賃貸不動産経営管理士試験
短期間で合格するポイント

賃貸不動産経営管理士は幅広い知識が問われるため、ただやみくもに勉強するだけでは、学習時間が膨大になってしまい短期間での合格は望めません

しかし、適切な学習方法を行うことで、短期間での賃貸不動産経営管理士試験合格も可能になります。


1.全体で30点を目指そう!

まずは、賃貸不動産経営管理士の試験特徴と対策をしっかり把握しましょう。

賃貸不動産経営管理士試験は、相対評価の試験です。予め合格基準点が定められている試験と異なり、毎年合格基準点が変動します。

近年は、28点前後を推移していますが、高得点者が増えると合格基準点も上昇する恐れがあります。

そこで、目標としては試験全体で30点獲得できるように勉強を進めましょう。

短期合格するために注意しなければならないのは、満点を目指さないことです。満点を目指してしまうと出題の可能性の低い細かな知識まで全部学ばなければなりませんので、膨大な時間が必要になります。よく出るところを集中的に学び、合格基準点を確実に確保していきましょう。


2.アウトプット学習を繰り返し、十分行おう!

どの試験でもいえることですが、ただインプットだけを行っても、合格は近づいてきません。問題を解くことに慣れなければ、合格力を身につけていくことはできないのです。どのように出題されているかを知ることにより、その後の知識の吸収をアップしていくことができます。

「インプット学習→問題練習→問題復習→過去問練習→過去問復習→試験」

この段取りを意識してください。インプット作業は「ざっと一回」行い、問題・過去問練習をしながら段階的に実力アップしていきましょう。どれだけアウトプット学習を重要視をし、練習を繰り返すのかが短期合格の鍵といえます。


3.科目によってメリハリをつけよう!

全部を細かく勉強することはやめましょう。ここで大切なのは、科目によってメリハリをつけて学習することです。

特に、出題数の多い賃貸借契約・賃貸住宅権利業者登録制度の理解に時間を割きましょう。これらの科目は、試験範囲全体でいうと2~3割程度です。試験でよく出る分野に時間をかけ、理解を深めることで得点を伸ばしていくことができます。重要な科目は何なのかしっかり把握し、メリハリをつけて取り組むように心がけましょう。



4.出題の意図を把握できる、総合的な知識を身につけよう!

賃貸不動産経営管理士試験の勉強をしている方に最も多い悩みが、問題文が難解で、解答を導くことができないということです。どういうことを出題者は聞こうとしているのか、分からないまま問題を解いても解答にはたどり着けません。ではどうしたら解答へと導くことが出来るのでしょうか。

まず、出題の意図を把握できるようになることです。何のために作られた問題なのかということを、考えられるようにならなくてはなりません。そして、総合的な知識を身につけましょう。つまり、出題される知識の総枠をつかむようにするのです。テキストを読んで問題を解けば、科目ごとの論点が把握できるようになります。その論点から全ての問題は出題されているので、どんなに難しい問題が出ても、頭の中に論点の引き出しを作り、そこからその問題の意図を把握できるようになればいいのです。


5.やめないで学習を続けよう!

最も重要なのは始めた勉強をやめないことです。無理な計画は長続きしません。そのためには、日々の生活の中に無理なく学習を組み込むことです。特に、通勤時間などの「スキマ時間」をうまく活用することがポイントです。また、「解ける!」実感を積み重ねていきましょう。インプット学習後、すぐに問題練習を行い、「解ける!」実感を持つことが重要です。解ける問題が増えれば、勉強も楽しくなり続けることができます。この成果を積み重ねていくことで、必ず合格できるようになります。


このような、短期間で合格するポイントがあらかじめ全て組み込まれているのが「スタディング 賃貸不動産経営管理士講座」なのです。


合格できる人とできない人の違いとは?

今なら「短期合格のコツ」がわかるセミナーを無料公開中!

スタディングは、
いますぐ無料でお試しできます。

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 無料動画セミナー
短期合格セミナー

「失敗しない賃貸不動産経営管理士 合格法5つのルール」

スタディング 賃貸不動産経営管理士講座 初回版
無料動画講座

基本講座初回版「賃貸借契約1」
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる