税・その他-土地
平成26年 第49問

宅建士試験ピックアップ過去問解説

問題

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1 旧河道は、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所である。

2 地盤の液状化は、地盤の条件と地震の揺れ方により、発生することがある。

3 沿岸地域は、津波や高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要である。

4 台地や丘陵の縁辺部は、豪雨などによる崖崩れに対しては、安全である。

解答・解説

解答:4

1 適当
旧河道は、軟弱で低い土地であり、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所です。

2 適当
地盤の液状化は、地価水位が高い砂地の地盤で地震の揺れ方により、地表付近が液状になることをいいます。

3 適当
沿岸地域は、津波高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要です。

4 不適当
台地や丘陵の縁辺部は、豪雨などによる崖崩れの危険があり、安全とはいえません。

ポイント 台地丘陵は、地下水位が比較的低い地盤となっていて、水はけが良く地盤が安定していますが、その縁辺部(周辺部)は、豪雨などによる崖崩れの危険があり、安全とはいえません。


学習するには

税その他55問免除科目

宅建士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

かんたん無料登録で3大特典!

  1. 動画で短期合格ルールを解説
  2. 期限なしで初回講座と全機能を試せる
  3. あなただけの学習計画をAIが作成
さらに
お得に受講できる
10%OFFクーポンプレゼント!
クーポンプレゼント
まずは宅建士講座を無料で試してみる
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き

<2024年度試験対策>
今から始める方へのおすすめコース

スタディング 宅建士講座「宅建士合格コース」

宅建士合格コース[2024年度試験対応]

一括 14,960円~24,800

「コンプリート」「レギュラー」「ミニマム」の3つのコースタイプから選べる!
各コースタイプ一覧はこちら


講座一覧を見る・受講する