日商簿記検定制度

まずは試験制度を知ろう。

簿記検定の概要とは

日商簿記検定は、日本商工会議所が主催する簿記に関する技能を検定する試験です


各級の特徴は下記のようになります。

3級 簿記の基礎知識が身につきます。
商店・中小企業の経理事務を担当する上で必須のスキルです。一般企業の経理部門だけでなく、営業部門、管理部門でも習得した知識を活かすことができます。
2級 就職や、転職で高い評価を得られる可能性が高まります。
株式会社の経営管理に必要な財務諸表を理解する力を身につけることができ、自社や、取引先の経営状況を読み解くことができます。

受験資格

年齢・性別・学歴・国籍・経験等による制限はありません。

※2級からの受験や、2・3級の併願受験も可能です。


検定のスケジュール

■統一試験

簿記2・3級の検定試験は、年に3回実施されます。
受験出願期間や出願方法、合格発表の時期などは、各商工会議所により異なります。各商工会議所にお問い合わせください。

試験日 受験申込開始時期 合格発表
6月検定 6月第2日曜日 4月下旬頃から 6月下旬から7月下旬
11月検定 11月第3日曜日 9月上旬・中旬頃から 12月上旬から1月下旬
2月検定 2月第4日曜日 12月中旬頃から 3月上旬から3月下旬


※申込開始時期、合格発表時期は、受験地の商工会議所によって異なります。詳しくは各商工会議所にお問い合わせください。

■ネット試験(CBT試験)


2級 3級
試験時期 随時受付中 ※ 随時受付中 ※
申込開始時期 テストセンターの空き状況にあわせて随時実施
合格発表時期 試験終了後、即時判定

※商工会議所が定める認定会場(テストセンター)で試験が実施されます。
※各会場ごとのスケジュールは、CBTS受験予約サイト「テストセンター空席照会」から確認できます。

※CBT試験(ネット試験)について、年3回の受験停止期間を設けることが発表されています。

【2021年度の受験停止期間】
・2021年6月7日(月)~ 6月16日(水)
・2021年11月15日(月)~ 11月24日(水)
・2022年2月21日(月)~ 3月 2日(水)

2021年度簿記試験日程カレンダーはこちらから

2021年6月試験のスケジュールはこちらから

簿記2・3級はネット試験が導入され、統一試験も年に複数回行われますので、合格のチャンスが非常に多い試験といえます!


試験科目

試験科目 試験時間 合格基準
3級
商業簿記 60分 100点満点中70点以上
2級
商業簿記・工業簿記 90分 2科目合計70%以上


検定会場

全国の商工会議所が指定する会場で実施されます。


受験料

日商簿記検定試験の受験料は以下の通りです。 2019年11月の第153回試験以降、受験料には消費税率10%が適用されます。

試験等級 初級 3級 2級 1級
受験料(10%税込) 2,200円 2,850円 4,720円 7,850円


※CBT試験では事務手数料550円(10%消費税込)が別途発生します。


2021年度以降の新たな日商簿記検定について

詳しくはこちら「日商簿記2021年度試験はどんな試験?変更点とネット試験の紹介」をご覧ください。


いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格ガイダンス「短期合格するための勉強法」配信中!

無料動画講座
無料動画講座

【3級合格コース】【2級合格コース】(動画/音声)
基本講座初回版
3級「簿記の基礎知識」、前払いと前受けの取引/未払いと未収の取引」
2級「商業簿記の基礎知識(1)」、商品売買等(1)
動画/音声講座、テキスト、スマート問題集付き!

無料ガイダンス
無料ガイダンス・特典

短期合格ガイダンス「短期合格するための勉強法」
簿記検定試験に短期合格するための方法を解説した動画講座です。
【無料特典】よく出る仕訳一問一答集60(2級・3級)をプレゼント!


無料講座と無料セミナーを試してみる