法令上の制限-開発許可制度
平成28年 第17問

宅建士試験ピックアップ過去問解説

問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。

1 開発許可を受けた者は、開発行為に関する工事を廃止するときは、都道府県知事の許可を受けなければならない。

2 二以上の都府県にまたがる開発行為は、国土交通大臣の許可を受けなければならない。

3 開発許可を受けた者から当該開発区域内の土地の所有権を取得した者は、都道府県知事の承認を受けることなく、当該開発許可を受けた者が有していた当該開発許可に基づく地位を承継することができる。

4 都道府県知事は、用途地域の定められていない土地の区域における開発行為について開発許可をする場合において必要があると認めるときは、当該開発区域内の土地について、建築物の敷地、構造及び設備に関する制限を定めることができる。

解答・解説

解答:4

1 誤り
開発許可を受けた者は、開発行為に関する工事を廃止したときは、遅滞なく、その旨を都道府県知事に届け出なければなりませんが、都道府県知事の許可を受ける必要はありません。

2 誤り
開発行為の許可権者は都道府県知事(指定都市等の区域内にあっては、当該指定都市等の長)であり、二以上の都府県にまたがる開発行為も同様です。

3 誤り
開発許可を受けた者から当該開発区域内の土地の所有権その他当該開発行為に関する工事を施行する権原を取得した者(特定承継人)は、都道府県知事の「承認を受けて」、当該開発許可を受けた者が有していた当該開発許可に基づく地位を承継することができます

4 正しい
都道府県知事は、用途地域の定められていない土地の区域における開発行為について開発許可をする場合、必要があると認めるときは、当該開発区域内の土地について、建築物の建ぺい率建築物の高さ壁面の位置その他建築物の敷地構造及び設備に関する制限を定めることができます


ポイント 都道府県知事は、用途地域の定められていない土地の区域における開発行為について開発許可をする場合、建ぺい率、建築物の高さ、壁面の位置その他建築物の敷地、構造、設備に関する制限を定めることができます。


学習するには

法令上の制限2都市計画法2

→ 上記の講座が含まれる「宅建士合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧


<2022年度試験対策>
今から始める方へのおすすめコース

スタディング 宅建士講座「宅建士合格コース[2020+2021年度試験対応]」

宅建士合格コース[2022年度試験対応]

基礎から合格レベルまで、無駄を省いて効率的に学べる!

一括19,800

分割例 月々 1,784円 × 12回から

WEBテキスト/スマート問題集/セレクト過去問集/ 13年分テーマ別過去問集 付き
基礎から合格レべㇽまで学べる初学者におすすめのコースです。よく出るところを重点的に学べるため、無駄を省いて、効率的に合格を目指すことができます。詳細はこちら


講座一覧を見る・受講する

宅建士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

宅建士講座 無料お試し

  • 試験の特徴、対策がわかる!短期合格セミナー「宅建合格法5つのルール」
  • 人気のビデオ講座を実際に体験できる!
  • フルカラーWEBテキスト付!
  • スマホで、いつでもどこでも解ける問題集も
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き