税・その他-不動産取得税
平成26年 第24問

宅建士試験ピックアップ過去問解説

問題

不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 不動産取得税は、不動産の取得に対して、当該不動産の所在する市町村において課する税であり、その徴収は普通徴収の方法によらなければならない。

2 共有物の分割による不動産の取得については、当該不動産の取得者の分割前の当該共有物に係る持分の割合を超えなければ不動産取得税が課されない。

3 不動産取得税は、独立行政法人及び地方独立行政法人に対しては、課することができない。

4 相続による不動産の取得については、不動産取得税が課される。

解答・解説

解答:2

1 誤り
不動産取得税は、取得された不動産が所在する道府県(都にも準用される)が課税する道府県税です。

2 正しい
不動産取得税は、形式的な不動産の取得には課税されません。そのため共有物の分割による不動産の取得については、分割前の共有物の持分の割合を超えなければ不動産の取得があったとはいえず、不動産取得税は課されません。

3 誤り
不動産取得税は、国、都道府県、市町村、特別区(23区)、非課税独立行政法人、国立大学法人などによる不動産の取得には課されません。すべての独立行政法人が非課税となるのではありません

4 誤り
不動産取得税は、相続(包括遺贈を含む)による取得や法人の合併による取得など形式的な所有権の移転には課税されません

ポイント 共有物分割にかかる不動産取得税
分割前の共有物の持分の割合を超えれば不動産の取得とみなされ課税されますが、分割前の共有物の持分の割合を超えなければ不動産の取得があったとはいえず、課税されません。


学習するには

税その他1不動産取得税と固定資産税

→ 上記の講座が含まれる「宅建士合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧


<2022年度試験対策>
今から始める方へのおすすめコース

スタディング 宅建士講座「宅建士合格コース[2020+2021年度試験対応]」

宅建士合格コース[2022年度試験対応]

基礎から合格レベルまで、無駄を省いて効率的に学べる!

一括19,800

分割例 月々 1,784円 × 12回から

WEBテキスト/スマート問題集/セレクト過去問集/ 13年分テーマ別過去問集 付き
基礎から合格レべㇽまで学べる初学者におすすめのコースです。よく出るところを重点的に学べるため、無駄を省いて、効率的に合格を目指すことができます。詳細はこちら


講座一覧を見る・受講する

宅建士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

宅建士講座 無料お試し

  • 試験の特徴、対策がわかる!短期合格セミナー「宅建合格法5つのルール」
  • 人気のビデオ講座を実際に体験できる!
  • フルカラーWEBテキスト付!
  • スマホで、いつでもどこでも解ける問題集も
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き