FP3級・2級セットコース [2019年5月~2020年1月試験対応版](次年度更新権付)

一括 ¥29,980 (税抜)
分割例 月々 ¥2,972 × 12回から   分割払いについて
セット商品の内訳(税抜)
  • FP3級・2級セットコース [2019年5月~2020年1月試験対応版]
    ¥29,980
  • 【2020年度更新版】FP3級・2級セットコース[2020年5月~2021年1月試験対応版]
    ¥11,100
  • セット割引額 ¥11,100
お支払い方法

クレジットカード(一括、分割、リボ)、コンビニ支払、銀行振込、ペイジー支払、ローン(分割払い)※ご利用条件があります。

ご購入・お支払方法
●受講期限:
[2019年5月~2020年1月試験対応版]2020年1月31日まで
[2020年5月~2021年1月試験対応版]2021年1月31日まで
※さらに受講期限を延長する場合には次年度の更新版をご購入いただけます。
(参考:今年の更新版)
●当コースは、スマートフォン・PC・タブレットによりオンラインで受講するコースです。冊子の教材はございませんのでご注意ください。
●本コースに含まれる各講座は、無料の初回講座で今すぐお試し頂けます。
●「2020年5月~2021年1月試験対応版]は2019年12月リリース予定です。
●講座数はこちらをご確認ください。

次年度版講座も受講できるから安心!


本コースでお申込みされた場合は、現在リリース中の2019年度(2019年5月~2020年1月試験)対応版講座に加えて、今後リリースされる2020年度(2020年5月~2021年1月試験)対応版講座も受講することができます。

※2020年度(2020年5月~2021年1月試験)対応版講座は、2020年1月リリース開始予定です。講座がリリースされ次第、本コースをお申込みの皆様のマイページに追加させていただきます。

コースの説明

FP3級から2級試験に短期合格を目指す方に最適なコースです。

本コースには、ビデオ/音声講座、スマート問題集、テキスト、要点まとめシート、セレクト過去問演習(学科)、実技試験対策講座、模擬試験が含まれています。

ビデオ講座は重要なテーマに絞って分かりやすく解説しています。ビデオ講座を見ることで、各科目の全体像をつかむことができます。

テキストは各テーマを詳しく説明していますので、初めて学習する方でも安心して学べます。

問題集も充実しています。スマート問題集は講座で学んだことを直ぐに確認することができます。セレクト過去問講座では、実際に出題された問題を解き、解説を読むことで、実践的な知識を身につけることができます。いずれも通勤中などのスキマ時間に、スマートフォンやタブレット、パソコン、携帯音楽プレーヤーを使って手軽に学習できるため、忙しい人でも短期間で合格を目指せます。

なお、本コースに含まれる各講座(基本講座、スマート問題集、セレクト過去問題集、テキスト、要点まとめシート、実技試験対策講座)は、無料の初回講座で今すぐお試し頂けます。

コースに含まれるもの
FP2級講座
ガイダンス 1回
基本講座(ビデオ・音声)
39講座 合計約19時間
実技試験対策講座(ビデオ・音声) New
6講座 合計約2時間40分(2019年度版にリニューアルしています)
WEBテキスト 39回 基本講座にWEBテキストが付きます
要点まとめシート New 6回 (科目ごとに重要ポイントをまとめた暗記シートが付きます)
スマート問題集 39回 585問
セレクト過去問題集(WEB)
6回 (科目ごとに重要問題を集めた学科試験の過去問題と解説付き)
実技セレクト過去問題集(冊子) 資産設計提案業務(FP協会)セレクト過去問・解答解説+実技試験の傾向と対策冊子
個人資産相談業務(きんざい)セレクト過去問・解答解説+実技試験の傾向と対策冊子
模擬試験(学科・実技) 2級の学科試験と実技試験(資産設計提案業務(FP協会))各1回
FP3級講座
ガイダンス 1回
基本講座(ビデオ・音声)
26講座 合計約11時間
実技試験対策講座(ビデオ・音声) New
6講座 合計約2時間30分 (新年度版にリニューアルしています)
WEBテキスト 26回 基本講座にWEBテキストが付きます
要点まとめシート New 6回 (科目ごとに重要ポイントをまとめた暗記シートが付きます)
スマート問題集 26回
セレクト過去問題集(WEB)
6回 (科目ごとに重要問題を集めた学科試験の過去問題集が付きます)
実技セレクト過去問題集(冊子) 資産設計提案業務(FP協会)セレクト過去問・解答解説+実技試験の傾向と対策冊子
個人資産相談業務(きんざい)セレクト過去問・解答解説+実技試験の傾向と対策冊子
模擬試験(学科・実技) New 3級の学科試験と実技試験(資産設計提案業務(FP協会))各1回
2020年度更新版について 講座の内容や講義時間については、2019年度版から若干変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
受講期限

[2019年5月~2020年1月試験対応版]2020年1月31日まで

[2020年5月~2021年1月試験対応版]2021年1月31日まで

※ 受講期限後も継続して受講されたい方向けに、安価な更新版をご提供する予定です。
(参考)2019年度の更新版はこちら
リリーススケジュール

[2019年5月~2020年1月試験対応版]のコースは全ての講座がリリースされています。

[2020年5月~2021年1月試験対応版]は2020年1月リリース予定です。

こんな方におすすめ

  • 初めてFPの勉強を始める方
  • 短期間での合格を目指す方
  • 基礎から着実に学びたい方
  • 割安な価格で受講したい方
  • 3級の次に2級も受験される方
試験合格までの流れ


FP試験までの流れ

効率的に合格するには、早く基本的な内容をインプットし、その後に問題や過去問を使ってアウトプット練習を十分にすることが重要です。

FP試験向け講座教材

インプット学習を行う基本講座には、以下のものが含まれています。

基礎講座

ビデオ/音声講座(解説):標準版と倍速版

最初に知識をインプットするにはビデオ講座/音声講座を使うのが向いています。本を読むよりも、ビデオで学んだ方が、内容をイメージしやすいため、より記憶に残りやすく理解しやすいためです。本の内容は意識して集中しないと頭に入りにくいですが、音声は意識して集中しなくても記憶に残りやすいのです。

ビデオ/音声講座には、通常速版だけでなく倍速版があります。最初は通常速版で学習し、慣れてきたら倍速で繰り返し学ぶことで短期間で記憶が定着します。


テキスト

ビデオ/音声講座のより詳しい説明や、ビデオでは触れていないテーマについても解説しています。FP試験の出題傾向を反映したテーマについて、重要度や補足など、試験対策に役立つ情報を加えたオンライン版テキストです。

問題練習した後や、じっくり復習したい場合などはテキストを見るのが便利です。 スマートフォン、タブレット端末等、Webを参照できる機器があれば、いつでも参照することができます。

※テキストはWebのみでのご提供となります。印刷・製本された冊子は含まれませんので、ご注意ください。

動画講座
テキスト

スマート問題集

ビデオ/音声講座で学習したあとは、直ぐに簡単な問題練習をするのが効果的です。スマート問題集はビデオ/音声講座に対応した問題が収録されていて、理解度を確認するのに役立ちます。
セレクト過去問講座は、過去に出題された重要テーマを実際に解くことができます。ここで実力を確認すると同時に、間違った問題は詳しい解説があるのでテキストに戻らなくても復習ができます。

スマート問題集では、問題を解くたびにスタディングマイページに成績が記録されます。科目ごとの進捗や受講者全体の平均点なども一目でわかるようになっています。さらに、間違った問題だけ後でまとめて出題させる機能もあるため、効率的に得点アップを行えます。

問題集


要点まとめシート

覚えるべき内容を、体系的に整理した教材です。自分でノートを作成する必要がありません。要点まとめシートを見ながら内容を覚えることもできますし、気になるところは自分で追記しながら整理して記憶することができます。また、従来とは比較にならないほど短時間で復習でき、過去の受講者でも、要点まとめシートを活用して短期間で合格する人が続出しています。
さらに、 暗記ツールとしての新機能を加えました。重要なキーワードが空欄となっていて、これに答えていくことで、無理なく用語を覚えることができるようになっています。


要点まとめシート

セレクト過去問題集(学科試験)

セレクト過去問題集は、過去の学科試験から度々出題されている重要テーマを抽出したオンライン問題集です。基本講座で学んだ内容を試験の形式で正しく引き出せるかを試します。通勤時間などのスキマ時間で問題演習を行いながら、重要事項を確実に覚えることができます。

セレクト過去問題集では、基本講座の1講座が終わるたびに、基本講座の単元に合わせて出題されます。

問題の内容は、本試験の過去問を分析し、本試験の問題を解く上で必須の知識について重点的に出題しています。また、問題を解いた後に、わかりやすい解説を読むことで効率よく試験に合格するための基礎知識を吸収できるように作られています。

セレクト過去問題集では、問題を解くたびにマイページに成績が記録されます。科目ごとの進捗や平均点なども一目でわかるようになっています。さらに、間違った問題だけ後でまとめて出題される機能もあるため、効率的に得点アップを行えます。


実技試験対策講座

実技試験対策講座は、実技試験の過去問を分析し、よく出題される重要テーマの解答方法をマスターするビデオ講座と冊子問題集です。

実技試験ではよく出題されるテーマはある程度決まっているため、そういった問題を確実に解けるようにすることが合格の近道です。試験前に、実際の出題形式に慣れておくことが非常に重要なのです。

CFP®の松原講師が長年の講師経験を活かして、より実践的な解答法をわかりやすくレクチャーします。 問題の出題傾向を踏まえた動画講座で学習し、過去問題集で演習をすることで、実技試験本番で使える解答力が身に付きます。


模擬試験(3級・2級)

試験前に本番と同じ問題数、時間で実力をチェックできます。
学科試験と実技試験(資産設計提案業務)を模擬試験形式で解答できます。
採点後は、間違えた問題を再度確認することによって、試験前の総仕上げを行います。

模試モードで解答した後も、練習モードで間違えた問題を繰り返し学習することも可能です。試験本番前にご活用ください。

学習効率がアップする画期的学習システム

スタディングが選ばれる理由

効率的に学習するには、使用する学習ツール選びが重要です。
スタディング FP講座では、これまでの受験者が苦労したことを解消し、継続して学習しやすい学習システムを搭載しています。

学習フロー

最適な学習順で効率アップ
ガイドに従うだけで最適な順番で学べる機能です。「今日は何を学ぼう・・」と悩む必要はありません。ビデオ講座の後、最初は基礎的な問題、その後実戦的なトレーニングや演習に進む、というように最も効率的な順番で学べます。

学習フロー
学習レポート

学習時間と進捗状況を可視化
スタディングで学習した時間や進捗状況が自動的に集計され、わかりやすいグラフと数値で表示されます。毎日の学習がグラフや数値となって見えるようになるため、学習するモチベーションが向上し、学習の習慣化に役立ちます。

学習レポート

スマート問題集

苦手分野を徹底攻略
スマート問題集は、「間違えた問題」「後でもう一度やりたい問題」を選んで、その問題だけを出題する機能があります。この機能を使えば、苦手な問題や繰り返し覚えたい問題だけを集中して練習することができます。また、各問題では受講者全体の平均点も表示されるので、自分の位置を確認することができます。

スマート問題集

問題横断復習機能 NEW !

問題練習を通じた知識の整理や苦手の克服に便利!
複数のレッスン(問題)をまとめて復習できる機能です。「前回間違えた問題」や「要復習にチェックした問題」を効率的に復習できます。出題範囲や出題順番をカスタマイズできます。苦手だけを集中的に学びたいとき、直前期の総仕上げにも便利です。

スタディングの機能‐横断復習機能

マイノート機能

自分だけのオリジナルノートを作ろう!
講義の受講中や、スマート問題集の問題を解いた後など、気になったことや、記憶しておきたい情報はマイノートに書き留めておく事ができます。作成したノートは、お使いのパソコンやスマートフォン、タブレット端末に自動に同期されるので、外出中にスマートフォンで確認することもできます。個人用のデジタルノートブックとして、効率的に学習を進めましょう。

マイノート機能

検索機能

キーワードを一発検索
検索機能は、講座名、テキスト、問題、メモなどを横断的に検索する機能です。例えば、問題の解説の中に、覚えていないキーワードが出てきた際に、それがどの講座やテキストに記載されているかを調べるのは大変です。検索機能を使えば一瞬で検索でき、探す時間と手間が節約でき、学習効率が向上します。

検索機能

勉強仲間機能

同じ資格を目指す仲間を作ろう!
試験勉強を続けるモチベーションを保つには、励まし合い、刺激を受ける仲間の存在が大きく影響します。資格取得では、「勉強の習慣化」が合格に大きく影響するため、勉強仲間がいる方の方が合格しやすい特長があります

勉強仲間機能

スタディングアプリ for iOS NEW !

動画ダウンロード再生
スタディングの資格講座をスマートフォンで快適に学べる「STUDYingアプリ」のiOS版です。Wi-Fiで事前に動画講座をダウンロードしておけば“いつでも・どこでも”オフラインで動画講座を受講できますダウンロードした動画は、コース/科目ごとに整理されるので、勉強したい講座をすぐに見つけて受講することができます。

スタディングアプリ for iOS

ご受講に必要な機器

スタディングを受講するには、以下のいずれかの機器が必要です。

受講に必要な機器:スマートフォン
スマートフォン
受講に必要な機器:パソコン
パソコン
受講に必要な機器:タブレット
タブレット
受講に必要な機器:音楽プレイヤー
携帯音楽プレーヤー(※注)

※携帯音楽プレーヤーを使用する場合、音声ファイルをダウンロードするためのパソコンが別途必要です。
※スタディングを利用できる機器・バージョン、および、必要なソフトウェアの詳細はこちらでご確認ください。
※講座をお申込み頂く前に、必ず無料の初回講座をお試し頂き、お使いの機器で受講できることをご確認ください。

よくあるご質問

日本FP協会、きんざいのどちらの試験にも対応した講座ですか?
どちらの試験にも対応しています。
FP2級、3級の試験では、学科試験は日本FP協会ときんざいで共通問題を使用します。
違いは実技試験の科目ですが、合格に必要な基礎知識(学習範囲)は共通ですので、いずれの試験を受ける方でもご受講いただけるようになっています。その中でもスタディング FP講座の実技試験対策では、特に、「日本FP協会の資産設計提案業務」の受験に対応しております。(実技試験対策講座(ビデオ/音声)は日本FP協会にのみ対応しています。)
さらに、実技試験の出題テーマが近い「金融財政事情研究会の個人資産相談業務」を受験される方にもご受講いただけるよう、きんざいの「個人資産相談業務」セレクト過去問題集(問題・解説)がセットになっています。
実技試験対策は含まれていますか?
2級、3級ともに実技試験対策講座が含まれていますので、学科試験と実技試験の両方に対応しています。
実技試験対策講座には以下の教材が含まれています。
・実技試験対策講座(ビデオ/音声)「資産設計提案業務」(FP協会)
・実技試験の傾向と対策(WEBテキスト)「資産設計提案業務」(FP協会)、「個人資産相談業務」(きんざい)
・セレクト過去問題集(PDF:問題と解説)「資産設計提案業務」(FP協会)、「個人資産相談業務」(きんざい)
AFPに対応していますか?
2級FP技能士とAFPは試験自体は共通ですが、AFPになるためには、2級FP技能検定の合格に加えて、日本FP協会のAFP認定研修を終了する必要があります。
弊社では、AFP認定研修を行っておりませんので、弊社の講座の受講のみで、AFPの認定を受けることができません。
ただし、2級FP技能士に合格した後、別途FP認定研修(技能士課程)を修了すればAFP登録が可能です。
一回の試験で合格できなかった場合、再度購入する必要がありますか?
FP講座では5月・9月・1月の計3回の試験を対象期間とした講座を販売しております。
対象期間においては、法改正への対応などを随時行っているため、一度の試験に合格できなくても同じ商品をご購入頂く必要はございません。
なお、翌年度も学習を継続されたい場合は、安価な更新版を準備させていただく予定です。
現在の更新版の詳細や購入に関しましてはこちらをご覧ください。
模擬試験はありますか?
FP3級・2級のいずれも模擬試験(学科・実技:資産設計提案業務)がコースに含まれています。