1級建築士試験 過去問解説 -環境・設備-空気調和設備【平成26年No.11】

建築士試験ピックアップ過去問解説

問題

 空気調和設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. 冷却塔においては、冷却水の温度を外気湿球温度より低くすることはできない。
  2. 冷凍機に使用される代替フロン(HFC)は、オゾン層の破壊防止については効果があるが、地球温暖化係数については二酸化炭素を上回っている。
  3. 吸収冷凍機は、一般に、冷媒として臭化リチウム水溶液を使用する。
  4. 遠心冷凍機の冷水出口温度を低く設定すると、成績係数(COP)の値は低くなる。

解答・解説

解答:3

1.〇

冷却塔においては、記述の通り、冷却水の温度を外気湿球温度より低くすることはできない

冷却塔では、水の蒸発潜熱により冷却を行うため、冷却水の温度を外気湿球温度より低くできない。

冷却塔は、冷凍機からの排熱により加熱された冷却水を「外気により冷却する装置」である。
冷却方法は、外気による顕熱冷却水の蒸発潜熱による冷却である。

2.〇

冷凍機に使用される代替フロン(HFC)は、記述の通り、オゾン層の破壊防止については効果があるが、地球温暖化係数については「二酸化炭素を上回っている」。

代替フロンは「地球温暖化係数は二酸化炭素を上回っている」ので、空気中への放散を防止する必要がある。

3.×

吸収冷凍機は、一般に、「冷媒」として水が使用され、臭化リチウム水溶液は吸収液に使用する。

よって、記述内容は「不適当」である。

4.〇

遠心冷凍機の冷水出口温度を低く設定すると、記述の通り、成績係数(COP)の値は低くなる

遠心冷凍機は、「冷水出口温度」を低くするほど、「圧縮機の動力」が大きくなるので、冷凍能力を圧縮機の動力で除した「成績係数」は低くなる。
上記の「大小関係」に注意しましょう。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

これから始める方への おすすめコース

2021年合格に向けて早期スタートを応援!

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2021年合格目標]

一括  ¥98,000 (税別)

分割例 月々 ¥9,300 × 12から

今から学習をスタートする方のために、学科対策から製図対策までが学べる総合コースです。学科対策は試験対策に特化した仕様で学習時間を大幅に短縮します。製図対策は「頭で描く」段階の過程を高速化するための新しい動画学習です。当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

今すぐ無料でお試しできます

建築士 短期合格セミナー配信中!

建築士 スタディング
無料セミナー

「建築士 短期合格セミナー」
1級建築士まるわかりセミナー
 ・1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
 ・合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
 ・製図の問題点と4つの対策/7つの特色


建築士 スタディング 無料体験
無料動画講座

●基本講座(2講座分) の
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
・「計画-学習のポイント」 / 「計画-病院・高齢者施設」
・「環境・設備のポイント」 / 「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集「計画」・「環境・設備」
製図講座(1講座分)の
ビデオ/音声講座 「図面作成の手順」

無料講座と無料セミナーを試してみる