1級建築士試験 過去問解説 -構造-建築物の耐震設計【2015(H27)年 No.24】

問題

 建築物の耐震設計に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. 地震力を算定する場合に用いる鉄骨構造の建築物の設計用一次固有周期(単位 秒)は、建築物の高さ(単位 m)に0.03を乗じて算出することができる
  2. 建築物の保有水平耐力を算定する場合、炭素鋼の構造用鋼材のうち、日本工業規格(JIS)に定めるものについては、材料強度の基準強度を1.1倍まで割増しすることができる。
  3. 水平力を受ける鉄筋コンクリート構造の柱は、軸方向圧縮力が大きくなるほど、変形能力が小さくなる。
  4. 「曲げ降伏型の柱・梁部材」と「せん断破壊型の耐力壁」により構成される鉄筋コンクリート構造の保有水平耐力は、一般に、それぞれの終局強度から求められる水平せん断力の和とすることができる。

解答・解説

解答:4

1.〇

地震力を算定する場合に用いる鉄骨構造の建築物の設計用一次固有周期(単位 秒)は、記述の通り、建築物の高さ(単位 m)に0.03を乗じて算出することができる。

鉄骨構造の建築物の設計用一次固有周期T(単位 秒)は、建築物の高さh(単位 m)に0.03を乗じて算出する。
T=h(0.02+0.01α)で計算され、鉄骨構造ではα=1のため、設問の通り、高さhに0.03を乗じて算出する。

2.〇

記述の通り、建築物の保有水平耐力を算定する場合、炭素鋼の構造用鋼材のうち、日本工業規格(JIS)に定めるものについては、材料強度の基準強度を1.1倍まで割増しすることができる。

保有水平耐力の算定において、JIS規格品の鋼材を使用する場合、告示により、「材料強度の基準強度を1.1倍以下の割増し」が認められている。

3.〇

水平力を受ける鉄筋コンクリート構造の柱は、記述の通り、軸方向圧縮力が大きくなるほど、変形能力が小さくなる。

水平力を受ける鉄筋コンクリート構造の柱は、軸方向圧縮力が大きいほど、圧縮側の破壊により急激な耐力低下を生じ靭性すなわち変形能力は小さくなる

4.×

曲げ降伏型の「ラーメン」と、せん断破壊型の「耐力壁」の保有水平耐力は、変形性能が大きく異なる

これらの混構造では、「耐力壁」が先に終局に達し耐力が低下する。そのため、「ラーメン」と「耐力壁」の終局時の水平せん断力の和とできない

よって、記述内容は「不適当」である。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始める方への おすすめコース

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2022年合格目標](2021年総合コース付)

一括  ¥99,000

分割例 月々 ¥8,500 × 12から

1級建築士試験の学科対策から製図対策まで学べるコースです。7月以降に順次リリースの2022年版講座での学習に先立ち、学科リリース済みの2021年版講座で今すぐ学習をスタート。いち早い試験対策でアドバンテージを獲得し、余裕を持って合格を目指していただけます。
当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる