最後の最後は体力勝負

試験まで、あと少し。長い試験対策期間も間もなく終了です。

2020/09/17


最後の最後は体力勝負

今年は、2ヶ月の延長がありましたから、ラストスパートのタイミングが難しかったと思います。
本当にお疲れ様でした。

試験会場ではこれまでの注意点を思い出して下さい。
色々、厳しいことも書いたと思いますが、どれも評価を上げるために有効と思われる方法を書いたつもりです。
もちろん、論文に絶対基準はありません。
他にも良い書き方はあるでしょう。
ですから、いくつかの基本的なこと以外は、自分の力と考え方を信じて、解答して下さい。

毎年、同じことを書いていますが、ここまできたら、あとは体調を管理して下さい。
試験の前の日に夜遅くまで勉強しても効果は期待できません。
夜の勉強が続いていた方は、早朝の勉強が続いていた方は、体がその時間帯に馴染んでいます。体内時計を試験時間に合せて下さい。

今年の試験は13時~17時30分に行われます。
途中30分の休憩はありますが、ほとんど一気通貫です。
5時間半で、原稿用紙9枚、5,400文字を書ききらなければなりません。
その時間帯に体の調子が絶好調になるように調整しましょう。
ようするに、普段の仕事時間です、難しい話ではありません。
論文試験は、一夜漬けで対処できるものではありません。体の調子を良くした方が効果も大きいと思います。

最後の注意点です。

課題を問われたら、課題を答えて下さい。
調査と検討事項を問われたら、調査と検討を答えて下さい。
設問で問われたことを無視したら、不合格です。

また、選択試験の3時間半は時間配分に注意して下さい
上手く時間を割り振らないと、時間切れで負けになることもあり得ます。
どんなに、良いことが書いてあっても、完成してなければ評価されません。
もし、最後、5~6行残って時間切れになりそうなら、無理矢理結論を書いて下さい。そして、「以上」と書きましょう。
読み手は、完成していると判断してくれるはずです。

未完成で終らせないよう注意して下さい。


匠 習作(たくみ しゅうさく) プロフィール

1962年生まれ。北海道函館市出身。1988年より医療機器メーカーに勤務し、1991年20代で工場長に就任する。2014年までの23年間、医療機器製造工場の生産管理、人材育成、生産技術に携わる。2012年技術士機械部門、総合技術監理部門を同時に合格し、2016年に独立。

次世代のエンジニアを育てるべく、技術士試験対策講座を主催する。日本で初めてグループウェアを使った通信講座であり、分かりやすい解説、講師と受講者1対1を大事にする指導で人気講座となる。また、科学技術全般を、一般の人・子供向けに分かりやすく説明するサイエンスカフェなども自主開催。機械学会・失敗学会では、事故事例の研究などを行い、これも一般の人向けにセミナーなども開催している。

匠習作技術士事務所代表技術士
プロフェッショナルエンジニア養成コンサルタント、医療機器業界転進コンサルタント、医工コーディネーター日本技術士会会員・日本機械学会会員・失敗学会会員、人工知能学会会員、日本医工ものづくりコモンズ会員、日本シャーロックホームズクラブ会員、放送大学大学院在学中

『講師匠習作の技術士応援ブログ』は、スタディング受講者様へお送りしたメールマガジンの内容をウェブ用に一部抜粋・編集して掲載しております。