1級建築士試験 過去問解説 -施工-鉄骨工事【2016(H28)年 No.15】

問題

 鉄骨工事の高力ボルト接合に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. 溶融亜鉛めっき高力ボルトの接合において、M20とM22の一次締めトルクは、100N・mとした。
  2. 高力六角ボルトM20のナット回転法による本締め後の検査において、全てのボルトについて、一次締め完了後に付したマークのずれにより、ナットの回転量が120度 ± 30度の範囲にあるものを合格とした。
  3. トルシア形高力ボルトの締付け後の検査において、ボルトの余長については、ナット面から突き出た長さが、ねじ1山~6山の範囲にあるものを合格とした。
  4. F8Tの溶融亜鉛めっき高力ボルトM20の孔径については、22mmとした。

解答・解説

解答:1

1.×

溶融亜鉛めっき高力ボルトM20M22の一次締めトルクは150N・mである。

よって、記述内容は「不適当」である。

M16が、100N・mである。

2.〇

高力六角ボルトM20のナット回転法による本締め後の検査は、記述の通り、全てのボルトについて、一次締め完了後に付したマークのずれにより、ナットの回転量が120度 ± 30度の範囲にあるものを合格とした。

高力六角ボルトの一次締め後において、ナット回転量が「120度 ± 30度の範囲」を合格とする。

3.〇

トルシア形高力ボルトの締付け後の検査は、記述の通り、ボルトの余長については、ナット面から突き出た長さが、ねじ1山~6山の範囲にあるものを合格とした。

トルシア形高力ボルトのナット面から突き出た余長は、ねじ山が「1~6山の範囲」を合格とする。

4.〇

記述の通り、F8Tの溶融亜鉛めっき高力ボルトM20の孔径については、22mmでよい。

高力ボルト溶融亜鉛めっき高力ボルトでは、「軸径d27mm未満の場合の孔径D=d+2mm」、「軸径d27mm以上の場合の孔径D=d+3mm」とする。
設問のM20の孔径の場合、D=22mmとなる。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始める方への おすすめコース

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2022年合格目標](2021年総合コース付)

一括  ¥99,000

分割例 月々 ¥8,500 × 12から

1級建築士試験の学科対策から製図対策まで学べるコースです。7月以降に順次リリースの2022年版講座での学習に先立ち、学科リリース済みの2021年版講座で今すぐ学習をスタート。いち早い試験対策でアドバンテージを獲得し、余裕を持って合格を目指していただけます。
当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる