1級建築士試験 過去問解説 -施工-内外装工事【2016(H28)年 No.19】

問題

 内外装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. コンクリート壁下地面におけるせっこうボードのせっこう系直張り用接着剤による直張り工法において、特記がなかったので、接着剤の塗付け間隔をボード周辺部で、150~200mmとした。
  2. グリッパー工法によるタフテッドカーペットの敷込みにおいて、長い廊下については、伸長用工具としてパワーストレッチャーを使用した。
  3. コンクリート下地へのセメントモルタル塗りにおいて、下地への吸水調整材の塗布回数を増すことにより、コンクリート下地とモルタルの付着性を高めた。
  4. 縦壁ロッキング構法によるALCパネル工事において、外壁のパネル間の目地のシーリングについては二面接着とした。

解答・解説

解答:3

1.〇

コンクリート壁下地面におけるせっこうボードのせっこう系直張り用接着剤による直張り工法においては、記述の通り、特記がない場合は、接着剤の塗付け間隔をボード周辺部で、150~200mmとする。

せっこう系直張り用接着剤による直張り工法の壁下地の接着剤の塗付け間隔
1)ボード周辺部150~200mm
2)中間部床上1.2m以下200~250mm
3)中間部床上1.2m超え250~300mm

2.〇

グリッパー工法によるタフテッドカーペットの敷込みにおいては、記述の通り、長い廊下については、伸長用工具としてパワーストレッチャーを使用する

グリッパー工法によるカーペットの敷込みで、伸長用工具としてニーキッカーが用いられる。長い廊下などは、パワーストレッチャーなどの工具を使用する。

3.×

セメントモルタル塗りで、下地への吸水調整材を塗布しすぎると界面膜が厚くなり、モルタルの付着性を低下させるので、塗布回数は2回までとする。

よって、記述内容は「不適当」である。

4.〇

縦壁ロッキング構法によるALCパネル工事においては、記述の通り、外壁のパネル間の目地のシーリングについては二面接着とする。

ロッキング構法によるALCパネル間の目地は、バックアップ材装てん、または目地底にボンドブレーカーを張り付けシーリング材を充填する「二面接着」とする。
この目地を、ワーキングジョイントという。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始める方への おすすめコース

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2022年合格目標](2021年総合コース付)

一括  ¥99,000

分割例 月々 ¥8,500 × 12から

1級建築士試験の学科対策から製図対策まで学べるコースです。7月以降に順次リリースの2022年版講座での学習に先立ち、学科リリース済みの2021年版講座で今すぐ学習をスタート。いち早い試験対策でアドバンテージを獲得し、余裕を持って合格を目指していただけます。
当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる