1級建築士試験 過去問解説 -構造-杭基礎【2014(H26)年 No.23】

問題

 杭基礎に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 直接基礎と杭基礎を併用した基礎形式であるパイルド・ラフト基礎は、直接基礎として十分な支持力はあるが沈下が過大となる場合等に採用されることがある。
  2. 支持層が傾斜した地盤においては、杭径が同じであっても、各杭が負担する水平力は杭長に応じて異なる値として設計する。
  3. 砂質地盤における杭の極限周面摩擦力度は、打込み杭より場所打ちコンクリート杭のほうが小さい。
  4. 応答変位法は、地震時の杭頭慣性力と地盤変位による応力を用いて計算する方法であり、地震時に液状化しやすい軟弱地盤における杭の検討に適している。

解答・解説

解答:3

1.〇

直接基礎と杭基礎を併用した基礎形式であるパイルド・ラフト基礎は、記述の通り、直接基礎として十分な支持力はあるが沈下が過大となる場合等に採用されることがある。

パイルド・ラフト基礎は、基礎の変形量を減少させるために、直接基礎と杭基礎を併用した基礎形式で、直接基礎と杭基礎が複合して、荷重に抵抗する。
直接基礎として十分な支持力はあるが、沈下が大きい場合等に採用される。

2.〇

記述の通り、支持層が傾斜した地盤においては、杭径が同じであっても、各杭が負担する水平力杭長に応じて異なる値として設計する。

変形しにくい短い杭ほど多くの水平力を負担する。

3.×

杭の極限周面摩擦力度は、打込み杭より場所打ちコンクリート杭のほうが大きい

よって、記述内容は「不適当」である。

場所打ちコンクリート杭埋込み杭打込み杭の順である。

4.〇

応答変位法は、記述の通り、地震時の杭頭慣性力地盤変位による応力を用いて計算する方法であり、地震時に液状化しやすい軟弱地盤における杭の検討に適している。

応答変位法は、地震時の杭頭慣性力だけでなく、地盤変位による応力も合わせて計算する方法で、杭の断面設計を行う方法である
液状化しやすい軟弱地盤においては、地盤変位の可能性が高ので、応答変位法による杭の検討が望ましい。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始める方への おすすめコース

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2022年合格目標](2021年総合コース付)

一括  ¥99,000

分割例 月々 ¥8,500 × 12から

1級建築士試験の学科対策から製図対策まで学べるコースです。7月以降に順次リリースの2022年版講座での学習に先立ち、学科リリース済みの2021年版講座で今すぐ学習をスタート。いち早い試験対策でアドバンテージを獲得し、余裕を持って合格を目指していただけます。
当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

建築士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

建築士講座 無料お試し

  • 1級建築士まるわかりセミナー!
  • 2級建築士まるわかりセミナー!
  • 建築士講座の動画講義が実際に体験できる!
  • セレクト過去問集付き!
さらに
これから学習を始める方が知りたいことをまとめたすスタートガイド冊子も公開中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる15%クーポン付き