1級建築士試験 過去問解説 -構造-鉄筋コンクリート構造【平成28年No.11】

建築士試験ピックアップ過去問解説

問題

 鉄筋コンクリート構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. 曲げ降伏する梁部材の靭性を高めるために、梁せい及び引張側の鉄筋量を変えることなく、梁幅を大きくした。
  2. 柱部材の靭性を高めるために、コンクリートの圧縮強度に対する柱の軸方向応力度の比が小さくなるように、柱の配置や断面形状を計画した。
  3. 梁部材のクリープによるたわみを減らすために、引張側の鉄筋量を変えることなく、圧縮側の鉄筋量を減らした。
  4. 曲げ降伏する柱部材の曲げ降伏後のせん断破壊を防止するために、曲げ強度に対するせん断強度の比を大きくした。

解答・解説

解答:3


  1. 梁幅を大きくすると、せん断応力度が小さくなり、せん断破壊しにくくなる。その結果、梁せい及び引張側の鉄筋量を変えることなく、曲げ降伏する梁の靭性を高くなる。

  2. 柱は、軸方向圧縮力が大きいと、コンクリートの破壊による耐力低下で、脆性破壊しやすくなり、靭性が低下する。柱の靭性を高めるためには、軸方向応力度の比が小さくなるよう設計することは適切である。
  3. ×
    圧縮側の鉄筋量を増やすと、コンクリートに生じる圧縮応力度が小さくなり、コンクリートのクリープ変形が小さくなり、梁部材のクリープによるたわみは減らされる。

  4. 曲げ強度に対するせん断強度の比を大きくすることで、曲げ降伏後のせん断破壊を防止し、靭性を高めることとなる。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始める方への おすすめコース

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2022年合格目標](2021年総合コース付)

一括  ¥99,000

分割例 月々 ¥8,500 × 12から

1級建築士試験の学科対策から製図対策まで学べるコースです。7月以降に順次リリースの2022年版講座での学習に先立ち、学科リリース済みの2021年版講座で今すぐ学習をスタート。いち早い試験対策でアドバンテージを獲得し、余裕を持って合格を目指していただけます。
当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

建築士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

建築士講座 無料お試し

  • 1級建築士まるわかりセミナー!
  • 2級建築士まるわかりセミナー!
  • 建築士講座の動画講義が実際に体験できる!
  • セレクト過去問集付き!
さらに
これから学習を始める方が知りたいことをまとめたすスタートガイド冊子も公開中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる15%クーポン付き