教育訓練給付制度(一般教育訓練)のご案内

教育訓練給付制度(一般教育訓練)についてご紹介します。

教育訓練給付制度(一般教育訓練)とは

条件を満たした方が、厚生労働大臣が指定する講座を受講し、修了した際に、
修了までに支払った学費の20%がハローワーク(公共職業安定所)から給付される制度です。


働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額(上限あり)がハローワーク(公共職業安定所)から支給されます。



ご利用の前に必ず教育訓練給付制度(一般)に関する確認事項をご確認ください。


教育訓練給付制度(一般教育訓練)を利用できる方

教育訓練給付金の支給対象者(受給資格者)は、次の①または②のいずれかに該当する方であって、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した方です。

※初めて教育訓練給付の支給を受けようとする方は、雇用保険の一般被保険者期間が通算1年以上で対象者となります。受給資格の有無が不明な場合はハローワークにお問合せください。

①在職中の方 雇用保険の一般被保険者
受講開始日において、雇用保険の一般被保険者である方のうち、支給要件期間が3年以上ある方。
※同制度の利用が初回に限り1年以上の方のみ。

②退職してから1年以内の方 一般被保険者であった方
受講開始日において、一般被保険者でない方のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内であり、かつ支給要件期間が3年以上ある方。
※同制度の利用が初回に限り1年以上の方のみ。


ハローワークの教育訓練給付制度(一般教育訓練)ページはこちら

受給資格があるかどうかが不明な場合には、ハローワークで受給資格の有無を照会することができます。 ハローワークに備え付けの教育訓練給付金支給要件照会票に必要事項を記入し、本人確認、及び、本人の住居所の確認できる書類(運転免許証、国民健康保険被保険者証、のコピー等)を添付して、 受講予定者本人が、本人の住居所を管轄するハローワークに提出してください。

スタディング(通勤講座)では支給要件を満たしているかを判断することはできませんので、予めご了承ください。

一般教育訓練給付金の手続き(ハローワークの資料)

申込:教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

教育訓練講座の名称 訓練
期間
教育訓練経費(円) 指定番号 指定期間
入学料 受講料 合計
中小企業診断士
1次2次合格コース スタンダードコース

11ヵ月 0 63,690円(税込)
(税抜 :57,900円 )
63,690円(税込)
(税抜 :57,900円 )
634451820014 平成30年10月1日
~平成33年9月30日
上記金額は2019年度10月1日からの適用金額となります。2019年9月30日以前の金額とは異なりますのでご注意ください。
上記対象講座をお申し込みから14日以内に教育訓練給付制度(一般教育訓練)利用の旨をスタディング(通勤講座)に申請してください。
教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座をご購入された方に制度利用申請方法をご案内いたします。

教育訓練給付制度(一般教育訓練)利用申請時に本人確認書類(免許証、パスポート等)が必用となります。利用申請いただいた後、本人確認などの諸手続きがございます。利用申請と同時に申請手続きが修了するわけではありませんのでご了承ください。

※2019年10月1日価格改定(54,980円 (税込)→63,690円(税込))
※2019年1月10日価格改定(59,980円(税込)→54,980円 (税込))
※教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象講座は、「1次2次合格コース スタンダードコース」のみです。
※「1次2次合格コース スタンダードコースを含むコースでお申込の場合はコースにかかった割引額を按分し、教育訓練経費を算出いたします(商品購入時の講座のカスタマイズ時などに表示されるセット商品の内訳の価格とは異なります)
※1次2次合格コース ミニマムコースは教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座ではございませんのでご注意ください。
※【更新版】1次2次合格コース スタンダードコースは 教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座ではございませんのでご注意ください。
※教育訓練明示書はこちら


受講:修了要件について

お申込み日(対応年度)によって、修了要件が異なりますのでご注意ください。

1.2020年度コースをお申込みの方(2019年10月以降にお申込みの方)の場合

【中小企業診断士 1次2次合格コース スタンダードコース[2020年度試験対応]】の修了要件:

修了認定試験の正答率が60%以上。

修了認定試験は、対象の方に別途ご案内いたします。



2.2019年度コースをお申込みの方(2019年1月~9月の期間にお申込みの方)の場合

中小企業診断士 1次2次合格コース スタンダードコース[2019年度試験対応]】の修了要件:

[2019年度試験対応]講座の、下記全ての講座、問題の受講率が60%以上。

・合格戦略講座
・1次2次合格コース(実戦フォローアップ講座含む)
・スマート問題集
・過去問セレクト講座

※重要※
1次基礎講座と実戦フォローアップ講座の受講後は、必ずご自身で各レッスンページの「学習状況」の学習履歴「+」ボタンを選択し、学習履歴を記録してください。学習履歴が0回の場合、受講したとみなされませんのでご注意ください。



修了要件を満たした場合は、通勤講座(スタディング)に修了申請を行ってください。修了申請フォームは、教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座をご購入いただき、当制度利用申請をされた方にご案内いたします。

※修了日よりも前に修了要件を満された場合でも、修了証明書などの書類の発送は修了日以降になります。


受講修了:受講修了後の流れについて

修了要件を満たしたことを確認次第、当社から関係書類を発送いたします。

※修了日よりも前に修了要件を満された場合でも、修了証明書などの書類の発送は修了日以降になります。
※教育訓練給付制度(一般教育訓練)の利用申請をされていない場合は、修了証明書などの書類は発送しておりませんのでご注意ください。

当社から送付される書類
・教育訓練給付金支給申請書
・教育訓練修了証明書
・領収書または、クレジット契約証明書

ご自身でご用意いただく書類
・本人、住所、個人番号確認書類
・雇用保険被保険者証または雇用保険受給資格者証(いずれもコピー可)
・払渡希望金融機関の通帳またはキャッシュカード(ご本人名義のもの)


支給申請について

ご本人の住所を管轄するハローワークへ修了日の翌日から起算して一か月以内に、ご自身で申請をしてください。


給付金受給について

支給申請手続きの際に届け出をした金融機関の口座に、ハローワークから給付金が振り込まれます。


よくあるご質問

受講開始日とはいつですか?
スタディングで教育訓練給付制度でご利用の場合は、対象講座をご購入いただいた日になります(開講日前に購入された場合を除く)。


修了日とはいつですか?
教育訓練給付制度(一般教育訓練給付制度)の対象講座で定められている訓練期間の最終日です。なお、中小企業診断士 1次2次合格コースの教育訓練期間は、受講開始日から11ヶ月です。
スタディングの講座の受講期限とは異なりますのでご注意ください。


試験を受験しなかったのですが、教育訓練給付金制度を利用できますか?
ご利用いただけます。受験の有無は給付金制度利用の条件ではございません。各講座指定のの修了要件等を満たしていれば、教育訓練給付制度(一般教育訓練)をご利用いただけます。


試験で不合格の場合でも教育訓練給付金制度を利用できますか?
ご利用いただけます。合否は給付金制度利用の条件ではございません。各講座指定の修了要件等を満たしていれば、教育訓練給付制度(一般教育訓練)をご利用いただけます。


問題集で間違えたところがあるのですが、この場合は修了要件を満たすことはできないでのしょうか?
通勤問題集(スマート問題集)、過去問セレクト講座で間違えた場合でも、修了要件となる講座、問題の受講(解答)が60%以上であれば大丈夫です。正答率は修了要件ではありませんが、試験対策上、間違えた問題は必ず復習しておきましょう。


キャンペーン割引、割引クーポンで申込んだのですが、教育訓練給付金の計算は定価と割引後の価格とどちらでしょうか?
割引後の価格で算出します。


冊子版テキストをオプションで購入したのですが、この支払金額も給付対象額に含まれるのでしょうか?
冊子版テキストやオプション講座でお支払いになられた金額は給付対象外です。


会社の名義で教育訓練給付制度の対象講座を申し込みましたが教育訓練給付制度を利用できますか?
会社の名義でお申込みの場合は、教育訓練給付制度を利用することはできません。一般教育訓練給付金制度を利用される場合、受講されるご本人からのお申し込みと、受講されるご本人名義でのお支払いが必要です。

教育訓練給付制度(専門実践)も利用できますか?
教育訓練給付制度(専門実践)は対象外です。教育訓練給付制度(一般教育訓練)のみご利用いただけます。


教育訓練給付制度(一般教育訓練)の詳細につきましては、ハローワークにお問い合わせください。