1級建築士試験 過去問解説 -計画-高齢者・障がい者に配慮した建築物【平成27年No.9】

建築士試験ピックアップ過去問解説

問題

 高齢者、障がい者等の利用に配慮した建築物の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


  1. 病院の階段において、色彩の調和を図るため、段鼻に設けた滑止めと踏面は類似の色のものとした。
  2. 駅のエレベーターにおいて、エレベーターの乗降口から見える位置に、聴覚障がい者が文字により定員超過の確認をすることができる過負荷表示灯を設けた。
  3. 百貨店の授乳室において、出入口の扉はスライド式とし、前室である共用スペースには哺乳瓶による授乳のための椅子を設置し、母乳による授乳のためのスペースにはカーテンによる仕切りを設けた。
  4. 公民館の便所において、腰掛け便座の便房における便器洗浄ボタンは、視覚障がい者が見つけやすいように、ペーパーホルダーの直上に設けた。

解答・解説

解答:1

1.×

高齢者や視覚障がい者等が利用する病院などの施設の階段は、階段の段鼻に設けた滑止めと踏面を類似の色のものにすると、認識がしづらいため危険である。

よって、記述内容は「不適当」となる。

高齢者や視覚障がい者等が階段の段鼻を認識しやすいように、色彩や明度差を大きく変えることが望ましい。

輝度比が「1.5~2.0以上」となるのが望ましい。

階段は建物の中でも特に「危険なエリア」のため、階段を踏み外したり、転倒を防止することに注意を払う必要がある。

2.〇

聴覚障がい者への配慮として、聴覚障がい者はブザー音を認知できないため、エレベーターの乗降口から見える位置に、文字により定員超過が確認できる過負荷表示灯を設けることは適切である。

適切な設置場所としては、「かごの出入口扉枠の上部」や「かごの正面壁」など、見やすい位置に設置するのが望ましい。

3.〇

授乳室の扉はスライド式が操作しやすく、前室である共用スペースには哺乳瓶による授乳のための椅子を設置し、母乳による授乳スペースには目隠しのカーテンで仕切ることが望ましい。

公共性の高い施設の授乳室は、扉の開閉時の衝突を回避でき、ベビーカーで出入りしやすく操作のしやすい「スライド式扉」とするのが適切である。

4.〇

視覚障がい者への配慮として、腰掛け便座の便器洗浄ボタンは、見つけやすいようにペーパーホルダーの直上に設けることは適切である。

公共のトイレでは、「腰掛便器の操作部分(洗浄ボタンや呼び出しボタン)」と「紙巻き器の位置と色」などについて、JIS規格に定められている。すべて左右どちらかの壁面にまとめて設置する。

視覚障がい者への配慮として、便器洗浄ボタンは紙巻き器の直上とし「見つけやすく」することと、便座に座った姿勢や立っている時等、どのような姿勢でも押しやすい位置に設けることが大切である。

→ 上記の講座が含まれる「1級建築士学科・製図総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始める方への おすすめコース

スタディング 建築士講座

1級建築士学科・製図総合コース
[2022年合格目標](2021年総合コース付)

一括  ¥99,000

分割例 月々 ¥8,500 × 12から

1級建築士試験の学科対策から製図対策まで学べるコースです。7月以降に順次リリースの2022年版講座での学習に先立ち、学科リリース済みの2021年版講座で今すぐ学習をスタート。いち早い試験対策でアドバンテージを獲得し、余裕を持って合格を目指していただけます。
当コースの詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる