販売士検定に短期間で合格するポイント

合格するには、試験の特徴に合わせて勉強法を工夫することが重要です。

販売士(リテールマーケティング)検定は、出題範囲が広いので、要点を押さえた効率的な学習がポイントになります。


1.試験を知り、効率よく合格できる学習戦略を立てること

効率的な学習の1番のポイントは、試験の特徴を知り、力を入れる部分と抜く部分を明確にした学習戦略を立て、それに沿って学習を実行することです。特に、専門知識の深みにはまらないようにします。7割の合格点を取るためには、基本的な部分、過去問で頻繁に出題される部分に努力を集中することです。

販売士検定に短期間で効率よく合格するには、「試験に出るところを勉強する」ことが重要です。

しかし、合格までに時間がかかった人の学習方法を分析すると、試験に出ないことに時間を取られ、試験に出るところをしっかり勉強していないケースが多いのです。これから学習するときには「深い知識は必要ない」ということを頭の片隅においてください。専門知識の深みにはまって、勉強に時間がかかっている場合は、これを思い出してどんどん先に進むことがポイントです。


2.効率的な学習方法・学習ツールを使うこと

どのような学習ツールを使ってどのように学習するかが学習の効率=時間を大きく左右します。テキストを読んでいるだけではなかなか頭に入りませんし、全ての内容をノートにまとめるとなると膨大な時間がかかるため、どのような学習ツールを使って勉強するかはとても重要なポイントです。

知識のインプットは、目や耳などの感覚から同時に行うと効率的です。また、何度もくり返し復習することで知識が定着します。

視覚や聴覚を使って、短時間に繰り返し復習できる学習ツールを使うことが重要です。

また、販売士試験を目指す方の多くが、流通業に関係していると思います。これらの業界では、出勤時間が不規則だったり、休日がシフト制であることも多いので、自分のペースで学習できるツールが最適です。


3.本番の試験を意識して知識を整理すること

短期間での合格を目指すためには、初めから本番の試験合格を意識した学習法により、試験で役立つ知識を頭の中に整理しておく必要があります。本番の試験では、単なる知識の量ではなく、いかに整理された知識をすばやく的確に引き出せるかがポイントです。そのためには、知識の体系や関連を整理して覚えておくことが重要です。

また、販売士試験で注意しておきたいことは、普段仕事で使っている言葉と試験で使われる言葉が異なることがあるということです。自分の会社では通称や略称を使っていても、試験で正式な名前で問われると、うっかり間違えてしまうこともあります。これを回避するためにも、事前に問題集などで、本番の試験を想定した練習をしておくことがとても大切です。


4.無理なく継続すること

最も重要なことは始めた勉強をやめないことです。無理な計画は長続きしません。そのためには、日々の生活の中に無理なく学習を組み込むことです。特に、通勤時間や休憩時間などの「すきま時間」をうまく活用することがポイントです。そうすることにより、最後まで学習することができ、結果として最短で合格することができます。販売士試験は択一式で記述がありませんので、時間を有効活用すれば、机に向かわなくても試験対策が十分可能です。


このような、短期間で合格するポイントがあらかじめ全て組み込まれているのが「スタディング 販売士講座」なのです。


いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
無料ガイダンス「失敗例から学ぶ販売士試験突破の3つのルール」配信中!

スタディング 販売士(リテールマーケティング)講座 失敗例から学ぶ販売士試験突破の3つのルール
無料ガイダンス

販売士試験突破の攻略法
リテールマーケティング(販売士)検定に短期合格する方法をベテラン講師が解説します。

無料特典
約300のワードを収録した「キーワード集」

スタディング 販売士(リテールマーケティング)講座 無料動画講座
無料動画講座
【3級合格コース】【2級合格コース】(動画/音声講座)
基本講座初回版
3級「流通における小売業の基本」「店舗形態別小売業の基本的役割1」

2級「流通と小売業の役割」「商品計画の戦略的立案」
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、模擬試験(3級)、試験対策講座(2級)を無料でお試しいただけます。

無料講座と無料ガイダンスを試してみる