1級建築士試験 過去問解説 -環境・設備-音響【平成27年No.9】

建築士試験ピックアップ過去問解説

問題

 音響に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. 自由音場において、全指向性の点音源(指向性のない点音源)からの距離が1mの点と2mの点との音圧レベルの差は、3dBとなる。
  2. 防音塀は、音の回折による減衰を利用するものであり、一般に、低音域よりも高音域の遮断に有効である。
  3. 学校の普通教室においては、平均吸音率が0.2程度となるように、吸音対策を施すことが望ましい。
  4. 音の強さのレベルを20dB下げるためには、音の強さを1/100にする。

解答・解説

解答:1

1.×

自由音場において、全指向性の点音源(指向性のない点音源)からの距離が1mの点と2mの点との音圧レベルの差は、dBとなる。

よって、記述内容は「不適切」である。

自由音場とは、「音の反射のない空間」のことである。
音源からの距離が2倍になると約6dB減衰する、と覚えましょう。

2.〇

防音塀は、記述の通り、音の回折による減衰を利用するものであり、一般に、低音域よりも高音域の遮断に有効である。

低周波音ほど音が回り込む回析現象が起こりやすく、高周波音ほど直進性があるため、防音塀による音の減衰は、「低周波音よりも高周波音に有効」である。

3.〇

学校の普通教室においては、記述の通り、平均吸音率が0.2程度となるように、吸音対策を施すことが望ましい。

学校施設に求められている音響基準については下記の通り。
1)普通教室:平均吸音率0.2程度(残響時間0.6秒)
2)特別教室:平均吸音率0.2程度(残響時間0.7秒)
3)体育館:平均吸音率0.2程度(残響時間1.6秒)
4)音楽練習室(ブラスバンド):平均吸音率0.25程度(残響時間0.6秒)
5)視聴覚室:平均吸音率0.3程度(残響時間0.4秒)

※中庸な響き:平均吸音率0.2程度
※短めの響き:平均吸音率0.25~0.3程度
※長めの響き:平均吸音率0.15程度(合唱や楽器の音楽練習室など)

4.〇

記述の通り、音の強さのレベルを20dB下げるためには、音の強さを1/100にする。

音の強さレベルについては、しっかり覚えましょう。
音の強さが1/10 → 10dB下がる
音の強さが1/100 → 20dB下がる

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

これから始める方への おすすめコース

2021年合格に向けて早期スタートを応援!

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2021年合格目標]

一括  ¥98,000 (税別)

分割例 月々 ¥9,300 × 12から

今から学習をスタートする方のために、学科対策から製図対策までが学べる総合コースです。学科対策は試験対策に特化した仕様で学習時間を大幅に短縮します。製図対策は「頭で描く」段階の過程を高速化するための新しい動画学習です。当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

今すぐ無料でお試しできます

建築士 短期合格セミナー配信中!

建築士 スタディング
無料セミナー

「建築士 短期合格セミナー」
1級建築士まるわかりセミナー
 ・1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
 ・合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
 ・製図の問題点と4つの対策/7つの特色


建築士 スタディング 無料体験
無料動画講座

●基本講座(2講座分) の
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
・「計画-学習のポイント」 / 「計画-病院・高齢者施設」
・「環境・設備のポイント」 / 「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集「計画」・「環境・設備」
製図講座(1講座分)の
ビデオ/音声講座 「図面作成の手順」

無料講座と無料セミナーを試してみる