1級建築士試験 過去問解説 -施工-鉄骨工事【2016(H28)年 No.15】

問題

 鉄骨工事の高力ボルト接合に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. 溶融亜鉛めっき高力ボルトの接合において、M20とM22の一次締めトルクは、100N・mとした。
  2. 高力六角ボルトM20のナット回転法による本締め後の検査において、全てのボルトについて、一次締め完了後に付したマークのずれにより、ナットの回転量が120度 ± 30度の範囲にあるものを合格とした。
  3. トルシア形高力ボルトの締付け後の検査において、ボルトの余長については、ナット面から突き出た長さが、ねじ1山~6山の範囲にあるものを合格とした。
  4. F8Tの溶融亜鉛めっき高力ボルトM20の孔径については、22mmとした。

解答・解説

解答:1

1.×

溶融亜鉛めっき高力ボルトM20M22の一次締めトルクは150N・mである。

よって、記述内容は「不適当」である。

M16が、100N・mである。

2.〇

高力六角ボルトM20のナット回転法による本締め後の検査は、記述の通り、全てのボルトについて、一次締め完了後に付したマークのずれにより、ナットの回転量が120度 ± 30度の範囲にあるものを合格とした。

高力六角ボルトの一次締め後において、ナット回転量が「120度 ± 30度の範囲」を合格とする。

3.〇

トルシア形高力ボルトの締付け後の検査は、記述の通り、ボルトの余長については、ナット面から突き出た長さが、ねじ1山~6山の範囲にあるものを合格とした。

トルシア形高力ボルトのナット面から突き出た余長は、ねじ山が「1~6山の範囲」を合格とする。

4.〇

記述の通り、F8Tの溶融亜鉛めっき高力ボルトM20の孔径については、22mmでよい。

高力ボルト溶融亜鉛めっき高力ボルトでは、「軸径d27mm未満の場合の孔径D=d+2mm」、「軸径d27mm以上の場合の孔径D=d+3mm」とする。
設問のM20の孔径の場合、D=22mmとなる。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

これから始める方への おすすめコース

2021年合格に向けて早期スタートを応援!

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2021年合格目標]

一括  ¥98,000 (税別)

分割例 月々 ¥9,300 × 12から

今から学習をスタートする方のために、学科対策から製図対策までが学べる総合コースです。学科対策は試験対策に特化した仕様で学習時間を大幅に短縮します。製図対策は「頭で描く」段階の過程を高速化するための新しい動画学習です。当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

今すぐ無料でお試しできます

建築士 短期合格セミナー配信中!

建築士 スタディング
無料セミナー

「建築士 短期合格セミナー」
1級建築士まるわかりセミナー
 ・1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
 ・合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
 ・製図の問題点と4つの対策/7つの特色


建築士 スタディング 無料体験
無料動画講座

●基本講座(2講座分) の
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
・「計画-学習のポイント」 / 「計画-病院・高齢者施設」
・「環境・設備のポイント」 / 「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集「計画」・「環境・設備」
製図講座(1講座分)の
ビデオ/音声講座 「図面作成の手順」

無料講座と無料セミナーを試してみる