中小企業診断士の試験制度

まずは試験制度を知ろう。

中小企業診断士の試験では、選択式試験である1次試験を受験し合格した後、筆記試験である2次試験を受験します。1次、2次試験ともに、全科目の平均が60点以上で、かつ40点未満の科目が無ければ合格となります。

2次筆記試験に合格すると口述試験(面接)がありますが、口述試験は近年はほぼ全員が合格しています。 口述試験に合格すると、試験は終了です。あとは、実務補習という実習を終了すれば中小企業診断士として正式に登録できます。


どうやったら短期間で合格できるの?

中小企業診断士は、短期間で合格する人と、なかなか合格できない人と差がつきやすい試験です。 なぜ差が出るのかというと、中小企業診断士は他の資格に比べて非常に試験範囲が広いということが原因の一つとなっています。つまり詳しく勉強すると相当時間を掛けても終わらないのです。 一方で6割正解すれば合格する試験なので、力を入れる部分と抜く部分を明確にして、効果的に勉強することが重要です。 また、仕事をしながら学習するためには、通勤の時間などのすきま時間をうまく活用して学習した人が短期間で合格できるのです。


中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる15%クーポン付き