルチメディア技術・マルチメディア応用

データベース
データベース方式・データベース設計・データ操作・トランザクション処理・データベース応用

ネットワーク
ネットワーク方式・データ通信と制御・通信プロトコル・ネットワーク管理・ネットワーク応用

セキュリティ
情報セキュリティ・情報セキュリティ管理・セキュリティ技術評価・情報セキュリティ対策・セキュリティ実装技術

システム開発技術
システム要件定義・システム方式設計・ソフトウェア要件定義・ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計・ソフトウェア構築・ソフトウェア結合/ソフトウェア適格性確認テスト・システム結合/システム適格性確認テスト・導入・受入支援・保守・廃棄

ソフトウェア開発管理技術
開発プロセス手法・知的財産適用管理・開発環境管理・構成管理/変更管理
マネジメント系
●プロジェクトマネジメント
プロジェクトマネジメント・プロジェクトの 統合 ・プロジェクトの ステークホルダ・プロジェクトの スコープ ・プロジェクトの資源・プロジェクトの時間・プロジェクトのコスト・プロジェクトのリスク・プロジェクトの品質・プロジェクトの調達・プロジェクトのコミュニケ―ション

サービスマネジメント
サービスマネジメント・サービスの設計/移行・サービスマネジメントプロセス・サービスの運用・ファシリティマネジメント

システム監査
システム監査・内部統制
ストラテジ系
システム戦略
情報システム戦略・業務プロセス・ソリューションビジネス・システム活用促進/評価

システム企画
システム化計画・要件定義・調達計画/実施

経営戦略マネジメント
経営戦略手法・マーケティング・ビジネス戦略と目標/評価・経営管理システム

技術戦略マネジメント
技術開発戦略の立案・技術開発計画

ビジネスインダストリ
ビジネスシステム・エンジニアリングシステム・e-ビジネス・民生機器・産業機器

企業活動
経営組織論・OR/IE・会計財務

法務
知的財産権・セキュリティ関連法規・労働関連/取引関連法規・その他の法律/ガイドライン/技術者倫理・標準化関連

【午後試験】令和4年(2022年)下期まで

1.コンピュータシステムに関すること
●ハードウェア
数値・文字・画像・音声の表現,処理装置,記憶装置と媒体,入出力装置,命令実行方式, アドレス方式,システム構成 など

●ソフトウェア
OS,ミドルウェア,アプリケーションソフトウェア,言語処理ツール など )

●データベース
データベースの種類と特徴,データモデル,正規化,DBMS,データベース言語(SQL) など

●ネットワーク
ネットワーク構成,インターネット,イントラネット,プロトコル,データ通信,伝送制御など
2.情報セキュリティに関すること
情報セキュリティポリシ,情報セキュリティマネジメント,データベースセキュリティ,ネットワークセキュリティ,アプリケーションセキュリティ,物理的セキュリティ,アクセス管理,暗号,認証,不正アクセス対策,マルウェア対策(コンピュータウイルス,ボット, スパイウェアほか),個人情報保護 など
3.データ構造およびアルゴリズムに関すること
配列,リスト構造,木構造,グラフ,整列,探索,数値計算,文字列処理,図形処理,ファイル処理,計算量,誤差 など
4.ソフトウェア設計に関すること ソフトウェア要件定義,ソフトウェア方式設計,ソフトウェア詳細設計,構造化設計,モジュール設計,オブジェクト指向設計,Web アプリケーション設計,テスト計画,ヒューマンインタフェース など
5.ソフトウェア開発に関すること プログラミング(C,Python,Java,アセンブラ言語,表計算ソフト),テスト,デバッグ など
6.マネジメントに関すること ●プロジェクトマネジメント
プロジェクト全体計画(プロジェクト計画及びプロジェクトマネジメント計画),プロジェクトチームのマネジメント,スケジュールの管理,コストの管理,リスクへの対応,リスクの管理,品質管理の遂行,見積手法など)

●サービスマネジメント
(サービスマネジメントプロセス(サービスレベル管理,サービス継続及び可用性管理,キャパシティ管理,インシデント及びサービス要求管理,問題管理,変更管理ほか),サービスの運用(システム運用管理,運用オペレーション,サービスデスク) など
7.ストラテジに関すること システム戦略
情報システム戦略(全体システム化計画,業務モデルほか),業務プロセスの改善(BPRほ か),ソリューションビジネス など

経営戦略・企業と法務
経営戦略手法(アウトソーシング,競争優位,SWOT 分析ほか),マーケティング(マー ケティング理論,マーケティング手法ほか),企業活動,会計・財務,法務,標準化関連 など

【科目B試験】令和5年(2023年)4月から

1.プログラミング全般に関すること
実装するプログラムの要求仕様(入出力,処理,データ構造,アルゴリズムほか)の把握,使用するプログラム言語の仕様に基づくプログラムの実装,既存のプログラムの解読及び変更,処理の流れや変数の変化の想定,プログラムのテスト,処理の誤りの特定(デバッグ)及び修正方法の検討 など
(注記)プログラム言語について,基本情報技術者試験では擬似言語を扱う。
2.プログラムの処理の基本要素に関すること
型,変数,配列,代入,算術演算,比較演算,論理演算,選択処理,繰返し処理,手続・関数の呼出し など
3.データ構造及びアルゴリズムに関すること
再帰,スタック,キュー,木構造,グラフ,連結リスト,整列,文字列処理 など
4.プログラミングの諸分野への適用に関すること 数理・データサイエンス・AI などの分野を題材としたプログラム など
5.情報セキュリティの確保に関すること 情報セキュリティ要求事項の提示(物理的及び環境的セキュリティ,技術的及び運用のセキュリティ),マルウェアからの保護,バックアップ,ログ取得及び監視,情報の転送における情報セキュリティの維持,脆弱性管理,利用者アクセスの管理,運用状況の点検 など

基本情報技術者講座のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

基本情報技術者講座 無料お試し

  • 試験攻略法が効率的に身につく!短期合格セミナー!
  • 動画講義、WEBテキストを体験できる
  • スマホでいつでもどこでも解ける問題集も!
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
さらに
試験攻略のポイントがわかる!
「学習スタートガイド」PDF冊子もプレゼント!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き