1級建築士試験 過去問解説 -構造-コンクリート【2015(H27)年 No.28】

問題

 コンクリートに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. 高強度コンクリートの温度ひび割れの防止対策として、水和熱の小さい中庸熱ポルトランドセメントを使用した。
  2. 設計基準強度80N/mm2以上の高強度コンクリートの火災時の爆裂防止対策として、コンクリート中に有機繊維を混入した。
  3. 凍結融解作用を受けるコンクリートの凍害対策として、AEコンクリートとし、空気量を4.5%とした。
  4. 計画供用期間の級が「長期」のコンクリートの練混ぜ水に、コンクリートの洗浄排水を処理して得られた上澄水を用いた。

解答・解説

解答:4

1.〇

高強度コンクリート温度ひび割れの防止対策として、記述の通り、水和熱の小さい中庸熱ポルトランドセメントを使用した。

高強度コンクリートの温度ひび割れを防止するため、水和熱の小さい中庸熱ポルトランドセメント低熱ポルトランドセメントが使用される。

2.〇

設計基準強度80N/mm2以上の高強度コンクリートの火災時の爆裂防止対策として、記述の通り、コンクリート中に有機繊維を混入した。

設計基準強度36N/mm2を超えのものを「高強度コンクリート」、60N/mm2を超えるものを「超高強度コンクリート」という。60N/mm2を超える超高強度コンクリートは、火災時の爆裂が問題となり、その対策として、耐火被覆の方法もあるが、コンクリート中に有機繊維を混入すると熱応力を緩和し有効となる。

3.〇

凍結融解作用を受けるコンクリートの凍害対策として、記述の通り、AEコンクリートとし、空気量を4.5%とした。

コンクリートにAE剤を用いると、ワーカビリティが向上し、凍結に対しても圧力を吸収し、凍結融解に対する抵抗性も増大する。空気量は4.5%とし、空気量が増える分、強度がやや低下するので、水セメント比を小さくして強度を高める。

4.×

計画供用期間の級が「長期」「超長期」の場合、練混ぜ水に「回収水」を用いない。

回収水とは設問にあるコンクリートミキサーなどの洗浄排水を処理して得られた上澄水等である。

よって、記述内容は「不適当」である。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始める方への おすすめコース

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2022年合格目標](2021年総合コース付)

一括  ¥99,000

分割例 月々 ¥8,500 × 12から

1級建築士試験の学科対策から製図対策まで学べるコースです。7月以降に順次リリースの2022年版講座での学習に先立ち、学科リリース済みの2021年版講座で今すぐ学習をスタート。いち早い試験対策でアドバンテージを獲得し、余裕を持って合格を目指していただけます。
当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる