宅地建物取引士資格試験(宅建試験)
短期間で合格するポイント

「宅建士」は、不動産業だけでなく、キャリアアップを図りたい他の業種のビジネスパーソンにも非常に人気の高い資格です。それだけに、数ある国家資格の中で№1の受験者数を誇り、合格率も毎年15~18%と、試験難易度も比較的高いと言えます。

一方で、一発で合格した人もたくさんいます。こういった人の学習方法を分析すると、何年も受験してようやく合格した人に比べるとかなり効率的な学習をしていることがわかります。このことは、宅建士試験が「短期間で効率的な学習をすることが合格に結びつく」試験であることを表わしています。では、短期間で効率的に学習する学習法とは、どのようなものでしょうか?

「宅建士」に短期間で合格するためのポイントは、以下の4点です。

1.試験を知り、効率よく合格できる学習戦略を立てること

試験を知り、力を入れる部分と抜く部分を明確にした学習戦略を立て、それに沿って学習を実行することです。特に、専門知識の深みにはまらないようにします。 合格点を取るためには、基本的な部分、過去問で頻繁に出題される部分に努力を集中することです。

2.出題のクセを意識した学習をすること


宅建士試験では、独特の「出題のクセ」(「地雷ワード」と呼んでいます)があります。宅建士試験は、単に知識を覚えただけでは対応できない試験となっており、これが宅建士試験を難しいものにしているのです。
したがって、知識を覚えるだけでなく、出題のクセ=「地雷ワード」に引っ掛からないスキルを身につけることが、最短で合格するための鍵となります。


3.効率的な学習方法・学習ツールを使うこと


どのような学習ツールを使ってどのように学習するかが学習の効率=時間を大きく左右します。テキストを読んでいるだけではなかなか頭に入りませんが、全ての内容をノートにまとめるとなると膨大な時間がかかるため、どのような学習ツールを使って勉強するかはとても重要なポイントです。
知識のインプットは、目や耳などの感覚から同時に行うと効率的です。また、何度もくり返し復習することで知識が定着します。


4.やめないで学習を続けること


最も重要なのは始めた勉強をやめないことです。無理な計画は長続きしません。そのためには、日々の生活の中に無理なく学習を組み込むことです。特に、通勤時間などの「すきま時間」をうまく活用することがポイントです。


このような、短期間で合格するポイントがあらかじめ全て組み込まれているのが「スタディング 宅建士講座」なのです。

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー「失敗しない宅建士合格法5つのルール!」配信中!

スタディング 宅建士講座 無料動画セミナー
短期合格セミナー

「失敗しない宅建士合格法5つのルール!」

スタディング 宅建士講座 無料動画講座
無料動画講座

初回版「宅建業法1 宅建業法の全体像」
ビデオ/音声講座、WEBテキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる